excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
全体
読むラヂオ
ちゃみのMC
かたゆでエンジェル
アイドル騎士団
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

中国茶の淹れ方・ざっくり編

 まいどっ、ちゃみでっす。
 今日は、お茶淹れるそうです。

 つまり、蒼辰がふだん淹れてるやり方を、ざっくりご紹介する。
 つったって、そんな凝ったことやってないでしょ。
 ほぉ~ら、やっぱり。
 だから、なに?
 毎日楽しむには、手の混んだことより、簡単な方がよろしいんだ、と。
 はいはい。言うよねぇ~、いろいろ。
d0287447_19333852.jpg
 さて、お茶淹れるとき、こういうのあると便利です。
 これ、蒼辰が台北で茶器買ったときに、おまけでもらったものです。
 茶葉すくうヘラですわな、要するに。
 ま、なんでもいいんですけど、こんなのあると、ちょっと気分わ出るわな。
 茶葉の量とか見積もるのにも便利だし。d0287447_1934388.jpg

 で、茶葉は、日本茶の感覚よりも、多めに使用します。
 これっくらいです。
 事情があって、鉄観音使ってますが、烏龍茶の場合でも同じくらい使います。



 中国茶、とりわけ烏龍茶とか鉄観音は、淹れるごとに茶葉が開いてきます。
 三煎、四煎も淹れると、茶壷の口まで茶葉がふくれあがってきます。d0287447_19342353.jpg
 この写真、分かるかな。
 これくらいになってい~んだという証拠写真としてupしておきます。
 これ、四煎淹れたあとの状態です。
 蒼辰は、もう一煎、淹れる気でいます。

 さて、こっからが、淹れ方です。
 といっても、なぁ~んも難しいことはありません。
 どうせ蒼辰のやることですから。
 ふぇっ。

 茶壷に茶葉入れたら、最初に、茶壷1/3から半分くらいまでお湯を注いで、すぐにお茶碗に出し、お茶碗を温めるのに使います。飲みません。
 つまり、一煎目は捨ててしまうわけです。
 これ、油分を抜くためと言われています。

 ただし、この一煎めを捨てるのには、諸説あります。
 必要ないという意見の方もいます。
 もちろん、茶葉によっても違いが出ます。
 じゃ、どうすれば?
 自分でいろいろ試してみるのが一番いい。

 いろんなやり方で淹れてみる。自分なりに、本に書いてあるやり方にアレンジを加えてみたりする。
 そういうプロセスを楽しむことが、中国茶ひいてはお茶を楽しむことなんだ、と。
 あ~、だから正解がなくてもいいわけね。
 なるほど。

 蒼辰の場合、茶葉に湿り気を与えるという感覚で、一煎めは捨てているそうです。
 でもって、いよいよ一煎めを淹れます。
 お湯は、たっぷりと。茶壷の口から、あふれるくらいまで入れます。
 茶壷の中に空間を残さないのが、コツなんですか。
 ふぅ~ん。

 あ、そうそう。お湯は、ふつうに90度保温のポットのお湯使ってます。
 水は浄水器のやつ。
 毎日、日常的に飲むのですから、これでいいわけね。
 そんな、ねぇ、毎日、名水を炭火でよき温度に・・なんて、やってられるわけありません。

 そして、一煎めなら、だいたい30秒くらい待ちます。
 しかるのち、静かにお茶碗に注いでください。
 烏龍茶なら、さわやかな香りが楽しめるはずです。

 二煎め以降は、蒸らす時間を少しずつ増やしていくのね。
 このあたりも、どれくらいかは自分であれこれトライしてみるのが一番ですね。
 蒼辰は、六煎めを、五分も蒸らして、淹れたことがあるそうです。

 あ、そうそう。
 烏龍茶って、二煎め、三煎めと、味が変わってゆきます。
 なんてゆうか、マイルドになっていくんですよね。
 一煎めの、りんと香りが立ったのもいいけど、四煎めくらいの、まろやかなコクもよいのだそうです。

 あは、蒼辰なんか通人ぶってる。
 ぶってねえよっ・・とか怒ってますけどね。

 お茶は、自分のモノにしてゆくプロセスが楽しいんですよね。
 自分にとってコレという茶葉と淹れ方を見つけてゆくことそのものが、お茶を楽しむということですものね。

 もちろん、功夫茶器とか使って、もっとじっくり淹れることもできますよ。お友だちとかに飲んでもらうときにはね。
 でも、日常自分で飲む分には、ごくざっくりした淹れ方でい~んじゃないでしょうか。

