excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
全体
読むラヂオ
ちゃみのMC
かたゆでエンジェル
アイドル騎士団
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

連休前に、文化の日のハナシ。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 本日は、10月の月末で金曜日。そして明日からは、三連休でございます。
 なんでかつうと、月曜日が、文化の日だからでございます。
 そんなわけで、本日は、文化の日のハナシしようと思います。
 文化の日、なんでこの日か、知ってますよね。
 1946年 昭和21年に、日本国憲法が公布された日でございます。
 でもって、半年後の昭和22年5月3日に、施行されました。
 なので、この日は憲法記念日でございます。
 誰でも知ってる。
 なんだけどさ、一年の間に、5月が先にあるせいか、憲法記念日に公布されて、文化の日に施行されたみたいに、勘違いしてるヒト、いない?
 筋から言っても、この憲法に決まりましたと公布した日が、憲法記念日で、これから文化国家になりますと、施行した日が、文化の日でもいいんじゃないか、と。
 と思ったら、じつは、終戦直後らしい裏話がございましたのです。
 昭和21年の秋、いよいよ憲法、公布することになりました。公布すると、ちょうど半年後が施行日です。
 はじめ、キリのいい月のはじめ、11月の1日に公布しようとしたんですって。
 ところが、そうすると、施行日が、5月1日、メーデーとかぶっちゃう。
 労働運動の記念日と重なるのはいかがなものか、というわけで、3日に公布することになりました。
 ん? なんで2日じゃなくて、3日なの?
 どうもね、ここ、狙ったんじゃないかと思うのですよ。
 なんでかっつうと、11月3日、戦前も祭日でした。
 なんと、明治天皇の誕生日だったのです。
 なので、明治6年から明治44年までは、天長節、今でいう天皇誕生日ですね。そして、昭和2年から、昭和22年までは、明治節として、祭日だったのでございます。
 つまり、この祭日の、復活を狙ったのじゃないかと。
 案の定というか、なんというか、この日を、憲法記念日にしようという動きがあったそうです。
 けど、今度は、占領軍が反対しちゃった。
 そらそうだ。憲法記念日と名前を変えても、明治天皇の記念日が復活するわけですから。
 戦前の体制が復活することをひどく警戒していた占領軍が、許すわけない。
 そこで、施行日の5月3日が、憲法記念日となりました。
 けど、11月3日、名目次第じゃいいよ、みたいなハナシが占領軍のほうからあって、そこで、文化の日という名称で、憲法公布の日として、祭日になったそうなのです。
 ふ〜ん、そうなのか。
 今では、文化の日が、明治天皇の誕生日だなんて知ってるヒト、ほとんどいません。
 そのこと自体が、新憲法がちゃんと機能している証しかもしれませんね。
 ま、それはともかく、文化の日的なメインイベントは、なんといっても、文化勲章の授与式でございます。
 ほいでね、便乗記念日がえらく多いの。
 並べてみようか。
 先ず、文具の日。
 文具と文化は、歴史的に同じ意味だから、なんですって。
 つぎ、レコードの日。
 レコードは文化財、だから。
 調味料の日。
 いい(11)味(3)の語呂合わせなんだけど、伝統調味料から、和食文化を見直してほしいからだそうです。
 そして、ゴジラの日。
 1954年 昭和29年のこの日に、[ゴジラ]の第1作が封られたから。
 さらに、まんがの日。
 まんがを文化として認知してもらいたいってことからなんですが、手塚治虫先生の誕生日でもあります。
 手塚先生、いい日に生まれたものでございます。
 そして最後に、いい(11)おっさん(03)の日だって。
 あはは、蒼辰の日だ。
 あ、なんか、こうなりゃ[おっさん文化]を広めるのだっ、とか、開き直ってマス。
 あはは。
 こりゃ、あははだ。
 最後に、毎年この日が恒例のイベント、紹介しておきますね。
 先ず、航空自衛隊入間基地では、航空祭があります。
 基地内に入れて、飛行機が間近で見られて、ブルーインパルスの演技飛行があって、模擬店も出て、食べモノも売ってます。
 い〜じゃないっすか。
 秋の一日、飛行機マニアにはたまらない一日でございますね。
 そして、1日から3日まで行われるのが、北鎌倉・建長寺と円覚寺の[宝物風入れ]でございます。
 これ、要するに、お寺の宝物の陰干しついでに、見せてもらえるというイベントです。
 どちらも鎌倉時代創建の古刹。宝物もね、見応えありますよ。
 書画のほか、室町ごろの袈裟とかもあるの。
 秋の鎌倉も、なんかステキな一日になりそうな予感がいたしますです。
 もうじき寒くなるから、遠出系、アウトドア系のお出かけには、ラストチャンスかもよ。
 しかもね、11月3日、晴れの特異日なんだそうです。

