excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
全体
読むラヂオ
ちゃみのMC
かたゆでエンジェル
アイドル騎士団
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

箸の話・その3

 ちゃみでっす。
 ここんとこ好調に更新しております。
 本日は、箸の話のその3「日本の箸について考える」でございます。

 日本の箸についてったって、別に考えなくたって、二本の棒でしょ。
 中国行こうが、韓国行こうが、はたまたタイ行ったって、箸は二本の棒ですよ。
 ん? 文化的ありようが違う。
 おや、高尚なお話。

 箸が、日本に入ってきたのは、飛鳥時代のことと言われております。
 おおよそ西暦600年前後。
 なんでも、遣唐使の小野妹子が持ち帰った箸を、聖徳太子が宮中祭祀で使い始めたのだとか。

 ありそうな話ですよね。
 聖徳太子、モノの始まりにけっこう顔出す人物でございます。

 でもって、わりとあっという間に広まったようですね、箸の使用。
 どうしてでしょう。

 ご飯を食べるのに都合がよかった。
 これ、大きいですね。ニホンでは、なんといっても炊きたてご飯が主食の中心でございます。
 熱いし、.べたべたくっつきます。手じゃ食べにくい。
 その点、箸はいいですよね。まるでご飯のために生まれたんじゃないかというくらいフィットしてます。

 そのせいか、ニホンでは、箸onlyで食すようになりました。
 ここ、ポイントです。
 箸だけでご飯食べるの、じつはほぼニホンだけなんすですよね。

 中国も韓国も、東南アジアの箸国も、どこもスプーン併用です。
 韓国なんか、箸はサブ的におかずをつまむ程度なんだそうですね。
 けど、ニホンは箸only。

 その結果どうなったかというと、汁物を、器に口をつけていただくようになりました。
 この、器に口をつけていただくのも、ほぼニホンだけの習慣なんです。

 そのために、木製のお椀が使用されるようになりました。
 これなら口つけても熱くないですもんね。
 そして、自分用の食器というものを用いるようになります。
 驚いたことに、これまた、ニホンだけの習慣なんだそうです。

 あ、そうか。江戸時代とか、箱膳っていうんですか? フタするとお膳にもなる箱に、自分の食器入れてたんですよね。
 今だってそうです。ご飯茶碗、お椀、お箸は、自分専用が当たり前です。

 ヨソじゃ違うのか。
 西洋は? 揃いのお皿だ。ナイフやフォークも誰用ってないわ。
 中国も、似たようなもんか。

 けど、マグカップとかは、きっと各自の専用だよね。
 やっぱ、口つけるってことと関係してるんでしょうかね、自分専用食器って。

 そういえば、韓国では器に口をつけるのはお行儀が悪いことです。
 だから、それができないように、熱々になる金属の器なんだよね。

 かの国に行かれたときは、気をつけてくださいね。

 考えてみれば、世界的にも、器に口つけて汁物を食すほうが絶対少数派ですよね。
 ニホンでも、お味噌汁やおつゆはともかく、ラーメンの丼に口つけてスープ飲んだりするのは、やっぱり上品とは言い難いよね。

 品よく食せるのは、お椀限定かもしれません。

 さて、箸のみで食すことによって生じた、他の箸国との違いがもいっこあります。
 配膳するときに、横置きする。
 これも、ニホンだけです。

 ほら、中華も韓流も、スプーン併用のとこは、西洋式に縦置きじゃない。
 けど、ニホンは横置き。

 あと、ほぼ木製onlyなのも、ニホンだけかもしれませんね。

 中華料理屋さん行くと、象牙まがいのプラスティックのお箸が出てきます。
 あれ、昔の中国の皇帝は、象牙の箸を使っていた。
 そこで、下々でも金のある者は象牙を用い、庶民は憧れた。
 その名残なんでしょうね。

 韓流のお店では、銀色の金属の箸が出てきます。
 あれも、昔の朝鮮の王さまは銀の箸を使っていた名残です。

 その点、ニホンは宮中祭祀でも白木の箸でした。
 そこで、下々もみな木製の箸を用いた。
 そのかわり、耐久性を増すように、塗りの箸というものが生まれました。
 美しいですよね。塗りの箸。
 工芸品でございます。

 こうして、日本独自の箸文化というものが生まれていったんですね。
 ナイフフォークをきれいに使うのもカッコイイし、手で食べるカジュアル感覚もいいけど、やっぱキホンは箸でしょ。

 正直、箸使いは、日本人が一番うまいと思うよ。
 自信持っていいんじゃないかな。

 けど、そうじゃないヒトもいたりして。
 箸の持ち方、あなたはだいじょうぶ?