 その分、休みの日とか、ゆっくりお茶と向き合いたいときには、ざっくりじゃなくて、じっくり淹れてみてね。

 はい、本日は中国茶の淹れ方ざっくり編でした。
 お茶の話はまたいつか。
 明日は? あ、[これ知ってる?]からなんかやるそうです。

 ほんでばまたっ。
 ちゃみでしたっ。
[PR]
by planetebleue | 2013-07-31 18:30 | 読むラヂオ

ぽてとりよね〜ず

 まいど、ちゃみでっす。
 本日は、ごく短いネタでお茶を濁して、明日は、お茶を入れると蒼辰が言ってます。
 なんのことでしょ。

 で、短いネタってなんですか?d0287447_18422246.jpg
 なにこれ。
 スライスしたジャガイモを、フライパンでオイル焼きにします。
 軽く塩とかハーブソルトなんかで味をつけておく。
 そこに、カッテージチーズをこんもり乗せて食べます。

 なんっすか、簡単レシピの紹介ですか。
 え? そうじゃなくて、とってもおいしい。
 あまりにおいしくて、食す状態の写真撮るの忘れた。
 なぁ〜んの話なんだか。

 分かりましたよ。おいしいのわ。
 レシピ聞いても、なるほどと思いますよ。簡単なわりにおいしそうだな、と。
 それがどうしたんですか。

 なになに。
 そもそもは、蒼辰が自分のアイディアで始めたものなんですか。
 こうしたらおいしいんじゃないか、と。
 そしたらおいしかった。

 そりゃうれしいっすよね。自分で考えたレシピが当たりなら。
 うれしくてうれしくて、どうして今まで誰も思いつかなかったのだろう。俺は天才じゃないかとまで思った。

 すぐ舞い上がるんだから。
 それで?

 でも気になって調べてみたら、実はちゃんと[ポテト・リヨネーズ]という立派な名前まである家庭料理だった。

 ふぇ〜っふえっふえっふぇっ。
 笑ってやったぜ。
 そりゃそうっすよ。そんな簡単なレシピ、21世紀の今日まで、誰も思いつかないわけないじゃないっすか。

 それともなんっすか、ポテト・ソーシンとか名付けたかったわけ?
 図々しいと思うよ。

 そんなとこでいいでしょ。
 はい、本日のお茶濁しでございました。

 明日は?
 お茶入れる。
 あ、そうっすか。

 ほんでばまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-30 18:43 | 読むラヂオ

すごいぞ、ルイス。

 まいどぉ、ちゃみでっす。
 ハンガリーって暑いんっすね。
 気温が31度? 2度?
 ポディウムで、みんな、上、脱いでましたもんね。

 というわけで、ハンガリーGPの観戦記でっす。
 なにがすごいって、ハミルトンはすごいっす。
 それも、本戦より予選で見せてくれました。
 映像が残ってないのがすごい残念。車載映像とか、リプレイして欲しかったと思います。

 ただ、予選後、自信なさげなハミルトンでしたが、レース、うまいことはまりましたね。
 あの高温でタイヤどうかと思ったけど、遅いのがよかったのか、それともだいぶ折り合いついてきたのか、まったく問題ありませんでした。
 トータルで考えると、完勝でしたね。

 かわいそだったのはグロージャン。
 あれでドライブスルーかぁ。
 結果、ヴェッテルと20秒差の6位。ってことは、もしあのペナルティがなければ、かなりの接戦だったわけですよ。
 マッサをオーバーテイクしたとこなんか、きれいだったのにね。
 キミは、いつものタイヤ戦略を決めて、ヴェッテルの前に出て、グロージャンは同じ戦略でタメ。
 ロータス、恐るべしです。

 それに比べっと、我が愛するアロンソさま、ここ数戦、ヴェッテルとのギャップが縮まらないっすね。
 なにしろヴェッテルの前を走らなきゃいけない立場でこれはきついっすよ。
 こうなると、挑戦者本命はキミかも。

