excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
全体
読むラヂオ
ちゃみのMC
かたゆでエンジェル
アイドル騎士団
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


秋づくし・その3はイチョウのハナシ。

 どもでっす。ちゃみでっす。
 え〜とね、本日は、予定してた話題が、来週送りになっちゃったので、急きょ、イチョウのおハナシでございます。
 あ、ま、いちお〜、秋づくしの延長戦ってことで。
 ねぇ、今年もイチョウが色づいてまいりましたでございます。
 なんたって東京都の木でございます。d0287447_18264272.jpg
 ちなみに、写真の、練馬光が丘団地のショッピングセンター前のイチョウは、ぬあんと、旧都庁前の街路樹を移植したものでございます。
 わりと由緒正しい。
 てなわけで、あちこちの街路樹とかでおなじみのイチョウでございますが、温帯地域では、ほぼ世界中で見られる樹木なのだそうです。
 んがっ。ほとんどが植栽。つまり、人間が植えたもの。
 野生としては、絶滅危惧種に指定されかかったこともあるとか。
 ソメイヨシノなみに、野生がほとんど存在しない樹木なのだそうでございます。
 イチョウ並木、初夏には若葉が目に鮮やかで、秋には黄色く色づき、枯れ葉もまた風情がございます。
 どこでも街路樹として植えるわけだ、と思うわけですが、だが、しかし、だがしかしでございます。
 けっこうさぁ、手がかかる木ではあるよね。
 先ず、9月ごろからぽちぽち落ち始める、実。いわゆる銀杏でございますね。
 もちろん拾ってくヒトもいるけど、都会じゃほぼ放置でしょ。
 すんごい量だし、踏むと、見た目ばっちい上に、くさいくさいじゃないですか。
 どうしてるんでしょうね。たとえば、絵画館前とか。
 さらに、11月下旬から12月始めになりますと、葉が落ちます。これがまたハンパない量なんだ。d0287447_18271120.jpg
 一枚、写真のっけときますね。
 そら、小学生なんか、校外学習で、枯れ葉の布団にくるまって、「わぁ、あったか〜い」とかやってますけどね。
 けど、オトナさまにとっては、もう足元ふわふわだし、そこに雨でも降ったら滑るし。あんましいいことありません。
 お掃除するヒトたちだって大変ですよ。
「まったくもう、毎年まいとし・・・」と、愚痴りながら清掃作業をしていた作業員のおばさんが、何年か前にいらっしゃいました。
 分かりますよね。
 毎年まいとし、すんごい量の落ち葉を、掃き集め、リヤカーに乗せて処分しに行かなくちゃいけないんですから。
 葉の落ちない木ならどんだけいいだろう・・と思うのも、人情でございます。
 もっとも、街路樹に常緑樹って、ほとんどないんですけどね。
 街路樹は、たいてい落葉樹でございます。
 お掃除のおばさま、残念でした。
 そんなイチョウでございますが、これ、雌雄別体なの、知ってますよね。
 牡の木と雌の木があるんですよ。
 でもって、牡の木から花粉を飛ばして、雌の木が受粉するのでありますが、1キロくらいは飛んでって、受粉できるんだそうですね。
 すごい。
 なので、銀杏は雌の木にしかなりません。
 念のため。
 んじゃ、牡の木と雌の木、どうやって見分けるか、知ってました?
 あのね、葉っぱがスカート、つまりふたつに分かれてないのが、雌で、葉っぱがズボン、つまり、ふたつに分かれてるのが、牡なんだよ。
 と、知ったかぶって説明しましたが、これ、俗説なんですって。
 が〜ん。ちゃみ、幼稚園で教わって以来、ずっと信じてたのに。
 じゃどうやって見分けるの?
 かなり知識のあるヒトが、じっと観察しないと分からない。
 ありゃま。
 じゃ、やっぱ、銀杏がなるのが、雌、ってのが、いっちゃん簡単な方法なんだ。
 はしゃま。
 けど、銀杏、おいしいですよね。
 さっきも言いましたケド、たっくさんイチョウが植わってる練馬光が丘では、銀杏拾い、当たり前の光景です。
 たっくさんあるし、拾わないヒトのが多いので、もめごとも起こりません。
 実際、拾うのはいいけど、後処理が大変なんだよね。
 皮むいて、洗って、干して・・・。
 手は荒れるし、臭いし、家の中ではあまりやりたくありません。
 と思ったら、光が丘公園の片隅で、ビニールシート広げて、干してるおばさまがいました。
 あれ、公園の水飲み場で洗ったのかな。かなりな量だったよ。いわゆる売るほどありました。
 ま、そこまでやると、ちといい度胸だな、と思わざるを得ませんケド。
 よい銀杏は、黄色じゃなくって、翡翠色といいたくなるような、鮮やかな緑色してます。
 これ、木によるんだよね。
 蒼辰は、公園じゃないとこに、一本だけ、翡翠銀杏の木があるのを知ってるそうです。
 昔は、かなりの量拾ってきて、食べてたんだ。
 おいしかった。
 あ〜、そ〜ですか。
 もしも、おいしい銀杏をたくさん拾って、家で処理して、ざくざくになったら・・・。
 おいしい食べ方をひとつだけ紹介しておきますね。
 銀杏を、小さな紙袋に入れます。袋の口、折っておきます。でもって、そのまんま電子レンジに入れて、チンします。
 パンッ、パンッって、半分くらい弾けた感じになったら、オッケー。
 レンジから出して、お皿に移します。
 しかる後、手でむきむきして、ちょこっとお塩つけて、ぱくり。
 これがおいしいんだ。
 試してみてね。

 てなわけで、本日はここまでです。
 週明けは、F1。
 でもって、そのあとは、どうやら歌舞伎のハナシのつづきになるようです。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-11-07 13:30 | 読むラヂオ
<< 11月11日は記念日ラッシュ 秋づくし・その2は柿と栗のハナシ。 >>