 てなことで、本日はここまででございます。
 今週は、もう更新ありません、多分。
 別にGWモードってわけでもないんですけどね。

 早ければ、来週月曜に更新します。
 ネタは・・未定です。
 あは、いつものことだ。

 ほんでは、see you again、再見、au revoir!
[PR]
by planetebleue | 2013-04-25 17:27 | 読むラヂオ

ウーロン茶って、どんなお茶?

 ちゃ〜っす。ちゃみでっす。
 こないだ、中国茶のお話の第1回をupさせていただきましたが、本日はその第2回でございます。
 タイトルは「ウーロン茶って、どんなお茶?」でございます。

 知ってますよねぇ、それくらい。
 ペットボトルでどこでも買える中国茶の代表ですよ。あと、居酒屋でも、飲まないヒトのドリンクの定番。

 と、なっちゃったせいで、ウーロン茶がどんなお茶か、かえって分かりにくくなっちゃったんだ、と蒼辰が言ってます。
 そうなんですか。

 んと、前回、ウーロン茶は、青茶と半発酵茶の一種だが、青茶の全てではないというお話をいたしました。
 そうでした。
 ましてや、中国茶の全てがウーロン茶やウーロン茶の親戚筋のお茶というわけではございません。
 むしろ、ウーロン茶って、中国茶の中でも、やや特別なお茶なんですよね。

 ウーロン茶は、漢字で書くと烏龍茶でございまね。
 烏(カラス)に龍(リュウ)でございます。
 んじゃ、なにがカラスで、どこがドラゴンさんなのか、そこんとこが、本日のお話でございます。

 烏龍茶は、中国の福建省と台湾が主な産地でございます。
 日本では、台湾烏龍茶のほうが親しまれてるかもしれませんね。
 10年くらい前のブームのときに、凍頂烏龍茶というお茶が幻のお茶と騒がれたことがありました。
 あと高山茶とかね。台湾行ったことのあるヒトなら、お土産さんとかで見たことあるでしょ。
d0287447_11441226.jpg

 こちら、台湾で買った凍頂烏龍茶です。
 凍頂とか、高山とかいうのは、産地の名前です。
 産地の名前が付くほどに、ブランド化しているお茶と言えるかもしれません。
d0287447_11432738.jpg


 封を開けると、こんなのが出てきます。
 これが烏龍茶です。
 丸い、丸薬みたいなつぶつぶなんですね。
 でもって、黒い。
 この黒いところが、烏です。茶葉が、濡れ羽色をしているのでございます。

 黒いのはもちろん発酵させたからで、半発酵茶はだいたい黒い色してます。
 でも、ほかのが、わりとかさかさした黒なのに対して、烏龍茶の黒はしっとりした黒です。
 そこが、[烏]なんですね。

 んじゃ、どこが龍なのでしょうか。
 それは、この丸々と関係あります。
 では、蓋碗でいれてみます。

 蓋碗でもポットでもいいんですが、茶葉入れて、お湯注いで、蓋して、最初だいたい30秒くらい蒸します。
 2煎目3煎目と、蒸す時間を長くしていくのがキホンです。

 ん? 蓋碗って、なんだ、って?
 あ、そっか。それ、茶器の回でお話しします。ちょっと待ってて。
d0287447_11444358.jpg

 すると茶葉は、こんなふうになります。
 これ、2煎目をいれたあとです。
 丸まってた茶葉が、だんだんほどけてくるんですよ。うにゅうにゅって。
 ホントは動画だともっと分かりやすいんだけど、分かりにくい写真でガマンしてください。しゅいましぇん。
 このうにゅうにゅっとほどけてく動きが、ドラゴンさんみたい、というわけで、龍なのです。

 つまり、烏龍茶というのは、烏のようにつやつや黒い丸薬状の茶葉が、いれるとうにゅうにゅほどけてきて、そのさまが龍みたいである、と。
 だから烏龍茶なのです。

 そして、何煎かいれていると、完全にほどけます。
 こんな状態になります。
d0287447_11445548.jpg

 ぬあんと、元の葉っぱのカタチに戻っちゃうのです。
 こんなお茶、ほかにはありません。
 茶葉はふつう、砕く、揉む、切る、などの方法で細かくなってます。
 日本茶もそうですよね。ヨーロッパの紅茶も。
 そして中国茶も、おんなしです。