 ま、でも、こんな感じが続いていると、ヴェッテルはノーポイント・レースさえ作らなきゃ・・ってとこまで来た感じですよね。
 キミまたはルイスが連勝でもしない限りは。

 あとさ、マッサのエンドプレートが取れちゃって、フロントウィングの横顔が見えてましたが、すごいんですね。
 7エレメンツ?
 現代F1の空力のフクザツさがよく分かりました。
d0287447_16434969.jpg
 さて、これでF1も夏休み。
 後半は、スパ・モンツァそしてスズカと、楽しみなレースがいっぱい待ってます。
 楽しみたのしみ。

 それでは、たぶん、また明日。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-29 16:44 | 読むラヂオ

今週のご飯。

 はいっ、ちゃみでっす。
 二日もサボってたでしょ。
 なに? 忙しかった、って?
 そんなん言い訳にならないでしょ。
 ちゃんとやってくださいよね、ちゃんと。

 というわけで、今週のご飯が今週の締めくくりです。
 ってゆうか、今週は、水曜日にスペイン料理食べに行ったので、そのご報告。

 あ、もう、写真だけでいっちゃお。

d0287447_1412079.jpg
 先ずは、イカのゴルゴンゾーラ詰めです。
 刺さっているのが、ピンチョス。
 タパスの中で、楊枝が刺さっている料理を、ピンチョスと呼ぶのだそうです。





d0287447_1414479.jpg
 そして、アンチョビと焼き野菜の前菜。
 ワインの飲み過ぎで、正しい料理名忘れちゃったい。






d0287447_1415816.jpg

 帆立のムースみたいなやつ。美味。

d0287447_142885.jpg
d0287447_142359.jpg










 スペイン風コロッケ。中はホワイトソースです。










 白身魚の赤ピーマン包み。
 これまた美味。












d0287447_1425125.jpg
 メインの子羊のア・ラ・プランチャ。
 鉄板焼きという意味だそうです。






d0287447_143779.jpg


 そしてもちろん、パエリャ。
 正しくは、パエージャって感じで発音するんだと思うんだけど、ニホンじゃパエリャで定着しちゃったね。





 場所は中野です。
 ちっちゃいけど、雰囲気のいい、お洒落なお店です。
 興味がある人は、蒼辰まで問い合わせてください。

 ではまた来週・・は、いいんだけど、ネタ、決まってるの?
 え? 決まってない。
 んもう、だいじょぶなのかぁ。

 ではまた来週。
 ちゃみでしたっ。
[PR]
by planetebleue | 2013-07-26 14:09 | 読むラヂオ

夏なのでそうめんの話。

 まいどっ。
 ちゃみでっす。

 え〜と、本日は、夏なのでそうめんのお話をするのだそうです。
 え? ってゆうか、そうめんと冷や麦の違いについての話なんだ。

 冷や麦?
 あんま食べたことないなぁ。スーパー行ったって、そうめんの1/10くらいしきゃ置いてないよ。

 なになに。昔は、夏になると、おそば屋さんの店先に[冷や麦はじめました]の幟が立ったものなんですか。
 [昔は・・したものだ]って、年寄りくせぇ〜フレーズですけどね。

 ま、いいや。
 ってことは、絶滅危惧種なんじゃないんですか? 冷や麦。
 そもそもど〜ゆ〜ヤツよ。

 え? 若い頃、洒落で言ってたのわ、「赤いのや青いのが入ってるのが冷や麦で、入ってないのがそうめん」だ、と。

 あ〜あ〜、あ〜あ〜、あの赤いのや青いのが入ってるヤツか。やっと分かった。
 若い世代にも分かるように話してくださいよ、もう。

 じゃもう結論出たじゃないですか。
 赤いのや青いのが入ってるのが・・・え? 違うの?

 あれはただの飾りだから、入ってない冷や麦もあれば、入ってるそうめんもある。
 あ、そうっすか。

 じゃ、そうめんと冷や麦の違いって、なんなんっすか?

 そうめんは、手延べ麺。
 あ〜、あの生地を伸ばして、伸ばしたヤツをまた伸ばして、どんどん細くしてくヤツね。

 そう。そのために、そうめんは生地に油を含ませてある。
 だから、そうめんはひと冬寝かせて、油を抜くと良いと言われていたんですか。
 ふ〜ん。

 じゃ、冷や麦は?
 あちらは、要するに細いうどん。
 製麺機でほそぉ〜く作ったうどんなんだ。

 あ、そういうこと。

 ところが、ある決まりのために、この説明は正しくないことになってしまったのですか。
 なんで?