 てなわけで、本日は文化的な、ハレバレとしたおハナシでございました。
 来週は、あ、GPウィークだ。
 そして、秋づくしを予定してます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-31 14:00 | 読むラヂオ

読書週間なので神保町のハナシ・その3

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて今週は、読書週間にちなんで、神保町のおハナシをしてきました。
 その神保町、ただいまイベントの真っ最中でございます。
 先ずは、もう始まってます。25日、こないだの土曜から、11月3日、祭日の月曜まで行われているのが、東京名物・神田古本祭りでございます。
 これね、なんといっても、靖国通り沿いと、神保町交差点脇、岩波書店の横の広場などに出る、青空掘り出し市が、目玉でございます。
 もうそりゃ、数え切れないくらいの古書が、バーゲン価格で売られるのでございます。
 見ているだけでも、かなりなもんです。
 でもって、大体、買いすぎます。
 だってさ~あ、そりゃ青空市には、希少本とかは出ませんよ、そりゃ。
 でも、読もうと思ってて読みそびれたり、前々から気になってるタイトルの本とかが、ほんの数百円で売ってりゃ、そりゃ買うでしょ。
 ま、買わなくてもいいんだけどさ。端からはしまで、見て歩くだけでも、けっこ楽しいと思うよ。
 さらに、11月1、2、3日の三連休には、神保町ブックフェスティバルが開かれます。
 こちらもですね、ぬあんと、得々市が開催されるのですよ。
 こっちは、どっちかっていうと、一本裏の、すずらん通り、さくら通りが中心なのかな?
 やっぱり、古書のワゴンセールが行われます。
 ってことは、なに。この三連休は、神保町の街の、ほとんどそこいらじゅうに、ワゴンセール・青空市の古書が並び、しかも、バーゲン価格で買えるわけ。
 こぉ~りゃ大変だ。
 読書家・本好き・雑学好き、そして、野次馬精神のあるヒトビトにとっては、たまらない3日間になりそうでございます。
 さらにですね、同じ三連休期間、神田カレーグランプリというものも開催されます。
 なんですか、神保町中心に、神田エリアには、300を超すカレー店があるのだとか。
 その中から、ファン投票で選ばれた15店と、推薦者会議が選んだ5店、あわせて20店のカレー専門店が、グランプリ目指して、参加するのでございます。
 すごいね、これ。
 B級グルメ・グランプリとか、ニューヨークの屋台コンテストに匹敵するような騒ぎになっております。
 会場がですね、小川広場というところでございます。
 小川町にあります。小川町は、神保町の、隣町です。
 駿河台下の交差点から、古書店街とは、反対に、アキバ方向に歩き出すと、すぐのエリアです。
 ここ、昨日は触れなかったけど、スポーツ用品店街でもあります。
 そっち方面に買いたいものあるヒトは、かなりわくわくするはずです。
 そんあ小川町の、小川広場が会場です。
 ふむふむ。こちらも合わせて楽しめそうでございますね。
 実際、神保町には、いかにもよさげなカレー店、いっぱいあります。
 一説によると、カレーは片手で食べられる。
 なので、買ってきた本を読みながら、また学生街ですから、勉強しながら食べられる。そこで、カレー店が増えたのだとか。
 けど、広くいうと、アキバあたりにも、よさげなカレー店、多いよね。
 カレーグランプリにも、あっち方面からの参戦もあるようです。
 う~む。あのあたり、かなり広く、カレータウンなんだな。
 もっとも、神保町には、カレーに限らず、おいしそうなお店、いっぱいあります。
 ほら、まわりには、出版社とか、多いじゃないですか。でもって、出版関係のヒトって、ウンチク好きで、グルメ傾向です。
 だから、おいしそうなお店が集まってくるんでしょうね。
 なんか、仕事場としても、住みやすそうな街でございます。
 蒼辰も、おいしいお店、一軒知ってるそうです。
 どんなの?
 ん? レトロな雰囲気の上海料理のお店で、白湯がもんのすごくおいしいんだ。
 でもって、店内はクラシックな雰囲気のボックス・シートで。
 へ~え、い~じゃないっすか。今度、連れてってよ。
 ダメ? なんで。
 もうかなり前に、なくなっちゃったお店だから。
 んもうっ、蒼辰情報って、いっつもこんなんばっかしなんだから。
 い~ですよ。ちゃみも、足で探したいと思います。