 ただ烏龍茶だけが、元の葉の形に戻れるんです。
 だからね、製法もちょと難しいし、説明するのはもっと難しい。
 なので、その件はちょと宿題にします。

 ちなみに、元のカタチに戻った茶葉は、炒め物やスープにいれるなど、お料理に利用することもできます。
 食べるんじゃなくって、風味出すのにね。

 はい。烏龍茶がどんなお茶か分かっていただけましたか?
 もちろん、ホントは飲んでもらうのが一番なんですけどね。
 それはそれはうっとりするほどの良い香りと、爽やかな味わいのお茶なんですよ。

 ぜひ飲みたい方は、ちゃみまで連絡ください。
 いれて差し上げます。

 次回の中国茶のお話は、キホンのキ、緑青紅黒のお話を改めてお送りする予定です。

 あと、箸の話のその3が近日中にup予定になってます。

 待っててねっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-04-24 11:46 | 読むラヂオ

はい、それまでよ。F1バーレーン観戦記

 シーズン始まると、早いですね。
 もう第4戦バーレーンでございます。
d0287447_108732.jpg

 今年は全19戦。ってことは、はや2割が終了したことになります。
 シーズンはまだまだこれから、なんだけど、序盤からきっちりポイント稼げたかどうかが、夏の終わりを左右するかもよ。

 そんな砂漠の決戦でございますが、序盤でアロンソにトラブル、ニコのレース・ペースがあんなものでは、「はい、それまでよ」のレースでしたね、はっきり言って。
 中段ではそれなりにバトルもあったけど、勝敗的には面白みのないレースでした。

 きっちり2位に来たキミが、ポイント争いでも2位キープです。
 けどさぁ。
 緒戦に続いて戦略が当たったわけだけど、これでチャンプに挑戦はムリだよ。だって、戦略が使えるサーキットって限られるもの。

 今回だって、ピレッリが先週の反省から、ソフトやめてミディアムにしたから成立した戦略でしょ。それに、もしアロンソやマッサにトラブルがなかったら・・・ね。
 チャンプに挑むには、やっぱ速さが必要です。

 ってことは?
 4戦で2勝したヒトの独走?

 いやいや、まだまだ。次戦スペインからのヨーロッパ・ラウンド。
 フェルナンドさまの逆襲に期待したいと思います。

 でもって、いっちゃん見応えがあったのは、終盤、もうタイヤを気にしなくていい状態でのウェーバーとハミルトンのバトルでしたね。

 次戦は3週後のスペインです。
 もしかして、ピレッリはソフトのコンパウンド変えてくるかも。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-22 10:22 | 読むラヂオ

誤解しないで、ウーロン茶。

 ちゃみでっす。
 ウィークエンドに、ちゃ〜っす。

 さて、前々から予定していた、中国茶のお話を少しずつしていこうかな、なんて思ってます。
 本日は、その第1回。「誤解しないで、ウーロン茶」でございます。
d0287447_15451722.jpg


 中国茶、2度くらいブームっぽいのがありましたけど、まだまだ、それほど知られてないようですよね。
 そもそも、中国茶を趣味としているのは、香港・台湾のごく一部の方たちと、あと日本人なのだそうです。
 じゃ、ほかの人は?
 趣味じゃなく、日常の生活で飲んでる。

 ん?
 あ、そうか。
 日本茶が好きってヒトでも、日常の中で日本茶が好きなのであって、趣味にしてるわけじゃないってことか。
 ふ〜ん。
 で、蒼辰は、中国茶、趣味にしてるわけ?
 あ、してるんだ。
 ほ〜お。

d0287447_15463253.jpg

 でもって、中国茶と言えば、ウーロン茶。
 あまりにも有名でございます。
 近頃はね、酒の席で飲まないヒトが注文するドリンクの代表にさえなっております。
 いつの間にやら、ニホンの生活にすっかり定着した感があるでございますね。

 もちろん、中国茶はウーロン茶だけじゃございません。いろ〜んなお茶がございます。
 これから、そんなお話をしていくわけなんですが、その前に、そもそも、ウーロン茶って、ど〜ゆ〜お茶か、知ってました?
 これまた、あやこや誤解もあるようなのでございます。

 えっとね、次の次の回くらいにもっとちゃんとやるけど、先ず、中国茶の基礎知識を、ざっとやります。
 中国茶には、大きく分けて、緑・青・紅・黒の4種類があります。
 ど〜ゆ〜お茶か。
 緑茶は、摘んだ葉を、そのまま乾燥させたモノ。ニホンの緑茶と同じです。
 青茶は、摘んだお茶を、途中まで発酵させたものです。
 紅茶は、完全に発酵させたもの。黒茶は、発酵を止めないお茶です。
 ウーロン茶は、このうち青茶、途中まで発酵させたお茶のひとつでございます。

d0287447_15455693.jpg

 発酵させるとか、発酵を止めるとかって、どういうことよ、って疑問に思うよね、当然。
 けど、それ、長くなるので、次の機会にやらせてください。
 それだけでも、多分一回じゃ終わらないから。