 そうめんも冷や麦も食べ物なので、農水省の定める品質表示基準を満たさなくてはいけない。
 そらそうだ。食の安全は大事です。

 で、その基準では、先ず、食用油などを混ぜ、縒りをかけながら引き延ばしてゆくものを[手延べ素麺]とした。
 小麦粉に塩と水だけで、機械で細く切ったものは[機械素麺]に分類する。
 ふむふむ。

 さらに、この双方とも、直径1.3ミリ以下でないと、[そうめん]と表示できない。
 え? じゃ、それよか太いヤツは?

 1.3ミリから1.7ミリのものが[冷や麦]、それ以上太いと[うどん]になっちゃうんだ。

 ってことは、なに、農林省の定めに従うと、細けりゃそうめんで、ちょい太いと冷や麦で、さらに太いとうどんなのか。
 青も赤も、油も手延べも関係ないんだ。

 せっかくちゃんとした手延べでも、1.3ミリ越えちゃうと、[手延べ冷や麦]という不思議な存在になっちゃうんだ。

 そうか、そうだったのか。
 あのさ、高いそうめんはやっぱしうまいな、安いのはやっぱイマイチだな、と長年思ってたのですが、あれって、おいしく感じるのは手延べで、イマイチ組は機械なんだ。
 はは〜ん、そういうことか。

 そりゃモノゴトに基準は必要ですよ。
 とりわけ食いもんなんですから、安全のためや、不当表示を排除するためにも、決まりが必要なのは分かります。

 けど、この基準って、ちょとヤボじゃない?
 だってさ、油も入ってない、伸ばしてもいない、機械製麺のそうめんって、それ自体、不当表示みたいなもんじゃない。

 こうなると、そうめんか冷や麦か、よりも、手延べの基準を満たしているか、機械式なのかが、品物選ぶときには大切ですね。

 暑い夏、そうめんはビールとともに欠かせません。
 ん? それ、ちゃみだけ?
 んなことないっしょ、んなこと。

 ま、ともかく、おいしいそうめんを食べるときには、そんなもともとの作り方と、今どきの表示基準のこと、思い出してくれたらうれしいな。

 ちなみに、蒼辰ちのそうめんはマジうまいっす。
 それについては・・そらそうだ、写真つきでやりましょ、写真つきで。
 夏の間にね、絶対だよ。

 それでは、ほんじゃまた。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-23 12:41 | 読むラヂオ

土用の丑の日なので鰻の話っ!

 まいどぉ、ちゃみでっす。

 どようのうし?
 なんっすか。週明けから、ウィークエンドにステーキでも食おうって話っすか。
 え? 違う?

 あ〜あ〜、土用の丑。
 そういや、あちこち幟だのポスターだのありましたっけね。d0287447_16142268.jpg
 そんなことなんで、鰻の話にしようと蒼辰が言ってます。
 ちゃみ的には、話より食うほうがいいに決まってます。
 え? 考えとく?
 わいっ。

 え〜、土用の丑に鰻を食べるという習慣には、平賀源内さんがからんでいるというのは、わりと有名な話ですね。
 夏になると、江戸っ子が脂っこいものを避けるので、鰻が売れなくなる。
 どうしたものかと相談された源内さんが、[本日土用丑日]と貼り紙することをすすめ、その通りにしたら、鰻やさん、大層繁盛したというんですね。

 これだけだと分かりにくいけど、なんでも、昔は土用の丑の日に[う]のつく食べ物を食べると、夏負けしないという習俗があって、そこにひっかけたらしいです。

 実際、鰻は夏バテに効果があります。ビタミンA・B群が豊富に含まれているんだそうです。
 んでもって、ビタミンの存在なんか知らなかった昔の人も、ちゃんと鰻の夏バテ効果知ってたんですね。

 万葉集に、こんな一首があるそうです。

 石麻呂に吾もの申す夏やせによしといふ物そむなぎ取り食せ

 作者は、奈良時代の歌人・大伴家持さんです。
 石麻呂さんてヒト、痩せてたらしいですね。でもって、それ以上夏やせするといけないから、うなぎを食えと、そんなんで和歌できちゃうんだ。

 それはともかく、夏バテにいいと知ってはいたけど、江戸っ子は、夏に脂っこい物を嫌った。
 そこで、土用丑の日の[う]の字習俗に引っかけた。
 さすが源内さん。頭いいです。