 はい、てなわけで、本日はここまでです。
 明日は、文化の日についての短いハナシを予定してます。
 そして来週は、秋づくし、だってさ。
 どんなハナシになるんでしょ。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-30 13:30 | 読むラヂオ

読書週間なので神保町のハナシ・その2

 まいどっ、ちゃみでっす。
 え〜と、昨日っから、読書週間にちなんで、神保町のハナシしてます。
 昨日は、神保町ってどんなとこ、ってハナシでしたので、本日は、ほいでわ、神保町、歩いてみたいと思います。
 最寄り駅は、地下鉄・神保町でございます。
 ここ。東京メトロ・新宿線と半蔵門線と、都営地下鉄の三田線、三つの路線が交差してます。
 3路線あるのは、便利です。
 なんたって、新宿からも渋谷からも一本で行けるんですからね。
 ただし、地下鉄駅構内、フクザツです。
 自分にとって便利な(はず)の出口を探すのも、けっこめんどいです。
 なので、JR使いましょ。
 水道橋からでもい〜んだけど、好みで、お茶の水で降りることにします。
 そしたら、お茶の水口という出口から、改札出てください。ここ、丸ノ内線乗り換えの案内表示があるはずです。
 要するに、アキバに近い聖口とは反対の出口です。新宿から来たら、電車が走ってきたほうに、後戻りする感じで歩いてくと、すぐ分かります。
 出ると、左手が坂道になってるので、この坂道を下りましょう。
 左側に、楽器店が並んでるはずです。
 ここ、都内でも有名な楽器店街なんですよね。
 やがて、右手には、明治大学の大きなタワー棟が見えてます。
 でもって、坂を下りきると、大きな通りとの交差点に出ます。
 交差点の名前が、駿河台。交差してる大通りは、靖国通りです。
 この交差点の、右向かいに建ってるのが、三省堂書店です。
 神保町めぐりの、ランドマークの一つですから、覚えといてね。
 三省堂は、もちろん国語辞典作っている出版社でもありますが、もともと、書店です。
 こちらの本店、ほぼニホン最大級の一軒です。
 なにかと資料を集めることがお仕事のヒトたちの間では、ここと、八重洲ブックセンター派、新宿紀伊國屋サザン派の、三派に分かれるんだそうです。
 中でも、1ジャンルの、点数の多さでは、やっぱりここと、蒼辰が言ってます。
 ほかに、一階ではミシュランの地図が買えます。地図好きには、けっこたまらないコーナーです。
 さて、靖国通りを渡って、三省堂の前に出たら、そこから、右折する感じで歩き出しましょう。
 するとそこには、もうずらっと古書店が並んでます。
 ただし、三省堂側、今の経路だと、靖国通りの左側だけです。右側には、あんまりありません。
 どうしてだ?
 もうちょっと歩いてから説明します。
 さて、くにゅっと曲がった靖国通りを、ちょべっと歩くと、白山通りとの交差点に出ます。