 でね、日本茶は緑茶ばっかしでございますから、途中まで発酵させた青茶であるウーロン茶、それだけでもニホンでは珍しいわけです。
 そして、青茶の代表的なものでもあります。

 けど、ここで誤解がいっこあるんです。
 ウーロン茶っていうのは、青茶の代名詞だと思ってるヒトがいるのね。
 はっきり言っちゃうけど、ウィキもそうなんだ。
 あと、蒼辰ちの近くのショッピングセンターに入ってるお茶やさんも。
 ここ、支店もいっぱいある、オシャで有名なお店なんだけどね。

 どういう誤解か。
 青茶にはほかに、香港や広州でよく飲まれる鉄観音や、水仙(ソイシン)などの種類があります。
 これら青茶の種類も、すべてウーロン茶の一種であるって思っちゃってるヒトがいるんですよね。
 さっきあげたお茶やさんなんか、[鉄観音ウーロン茶]なんて表記してあったりする。
 大いなる間違いなのでございます。

 ウーロン茶も、鉄観音も水仙も、すべて青茶の一種。つまり、並列的な立ち位置なんです。
 ウーロン茶と鉄観音や水仙は、[同じ青茶の仲間であっても、まったく別のお茶の種類である]ということなんです。

 だいじょぶでした?
 誤解してませんでした?

 そもそも、青茶って、すんげえ種類があって、最後は道に迷いそうになるんですけど・・あ、その話もそのうち。
 ウーロン茶は、青茶の代表格であるけれども、青茶がぜんぶウーロン茶ではない。
 覚えといてくださいね。

 じゃ、ウーロン茶って、どんなお茶なのか。
 これ、次回やります。
 もう準備できてるので、数日中にupします。
 待っててください。

 けどさぁ、缶やペットボトルで紹介されて、手軽で飲みやすい中国茶として定着しちゃったこと、ウーロン茶の不幸だったかもよ。

 そして、次回明らかになりますが、ペットボトルのウーロン茶、もしかしたら、ウーロン茶じゃないかも。

 ほいでは、またねっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-04-20 15:48 | 読むラヂオ

新歌舞伎座、行ってきましたっ!

d0287447_124150.jpg

 新歌舞伎座、行ってきましたっ。

 ま〜ずびっくりは、地下鉄東銀座駅直結の木挽き広場でございます。
 元もと歌舞伎座一階にあったお土産やさんやグッズ屋さんが一同に会しております。
 場内じゃなきゃ買えなかったグッズが、いつでも買えるのは、ファンにとって便利だと思います。

 ここの名物は、揚巻ソフト? ソフトクリームのバニラに砕いた歌舞伎揚げまぶしたヤツね。
 今回パスしたので、こんつぎ食べる。

 あと、地上に向かうエスカレーター脇のコンビニっぽいお店では、隈取りの入った蒸しパン発見。120円。良心的です。


d0287447_1243441.jpg

 そして、地上に上がって、正面から場内に入ります。
 一度、外に出なくちゃいけないんだ。ま、気分は盛り上がるけど、雨の日とか、どうなんでしょ。

 場内に入ると、エスカレーター完備なのが三階派としては朗報ですね。
 一幕見なんかエレベーターで上がれるようになったんでしょ。
 バリアフリーは大切です。

 そして、どこもかしこも当然のことながらぴっかぴか。
 さらに、細かいとこまで演出してあります。自販機前のテーブルの表面にまで鳳凰の柄なんだよ。雰囲気はね、盛り上がりますよ、これ。

 女性トイレが、入り口と出口が分けられて、一方通行になったのも大きな変化。
 なにしろ圧倒的多数の女子が、休憩時間に殺到しますからね。こういう配慮も、ファンにはうれしいです。

 客席に入ると、全体に前よか明るい雰囲気がいたします。
 とくに、三階の上の方、三階B席とその後ろの幕見席は、前と比べると格段の明るさです。
 しかも、花道七三まで見えるようになりました。

 一階で見るお金があったら、三階で何回も見ろと蒼辰に教えられているちゃみとしては、せめと思って三階Aだったんですが、これならBに落としてもだいじょぶかな。
 A席2回分で、3回見られる計算です。