 けど、鰻の旬って、秋から初冬なんですってね。
 冬越しのために脂がのるからなんだそうです。春物に比べても、夏の鰻は味が落ちるのだとか。

 そうなのか。
 なんだか鰻やさんと源内さんにしてやられた感じがしないでもありません。

 そういえば、クリスマスごろに鰻やでのんびり鰻食うのって、うまいっすよね。
 先ず肝焼きで熱燗をちょっと・・・。
 ひひっ。

 あ、ところでさ、土用の丑の日って、なんだか知ってた?
 そもそもなんの日だ、というわけで、調べて参りましたよ。

 中国の昔の自然哲学に、五行説というものがございます。
 万物は、木・火・土・金・水の5つの元素からなるという説でございます。

 そこで、季節にもこの元素を割り振りました。
 春が木、夏が火、秋が金、冬が水です。
 あり? 土は?
 残った土は、季節の変わり目に割り当てることにして、立夏・立秋・立冬・立春の直前18日づつを、土用と呼ぶことになったそうです。

 なんか、ちょっと、適当っぽいけどね。

 でもって、旧暦では、日々に十二支が割り振ってあります。
 はい、わかりましたですね。
 土用期間中の丑の日が、土用の丑でございます。

 だから、暦の上では、ほかの季節にも土用の丑の日はあるわけだ。
 けど、立秋前の、この夏の時期のヤツが、鰻と結びついて、あまりにも有名になっちゃったと、こういうことなんですね。

 どっちゃみちゃ、イベントとか、それに伴う食い物とかない限り、旧暦の[かのえみの日]とかいうの、どぉ〜でもいいっすけどねぇ〜。

 あ、失礼しました。
 え、さて、そんな土用の丑の日でございますが、鰻食べっときって、今、だいたい鰻重っすよね。
 あんまほかの食べ方しない。

 あの鰻重って、蒼辰もちゃみも大好きな、お芝居、歌舞伎に関係してるんですよ。
 文化文政期ごろ、1800年またぎくらいの時代です。
 資料によると、人形町のさる鰻やさんが、丼に鰻をのせて、タレの染みたご飯とともに売り出し、芝居町で評判になった、というんですが・・・。

 異説?
 ごめんなさい、ちょと資料なくて、誰か分からないんですが、当時の売れっ子役者さんが、楽屋で食べるのに、鰻が冷めないようご飯の上に乗せて、持ってこさせた、というお話が残ってます。

 蒼辰は、正しいかどうか別にして、こっちを信じてるらしいです。
 役者が先ずアイディアを出し、鰻やが売り出した、と。
 エピソードとしては、そっちのが愛着はわくのかも。

 だって、鰻重食べるたんびに、昔の歌舞伎役者の、楽屋の食事気分をちょっとだけ味わえるんだぜ。

 さ、んじゃ鰻食いに行こうよ、鰻。
 え? さんまの蒲焼きでガマンしろって?
 けぇ〜ちくせぇ〜っ。

 明日は、そうめんの話らしいっす。
 んでばまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-22 16:15 | 読むラヂオ

中国三大悪女の話・その3

 まいどどうも。
 ちゃみでっす。

 さて本日は・・あれ? [今週のご飯]じゃないの?
 ん? 今週ろくなもん食ってないから、休み?
 んなこと言って、い〜の?

 あは、案の定、マダムに叱られてます。
 はいはい。おいしいけど、普通の食事ばっかだったので、[今週のご飯]はお休みなのですね。

 で、一昨日機能と続けてまいりました、「中国三大悪女」の最終回でございます。

 3600年前には夏王朝が、3000年前には殷王朝が、それぞれ王さまが美女に溺れたために滅びちゃったんでした。
 そして本日は、国を滅ぼした三人目の美女のお話でございます。

 お名前を、褒似(ほうじ)さんと言います。
 この方、殷を滅ぼして成立した周王朝の、幽王のお妃さまです。

 時は紀元前770年ごろのこと。
 日本はようやく弥生時代に入りましたが、まだ中国との行き来はなかったと言われております。
 そんな大昔時代のお話。

 例によって例のごとく、幽王は、褒似さんに首ったけ。
 そこで、なんでも言うことを聞き、どんちゃん騒ぎの宴会をやり・・とはならなかったんです。この人の場合。

 へぇ、幽王、マジメじゃん。
 へ? そうじゃないんだ。

 なにがどうしたかというと、惚れこんじゃった褒似さんが、ちっとも笑ってくれないんです。
 とにかく、笑わない。
 いろ〜んなことやってみるんだけど、にこりともしないんです。