 この交差点の名前が、ずばり、神保町です。
 角には岩波書店が建ってます。
 出版社の社屋ですから、一般人、中には入れません。ただし、一階には、岩波書店が発行している本が、ほぼ揃ったお店になってます。
 近所の本屋にはなかなか置いてない、ちょっと前に出た文庫や新書を探すには、便利です。
 あと、上に岩波ホールがあります。
 ここ、映画ファンなら知ってるよね。知る人ぞ知る名作の数々を上映してきたホールでございます。
 さらに先へ行きましょう。
 ここにも、左側は古書店が並んでます。
 やがて、専大前という交差点にぶつかります。
 少し先には、もう九段下の交差点が、遠く見えているはずです。
 この交差点を越えて、さらに先へ行くと、矢口書店という、いかにも昭和からまんまな感じの、小さな古書店があります。
 ここ、映画・演劇関係の方々には、有名なお店。
 中に入ると、映画・演劇関係の本が、ぎっしりです。
 この本屋さん、ここんとこ、神保町古本祭りをあつかったテレビ番組や新聞の記事に、やたらと写ってました。
 たたずまいが、いかにも神保町の古書店らしいからかもしれません。
 でもって、おおよそこのあたりまでが、古書店が並んでいる界隈です。
 さらに先へいっても、もう古書店、ほぼありません。
 なので、矢口書店の脇に路地がありますから、そこから裏手に入りましょう。
 すると、一本の一方通行の道があります。
 この道、靖国通りと平行に、すずらん通り、さくら通りと名前を変えながら、ずうっと走ってる通りです。
 この道を、駿河台方向に引き返す感じで歩き出すと、ほら、ここにも古書店、たくさん並んでます。
 それもその筈、ここ、靖国通りができるまで、神保町のメインストリートだった道なのです。
 まぁ、面影といっても、ほとんど残ってませんが、戦前の学生たちは、この道幅をそぞろ歩いたのだと感じてもらえたらと思います。
 ざっとこんな感じ。
 靖国通り・駿河台下交差点から、神保町を経て、専大前交差点のちょい先まで、一本裏の、すずらん通り・さくら通りに囲まれたあたり。
 ここが、ほぼ神保町古書店街のすべてです。
 覚えちゃうと、歩きやすいよ。
 ちなみにこのあたり、江戸時代は、武家屋敷が並んでました。
 といっても、大名屋敷じゃなくて、旗本や御家人の屋敷ね。
 確か、南総里見八犬伝の作者、滝沢馬琴も、一時期、この界隈に住んでたはずです。
 ふむ、文人ゆかりの地ってやつね。
 そして、通りにへばりつくように、町人の家々も並んでたはずです。
 神田神保町と、頭に神田がつくってことは、神田明神の氏子でございます。
 江戸時代、神田祭のおりには、さぞや賑わったことでございましょう。
 その地が、今は古書店街となり、この季節、古本祭りと神保町ブックフェア、そして、神田カレーグランプリで賑わうのでございます。