 二階に桟敷席ができたり、三階袖席が2列から1列になったり、細かい変更もあります。
 一階桟敷席が椅子になったのは、桟敷の雰囲気がなくなった感じがしてちょっと残念です。

d0287447_1245592.jpg

 でも、細かいとこ別にすると、印象は前の歌舞伎座そっくりなのです。
 とりわけ天井。ね、見覚えあるでしょ。

 そして、噂の通り、椅子は立派になりました。うん、前よかゆったりしてるかも。

 そんなこんな、全体に好印象の新歌舞伎座ではございますが、ちゃみと蒼辰的にすんごく残念なことがあります。
 それは、三階の飲食店がぜ〜んぶなくなっちゃったことでございます。

 蕎麦屋さんも、カレー屋さんもなくなっちゃいました。
 あるのはドリンクコーナーだけ。
 これで、手ぶらで行って、さくっと食べることも、簡便に暖かいモノを食べることもできなくなりました。

 弁当必須かぁ。

 ただし、当分の間、三部制なので、興行時間が普段の歌舞伎興行に比べると、短いです。
 なので、ちょっと我慢すれば、場内で食事しなくてもなんとかなります。

 今回も、11時開演の第一部、途中、15分と35分の休憩がありましたが、蒸しパンと豆大福でガマン。
 1時50分に芝居がはねた後で、遅めのランチにしました。
d0287447_1252292.jpg

 向かった先は、18世勘三郎さんを追悼して、ナイル・カレー。
 繁盛してました。おいしかったです。

 歌舞伎座は、6月また行きます。
 またリポートするね。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-19 12:05 | 読むラヂオ

箸の話・その2

 どもです。ちゃみでっす。
 ここんとこ、マジメに更新してるでしょ。
 ひゃひゃっ。

 でもって、本日は、箸の話その2でございます。
 先ず、復習ね。

 人類は、3割がフォーク・スプーンで、3割が箸で、4割が手で食べてます。
 でもこれ、食事の何割をなにで食べたかと考えると、案外リーズナブルかもしれない、というようなお話でした。
 ってゆうか、ヒトはけっこう手で食う、って話だろ。

 あ、しいましぇん。スが出た・・じゃなくって、お言葉が乱れました。

 で、本日は、前回に予告したとおり、箸はどうして普及したかというお話でございます。
d0287447_17221945.jpg
 おや、写真が付きました。
 けどまぁ、どぉ〜でもいい写真っすねえ。
 しかも、箸置き、ねずみっすよ。なんっすか、これ?
 あだっ。おこらりました。

 で、人類さまは、いつから箸使ってるんですか?

 箸って、キホン木製ですから、遺跡から出てきません。だって、腐っちゃうじゃない。それと、細くて短い棒が出てきても、それが箸かどうか判定できないのだそうな。

 そんなわけで、箸がいつ頃から使われているか、正確には分かりません。
 けど、4000年以上前から使われているらしいです。中国では。古っ。

 ご存知の通り、最初は竹を熱して曲げて、トング状にしたものだったらしいですね。
 でも、小さいものつまめないし、なにかと不便。そこで、二本の棒をセットで使うカタチになったのだそうです。

 けど、なかなか普及しなかった・・っつうか、誰もが使うってわけじゃなかったみたいですね。
 ま、考えてみりゃ、そうかもね。
 だって、手とかサジ系のが絶対簡単でしょ。箸って、テクいるじゃん。
 なわけで、ヒトはつい簡単なほうに流れていた。

 そこに登場するのが、2500年ばかし昔の、孔子さまでございます。
 孔子、知ってますよね。儒教はじめたヒトです。世界の偉人の一人です。

 その孔子さまの言葉に、これまた有名、
「男子厨房に入らず」
 というのがありますよね。
[料理は女のすること。男が台所に入るもんじゃない]という男尊女卑思想を表現した言葉です。

 いくら昔のこととはいえ、孔子さん、女性を蔑視してたんですか?
 え? 違うの?

[男は料理なんかしなくていい]というのは、ニホンの男どもが都合良く解釈したもの。
 な〜んだ、そうなんだ。
 じゃ、もともとはど〜ゆ〜意味なんですか?

 ここで男子というのは[士]という階級の方なんですか。
 誰、それ。
 簡単に言うと、支配階級に属する人々。
 あ、は〜ん。

 2500年も昔の話ですからね。ほぼ奴隷みたいなヒトもいただろうし、差別とか区別とかばりばりの時代です。
 なので、詳しいことは省いて、先に進みます。

 孔子さんは、そ〜ゆ〜支配階級にある高貴な人間が、穢れた場所に立ち入るべきではないと考えていたんですね。
 だから、厨房に入るな、と。

 あり? 厨房が穢れててどうすんですか。不衛生じゃないっすか。
 ん? そうじゃない?