 そりゃ王さまですからね、かなりいろんなことやったんだと思いますよ。
 くすぐったり、芸人呼んだり、自分で変顔したり。
 でも、笑ってくれない。

 ある時、絹を裂く音を聞いて、褒似さんがちらっと笑った。
 すると幽王、国中の絹を集めさせ・・って、ここ、一昨日の
末喜(ばっき)さんと桀王のエピソード流用してますよね。
 国中の絹を集めて、きぃ〜きぃ〜っ裂いたんだけど、二度目からは笑わなくなっちゃったんでしょ。
 はい、その通りでございました。

 ところがある日のこと、なにかの手違いで、敵襲を知らせる烽火(のろし)が上がっちゃったんです。
 すると、すわ一大事というので、諸侯が兵を引き連れ、王宮に集まってくる。
 でも、誤報。間違いだったんです、烽火。
 そこでみんな、なぁ〜んだ、となる。

 そのようすを見て、なんと褒似さんがにっこりと笑ってではありませぬか。
 しかもその笑顔の、なんともはや美しいこと。

 けどまた、笑わなくなっちゃう。
 そうなると、幽王、どうしたって、あの笑顔がまた見たい。
 とうとう、ウソの烽火を上げさせちゃったんです。
 すわ一大事と諸侯が兵を率いて集まり、誤報を聞いてなぁ〜んだ、となる。
 するとまた、褒似さんがにっこり笑う。
 その笑顔の、なんともはや美しいこと。
 けどまた、すぐ笑わなくなっちゃう。
 幽王は、あの笑顔が忘れられない。

 よせばいいのに、幽王、何度もやっちゃったんですよ。
 そんなことしてりゃ、家来にも見限られますよ。
 やがて、いくつかの軍団が、呼応して兵を挙げる。すわ敵襲と烽火を上げたんですが、ま〜たウソだろ、と誰も応じない。
 こうして、周王朝、あっさりと滅ぼされてしまったのだそうです。
 はい、狼少年みたいなオチでした。

 ちなみに、周王朝が滅びたあと、中国は、春秋戦国とつづく長い混乱期に入ります。
 再び王朝が成立するのは、紀元前221年の秦の始皇帝まで待たなくてはなりませんでした。
 って言っても、日本はまだ弥生時代。
 卑弥呼の登場まで、まだ300年ぐらい残してる時代なんですけどね。

 というわけで、中国の最初の3つの王朝、夏・殷・周は、いずれも、最後の王が、美女に溺れて滅びたというお話でございました。

 中国四千年の歴史で、この古代王朝を滅ぼした美女が、三大悪女とされているというのは、なんか、やっぱ、後の世の教訓のためのような気もしますね。
 だって、もっとバラエティに富んだ悪女、いそうじゃないですか。

 ま、それはともかく、三大悪女がいるからには、三大美人も中国にはいらっしゃいます。
 そのうちの一人は、あの楊貴妃さまです。
 そっちもそのうち紹介しようかな、と蒼辰が言ってます。
 しっかし、なぜ[三大美男]はいないのか。
 ちゃみとしては、そこ、不満です。

 来週のラインナップ、まだ決まってません。
[今週のご飯]だけは、復活の予定になっているようです。
 なんかおいしいもの食べる予定でもあるんでしょうか。

 では、また来週。
 みなさま、よい週末をっ!
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-19 16:30 | 読むラヂオ

中国三大悪女の話・その2

 どもでっす。
 ちゃみでっす。

 さて本日は、昨日のつづき。
「中国三大悪女」の第二回でございます。

 昨日は、末喜(ばっき)さんという美女に溺れちゃった桀王が、最後には殷の湯王によって、400年も続いた夏王朝が滅ぼされたというお話でございました。

 今日のお話は、その600年後。
 といっても、まだ紀元前1000年ごろのことでございます。

 日本はまだ縄文時代です。弥生時代がやってくるまで、まだあと100年ぐらいあります。

 そんな時代に登場する三大悪女のお二人目は、姐己(だっき)というお方です。

 姐己さんは、殷の紂王のお后です。
 そして美女です。

 そうなんですよ。昨日のお話と、パターンがわりと似てるんですよね。
 またまた、紂王は、姐己さんに首ったけ。
 姐己さんのために、舞や楽を作らせて、毎日のように演じさせる。
 税を厚くして、そのお金で、諸国の珍しいものを買い集める。
 庭を広げて、珍しい生き物を飼いはじめちゃう。
 殷の王宮、上野の山状態でございます。
 だって、博物館に動物園でしょ。