 なにしろ2500年も昔のことでございます。魚どころじゃない、鶏や、ひょっとして羊や豚も、厨房または厨房を出た裏庭あたりでさばいていたに違いない。

 ぎょえっ。そりゃ穢れだわ。
 つまり、そういう仕事は、身分の低いモノに任せればいい、という意味だったのですね。

 そして、またまた途中省きますが、食卓に刃物臥あることさえ嫌った。
 あ、は〜ん。
 半生や、火が通ったものでも、それを切りさばくのは、穢れの延長であると、そういうことね。

 そこで、孔子さまは、箸を使うことを推奨し、箸で食べやすいように、料理は一口大に切ってから出すように命じた。
 あ、そういえば、中華料理って、なんでも一口大に切ってありますよね。
 そ〜ゆ〜わけだったのか。

 この教えが、箸が普及するきっかけとなったのですか。
 なぁ〜るほど。

 この話、まだ続きます。
 その3は、ニホンよその国と、箸について比べてみる。
 なんの話? よく分かんないけど、そ〜ゆ〜お話なんだそうです。

 upは、例によってそのうちっ。
 その前に、別の話がupされるようです。
 お楽しみにっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-04-16 17:25 | 読むラヂオ

ピレッリさん、やりすぎじゃね?

 F1ウィーク明けの月曜日でございます。
 見ました?

 近頃のF1って、むつかしいです。
 TV見てても、かなり集中力いるし、頭使います。
 理解できました? 昨日のレース。

 というわけで、F1第3戦中国GPの観戦記でっす。

 すべては、ピレッリさんですよね。
 開幕戦のとき、レースを演出するピレッリと公平性を重視したブリヂストン。考え方の違いが面白いけど、ピレッリ流もあり、と書きました。
 ええ、書きましたとも。

 けど、上海・上の字サーキットの予選・決勝見てると、ちょとやりすぎじゃね? って感じがしちゃいました。
 問題は、あのソフトタイヤってことになるのかな?
 おいしいのは2ラップくらいで、4ラップぐらいからミディアムより遅くなるって、どお?

 その結果、各チームともタイヤの温存に走り、Q1の前半半分と、Q3の残り5分以外では、だ〜れも走ってないという状況になっちゃいました。
 これ、どお?

 お金払って見に来てる観客は、限界まで攻める予選アタックが見たいわけでしょ。
 あんなにみんなが様子見して走らない予選なら、TVで見ててもどころか、タイミングシート眺めてたって同じじゃない。

 こういうこと、タイヤとサーキットと天気の兼ね合いで、ときどき起こるんだけど、今回の場合は、兼ね合いじゃなくって、やぱピレッリのせいでしょ。
 ちょと考えてもらいたいものだと思います。

 そしてレースも。
 ソフト・スタートとミディアム・スタートで戦略が違うもんだから、実質どういう順位なのか、すぐ分かんなくなっちゃいました。
 ホント、見てる方も頭使うレースでございましたですね。

 解説の河井ちゃんの手元には計算機があるんだろうか。ホント、河井ちゃんで良かったと思ったオールドファンは多いはず。それとも、混乱見越しての起用なら、フジTVヒット。

 でも、はっきり分かったことがひとつ。
 最初のピットインまでで自分のレースにしちゃったアロンソの、レースメイクのうまさでございますですね。

 アロンソのオーバーテイクは、しゃにむに無理やり前に出ようとしてるわけじゃない。今、ここで、こいつを片づけると、片づけないと、レースがどうなるか、ちゃ〜んと分かってやってる感じが、見ているほうにもびしばし伝わってくるのでございます。
 はい。はっきり言って、アロンソふぁんにはたまらないレースでございました。

 そして、ハッキネン・ハミルトンと、実力者がポディウムに並び、しっかりポイントを稼ぎました。
 ベッテルも4位。失うモノを最小限にとどめました。
 それぞれ、さすがでしたね。

 混乱したときほど、実力者が生き残るものなんでしょうね。
 そして、今シーズンがもし、去年並、あるいはそれ以上の混戦になると、失いそうなレースで5位とか6位でねばって得たポイントが、チャンピンを左右するかもよ。

 もっとも、混戦シーズンになるかどうかは、まだちょと分からないけどね。
 だってさ、ベッテル、けっこう順調に来てると思うよ。ヨーロッパ・ラウンドに入って、うまくかみ合ったら、手がつけられないかもよ。

 次戦は、再来週、バーレーンでございますね。
 楽しみでっす。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-15 11:03 | 読むラヂオ

iな話二題・その2

 さ〜てみなさま、ってほどのことじゃないか。
 え〜と、iな話二題の後編でございます。

 これね、ひょっとしてなにを今さらって話題かもしんないんですよ。
 あのね、iPhoneとiPadの登場って、いろんな意味、ネットとの付き合い方を変えたじゃないですか。
 その結果、もしかしてデスクトップPCって、少なくとも家庭では絶滅危惧種になったんじゃないか、ってことなんです。

 家庭に、ふつ〜にPCがあるようになって、どんくらいになるんですかね。
 それでももう20年とかになるのかな。

 最初は、そっち方面に興味のあるお父さんが、我が家にもって導入したってお家が多いですよね、きっと。
 そんでもって、いわゆるインターネットというものが、世間の話題になり始めて、やっぱし20年くらい?

 それから、けっこう短い時間だったんですけど、主婦がネットにはまってるみたいなことが言われた時代がありました。
 それももう15年くらいかな。

 で、その頃から主婦ブロガーなんかも登場するわけですよね。

 その頃の、家庭のPCと言えば、デスクトップが主流でした。
 リビングの隅っことかに、いわゆるPCデスク置いて、そこに座ってPCに向かうってスタイルだよね。

 それから、この10年くらいかな、だんだんノートが主流になったわけだけど、それでもまだデスクトップ使ってるヒトっているよね。

 が、しかし、この数年、一気に様変わりしました。
 iPhoneとiPadの登場でございます。
 なにがどう変わったかっていうと、ネットと関わるのに、場所選ばなくなっちゃいましたよね。

 調べごとする。ブログ書く。f/bやTwitterに書きこむ。
 み〜んなiPhoneかiPadで出来ちゃいます。
 なんかさ、よっぽど絵を描くとか、音楽作るとかじゃない限り、もうPCの前に座らなくてもよくなっちゃったわけじゃないですか。

 これってね、単に便利に便利になっただけじゃなくって、意識も変わったんじゃないかって思うわけですよ。

 だってさ、さ〜て、ネットやるぞって気持ちで、PCデスクに座らなくてよくなったんだよ。
 つまり、身構えなくなった。

 きっと、いっちゃん大きいのがf/bとかTwitterだと思うんだ。
 身構えずに、書き込める。
 ハードルの高さが、確実に低くなったと思うんだ。

 でもって、たいていの場合、ネットと付き合いやすくなったよね。
 ネットによってつながっているという事実が、特別なことじゃなくて、日常になった。
 そのことってきっと、ネットに対する意識も変えると思うんだ。

[誰もが発信できる]っていうのは、ネットが登場してからずっと言われてたことだけど、いよいよこれからが、誰もがネットとともに生活する時代になるのかもね。

 それってきっといいことなんだと思うよ。
 でも、身構えてから発信するっていうことも、時には忘れずにいたほうがいいのかもね。

 そうして、ふつうに家庭で出来ることの大半を取られちゃったデスクトップPCは、もはや家庭では不要のものになるのかもしれません。

 どうせもう売り上げ落ちてるだろうけど、デスクトップPCは、プロ用機器へと回帰するのかもね。

 そういえばさ、スマホの登場でコンパクト・デジカメも要らないモノになっちゃったじゃない。
 PCの進歩って、どんどんいろんなモノゴトを変えてゆくのだな、と思います。

 う〜む。
 だからどうなんだ、ってところがイマイチだな、この話。
 やっぱ身構えてから発信したほうがよかったかしら。
 てへっ。

 けど、買い物だけは気をつけてね。
 いつでも、どこにいても、どんなモノでも、買えちゃうって、けっこやばいぞ。

 この話、どっかでまたつづきやるね。
 約束しておきます。

 そして、投げっぱになってる箸の話のつづきも近日中にupします。

 ではでは。
 ちゃみでした。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-13 19:37 | 読むラヂオ

iな話二題・その1

 どもでっす。ちゃみでっす。
 なんかね、不定期更新がふつ〜になっちゃってますけど、ま、それでいいのか。

 というわけで、今日の話題は、iな話二題のその1でございます。
 ん? 立ち聞きした話?