 にしても、ニッポンがまだ縄文時代だったっつうのに、税を厚くして、そのお金で諸国の珍しいものを買い集める・・って、すごくないですか?
 シルクロードだって、まだ結ばれてませんでした。もちろん、日本との行き来もありません。
 ってことは、諸国っつっても、今の中国とその周辺くらいなんでしょうか。

 ま、それはともかく、ついには毎夜の宴会ざんまい。
 池に酒を注ぎ、木々に肉を吊して林とし、裸の男女に追いかけっこさせて、それを眺めながら夜通し酒飲んでるありさま。
 当然、片手で姐己さんを抱き寄せてたんでしょうね。
 このどんちゃん騒ぎが、[酒池肉林]でございます。

 けど、昔の中国の王さまって、美女に惚れると、ど〜してそっちいっちゃうわけ?
 愛する美女のために、しっかり働こう、とはならないんですかね。
 え? オトコを堕落させるから、悪女なんですか。
 そうなのか。
 ちゃみには、オトコが勝手に堕落しているようにしか見えませんけどね。
 もっとも、愛する美女のために、マジメにせっせと働く王さまって、ち〜せ〜って感じがしますけどね。

 でもって、例によって、国は弱体化し、家来にまで見限られてしまいます。
 そして、立ち上がった周の武王という人によって、滅ぼされてしまいました。

 つまり、最初の夏王朝も、殷王朝も、王が美女に溺れて滅びたと、こういうことですね。

 ちなみに、周の武王の軍師が、太公望さんです。
 なんでも、真っ直ぐな釣り針を川に垂らしてたら、武王がやってきて、「なぜそのようなことをする」と尋ねたとか言うんですよね。
 で、「お前は、笑ってるだけの他の者とは違う」とか言って、軍師になっちゃうんですよ。
 今、うろ覚えでしゃべってますけどね。

 そんなことから、大物狙いの釣り師のことを[太公望]というようになったんだと思います。
 うろ覚えだけど、なんかそんな話です。

 でもさ、この二人の悪女のエピソード、かなり似てますよね。
 ってゆうか、かなりパターン化されてる気配もある。
 あとの時代になって、女に溺れる息子に、父親が、
「女にばっか溺れてるとな、昔、こんなことが・・・」
 と、話して聞かせていたような・・・。

 なにしろ大昔の話ですからね、相当、伝説化されてるのは、ま、しょうがないかもです。

 こうして、600年続いた殷王朝は滅び、周王朝の時代となったわけですが、そのまた230年ほどあとのことです。
 そうなんですよ。周王朝、またまた美女に溺れた王さまのおかげで滅びちゃうんですよ。

 でも、最初の二人のパターンとは、似ているようでちょっと違ってました。

 そのお話、明日に続きます。
 待っててね。

 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-18 17:01 | 読むラヂオ

中国三大悪女の話・その1

 どもでっす。
 ちゃみでっす。

 月曜にもupするかもとか言っておきながら、蒼辰は、火曜日もサボりました。
 ひどいヤツです。
 てなわけで、先週金曜以来のちゃ〜っすでございます。

 あ、さて、ちゃみと蒼辰は、去年の暮れまで2年間、「ちゃみのこれ知ってる?」とゆうメルマガやってました。
 ま、ゆる〜い雑学を、毎週だらだらやってたんですけどね。

 で、今週は、その「知ってる」から、こんな話どお? というのをお送りします。
 コピペじゃないっすよ。
 ちゃみが改めて、セルフカバーいたしますです。

 というわけで、テーマは「中国三大悪女」でございます。
 悪女っつっても、自ら悪いことするわけじゃないんっすよ。
 なんつうか、男が勝手に・・ま、いいや。

 んじゃ、先ずはお一人目っ。
 末喜(ばっき)という女性でございます。

 時代がというと、これが古い。
 紀元前1600年頃と言いますから、今から3600年も前です。

 日本はまだ縄文時代ですよ。
 貫頭衣とか着て、狩猟採集暮らしだったころですよ。

 その頃、中国は夏の時代です。
 いえ、季節じゃなくって、夏(か)という王朝が支配していた時代なんですね。

 で、そんな時代の末喜さんでございます。
 なんでも、山東省の布施氏という豪族の娘さんだった。ところが、夏の桀王が布施氏を討ったときに、桀王に献上されちゃったんですって。

 美女を献上するって、世界の歴史にはけっこう出てきますよね。
 けしからんことです。

 それはともかく、桀王、絶世の美女の末喜さんに、首ったけになっちゃった。
 もう、なんでも言うこと聞いちゃうんです。

 末喜さんが、絹を裂く音が好きだというと、国中から絹をかき集めて、次々と、ぎゃ〜〜っ、ぎゃ〜〜っ・・・!
 国中の絹を裂いちゃった。

 さらには傾宮っていう巨大な宮殿まで作っちゃった。
 その落成にあたっては、もんのすごい規模の宴会を開く。
 池には酒を満たし、木には肉を吊し、しゅちにくり・・え? 違うの? あ、違うんだ。

 池には酒を満たし、木には肉を吊し、[肉山脯林]というものが行われたのだそうです。
 ふぅ〜ん。

 ともかく、こんな調子で、桀王、末喜さんを溺愛しちゃう。
「そんなんじゃダメでしょ」と諫める重臣まで殺しちゃう始末。

 こ〜ゆ〜ことしてると、どうなるか分かりますね。
 人々は王を恨み、家臣の心も離れてゆきます。

 殷の湯王という人が兵を挙げると、夏王朝はあっという間に滅びてしまったのだそうです。

 桀王と末喜は、南巣の山というところに追放され、そこで生涯を終えたとか。
 なんつうか、殺されなかっただけマシみたいな話です。

 しっかしさ、ニッポンがまだ縄文してたころに、[肉山脯林]ですか。
 すごい・・けど、民はうんと貧しかったろうから、そりゃ恨みも買いますわな。

 こうして、夏王朝400年の歴史は幕を閉じ、新たに殷王朝の時代となります。
 ところが、その600年後のこと・・・。

 はい、明日に続きます。
 ちょっとだけ待っててね。

 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-17 17:38 | 読むラヂオ

今週のごはん 7/12

 お暑うございます。
 ちゃみでっす。

 今年の夏は長いです。
 なんせ梅雨明けが、去年より19日も早かったんですよぉ。
 つまり、夏が三週間近くも、長いっ。
 夏バテ対策も万全を期さねば。

 というわけで、今週のごはんは、こんな一品から。d0287447_1046669.jpg
 山芋、オクラ、納豆の三種ねばねばセットでございます。
 これを好きなだけご飯にかけて、ねばねば丼にして食すのでございます。
 ね、なんか効きそうでしょ。
 蒼辰は、さらにイカの塩辛を少しまぜまぜして食べてます。
 食欲がないときにもよさそうだね。

 お次は、いわゆる冷しゃぶサラダでございます。d0287447_10462236.jpg
 レタス・キュウリ・トマトにセロリを加えたサラダの上に、茹でた豚バラ肉をあしらい、さらに針生姜が添えてあります。
 和風サラダのオモムキでございます。

 豚肉って、い〜んでしょ。テレビとかでも言ってたけど、ビタミンB2が豊富で、疲労回復の効果もあるとか。
 夏バテ対策むけの一品でございます。

 蒼辰は、翌日、残ったこいつを、冷たいうどんに乗っけて、サラダうどんにして食べると言ってます。
 タレはポン酢? ごまダレ? どっちでもいいけど、なに、ポン酢にタイのソフトチリを混ぜて、ピリ辛エスニック風にするんだ。
 へ〜え。

 最後はこれ。d0287447_10463923.jpg
 いっつも草野球の試合のあとに行くおそば屋さんの夏メニュの定番。ハモ天せいろです。
 ハモって、東京じゃ超高級食材でしたよね。庶民の口に入ることはまずありませんでした。
 なにがどうなってるのか知らないけど、こんなカタチでお手頃価格で食べられるようになりました。

 腹へってた蒼辰、ソバ大盛りにしたんですけど、ちともてあましたとか。
 あはは。

 それではまた来週。
 祭日はキホンお休みの予定なのですが、ひょっとしたらupあるかも。

 みなさまも、夏バテ対策は早めにね。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-12 10:47 | 読むラヂオ