 それはカフェでの出来事でございました。
 なんかね、二件続けて、似たような話を聞いてしまったというんですよ、蒼辰が。

 それも人物の構成まで一緒なんですか。
 先ず、壁側に20代半ばのiPhone初心者っぽい女性。そして、対面の通路側に、30前後、いかにもITに詳しそうな、業界人風背広なしサラリーマンという組み合わせ。

 で、その会話っていうのが、ほぼそっくりなので、びっくりしちゃったわけです。
男「リマインダーとか、使ってます?」
女「いいえ、使ってないです」
男「なんで? 便利なのに、もったいない」
 と、こういう会話。
 別々の場所、別々の時間に聞いた、二組の会話が、ほぼそっくり同じだったのです。

 で、蒼辰は思いました。
 この男性、PCはウィンドウズだな、って、はあ?
 この会話から、なんでそんなことが分かるんですか?

 なになに。つまり、
「iPhoneは、いろいろな機能があるから、すべて使わないともったいない」
 と考えるのは、ウィンドウズ派だと。

 じゃ、Mac派は、どう考えるんですか?
[自分に便利なiPhoneに仕立てる。そのために、不要なモノは片づける]
 極端なこと言えば、音楽聞かないなら[ミュージック]も、メイルしないなら[メイル]も、電話しないなら[電話]もどっかに片づけちゃっていい。
 でもって、自分がよく使う、自分にとって便利な機能だけを、自分にとって使いやすい場所に配置すればいい。
 その上で、iPhoneにして良かったなぁと思えれば、それこそがiPhoneの魅力だと、そう思うわけですか。
 ほ〜お。

 なんかさぁ、Macファンって、ある意味、文学的だよねえ。
 それに対して、ウィンドウズはもろ理科系?
 そりゃま、ちゃみもどっちかっていうと文化部系のニンゲンですから、Mac派の言い分も分かりますけどね。

 じゃさ、じゃさ、蒼辰なら、iPhone初心者の女性に、なんて言うんですか?
「ともかく、いじり倒すことだよ」
 分かるけど、まちっとなんとかならない?
「分からないことがあったら、聞いてね」
 上品すぎる。
「ねぇ、俺とLINEしない?」
 ぶぁ〜っかもんっ!

 はい、Macの魅力はカスタマイズできることってお話でした。
 確かにね、Macの魅力って、型にとらわれない、自由な使い方ができることですものね。

 さぁ、使い倒すzey。

 で、注目のiな話二題のその2は、
[デスクトップPCはもういらない?]
 更新は、数日中です。

 はい、アバウトブログのトーカー、ちゃみでした。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-12 19:47 | 読むラヂオ

ベランダから花見っ!

 どもでっす。ちゃみでっす。
 きゃっほ〜っ、お花見ですよ、お花見。
 え? もう散ってるだろって?
 とぉ〜ころぉ〜が、なのです。
 見よ。

d0287447_1165275.jpg

 これ、ぬあんと蒼辰ちのベランダからの眺めなのです。
 なんで今ごろかというと、これみ〜んな里桜なのですよ。なん品種かあって、奥の方には濃いピンクのが咲いてるんだけど、分かる?

 ソメイヨシノより、おおよそ2週間くらい開花が遅いので、例年だと、4月の中旬から下旬に楽しめます。もちろん、今年はソメイヨシノといっしょで、いつもよりだいぶ早い開花です。
 その昔、元禄時代に、花の吉原では、桜の季節になると、何百本っていう桜を、植木屋に植えさせて、花が終わると、また撤去させてたんですってね。
 豪儀なもんです。
 その吉原の桜は、ソメイヨシノじゃなくって、こっち、里桜です。
 ま、里桜も園芸品種なので、いくつもの品種があるんですけどね。けど、全体にソメイヨシノより濃いめの花が多くて、艶やかな感じがいたしますです。

 でもって、上の写真は、やや右手方面なのですが、首を振って、やや左手を見ると、こうなります。

d0287447_11153789.jpg
 え? 写真がヘタだって? だって、しょうがないんだよ。あのね、里桜の上に、葉桜になったソメイヨシノが見えているのだ。分かる?
 風が吹くと、ソメイヨシノの花びらが、満開の里桜にはらはらと散りかかるのだ。きれ〜だzey。

 そんなわけで、蒼辰ちは、リビングにくつろいでる状態から、ふっと窓の方を見れば、そこに桜っ! というぜ〜たくが楽しめるのであります。
 ただし、そのせいで、改めて花見というものには行きません。いっつも花見見物だけです。
 野外での飲食が大好きなちゃみとしては、そこ、不満です。

 ね〜ね〜、GWあたり、ピクニックかなんか行こうよぅ。ブログのネタにもなるじゃん。
 んじゃ、また。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-08 11:20 | 読むラヂオ