 はい、というわけで、本日はここまでです。
 明日は、その古本祭り・ブックフェア・カレーグランプリのおハナシにさらっと触れる予定になってます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-29 13:37 | 読むラヂオ

読書週間なので神保町のハナシ・その1

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて、え〜っと、昨日、27日から、来月11月の9日まで、読書週間でございます。
 読書週間の由来については、昨日の[朝礼でっす!]で触れてます。
 blog版とかで、ちょと読んでみてくださいまし。
 てなわけで、こちら、[読むラヂオ]では、読書週間にちなんで、神田神保町のおハナシをしようと思っております。
 と、申しますのも、10月25日から11月の3日まで、神田古本祭りが開催されております。
 さらに、11月1日2日3日の三連休は、神保町ブックフェスティバルが開催されます。
 さらにさらに、ブックフェスト同じ日程で、神田カレーフェスティバルも開催されるのでございます。
 いやはや、神保町、イベント続きの二週間でございます。
 もっというと、日大理工学部駿河台キャンパスでは、学園祭やってます。
 なぁ〜んか、たっぷり楽しめそうな神保町界隈でございます。
 ほんじゃ先ずは、神保町って、どんなとこ? ってハナシからね。
 神保町は、なんといっても、世界最大の古書店街でございます。
 世界最大ですよっ。
 こんだけ狭いエリアに、こんだけたくさんの古書店が集まっているエリアは、世界中どこ探しても、ないっ。
 すんごいです。
 その数、神保町のオフィシャルサイトによりますと、176店です。
 これってきっと加盟店の数だから、実際はもうちょい多いかもね。
 でもって、東京で流通する古書の三分の一が、ここ、神保町に集まってるのだそうです。
 その上、ぬあんと、[日本のかおり100選]に選ばれてオルのです。
 [日本のかおり100選]ですよ。
 あの、古書がかもし出す、独特の香りによって、選ばれたのだそうですが、ねえ。そりゃ独特かもしれないけど、ちょとオドロキではあります。
 そんな、読書家・本好き・古書マニア、などなどの方々にとっては、まさに聖地なのが、神田神保町でございます。
 どうして、読書好きの聖地になったのか。
[知ってる?]らしく、歴史なんかひもといちゃいましょうか。
 それは、1880年代、明治でゆうと、おおよそ10年代の半ばから後半でございますね。
 この界隈に、次々と法律学校が開校いたしました。
 ざっと上げます。明治法律学校(現・明治大学)、英吉利法律学校(現・中央大学)、東京法学校(現・法政大学)、日本法律学校(現・日本大学)、専修学校(現・専修大学)でございます。
 ちなみに、この5大学、神田5大学と呼ばれ、そのため、神保町周辺は、神田カルチェラタンと呼ばれているのだそうです。
 ん? カルチェラタンって?
 おフランスはパリの、大学が多く集まってる地区のことなんだ。カルチェは、区または地域。ラタンは、ラテン語のことで、ラテン語を話す教養人が集まることから、そう呼ばれていたのですが。
 でもって、神田カルチェラタン。
 お〜、ほ〜、ニホンの教養人が集まっている地域なのでございますね。
 でね、そんなわけで、この界隈には、専門書などを扱う書店が、集まり始めたのでございます。
 そんな神保町なのですが、1913年 大正2年のこと、大火に見舞われてしまいます。
 その時、神田高等女学校(現・神田学園中高等学校)の戦死だった岩波茂雄さんが、焼け跡に古書店を開いた。
 これが、大当たりしちゃった。
 教養人や学生が、神保町に足を運ぶようになり、次々と古書店があらわれ、また読書の場としてのカフェなども次々と開店したのだとか。
 ちょと、岩波茂雄さんって、かの岩波書店の創立者でしょ。
 イワナミ、神保町の歴史と深く関わっていたのですね。
 そして、戦災をまぬがれました。
 あれだけ焼け野原になった東京にあって、神保町は、空襲の被害をほとんど受けませんでした。
 なので、戦前からの古い建物が、今でもちょこちょこ残ってます。
 そんなことも、神保町独特の雰囲気を形作っているのかもしれません。
 ところで、この件について、司馬遼太郎さんが、アメリカ軍は、「神保町の古書店が焼失することは、文化的に大きな損失である」と考えて、爆撃しなかったということを書いてらっしゃるんだそうです。
 ただ、この説、反論もあるようでございます。
 そもそも、東京空襲に使われたのは、どかんって爆発する爆弾よりも、ぼぉ〜っと燃え上がる油脂爆弾、いわゆる焼夷弾のが多かったんでしょ。
 いくら神保町にだけ爆弾落とさなくても、まわりがぼんぼん燃えちゃえば、やっぱし焼失の危険はあったわけです。
 なので、ちょと都市伝説っぽい、司馬遼太郎説でございました。
 ちゃみとしては、本の神さまが守ってくれたのだと思いたいデス。
 と、まぁ、そんなわけで、今日にいたるまで、神保町は、世界最大の古書店街として賑わっております。
 あ、そうだ、最後にちょと注釈つけとくね。
 古書店ってゆうと、古本・中古本を安く手に入れるお店ってイメージありますが、神保町は、成り立ちからいっても、ちょと違います。
 そもそもさ、昔って、本は高価なものでした。
 まして、学生が勉強のために読むような、いわゆる専門書は、今でも高価です。
 新刊でも、うん万円なんて、ザラだもんね。
 そんな高い本、学生には手が出ません。
 けど、やっぱ手元にあったほうが、勉強がはかどる。
 そこで、古書店の登場ということになるわけでございます。
 中には、卒業するときに、専門書、売ってく学生さんとかもいたんでしょうね。
 なにしろ、現在今日に比べれば、本は高価なものであり、学生さんにとっては、それこそ財産価値があるものだったのであります。
 今でもね、神保町いくと、しろーとには意味不明の、分厚い専門書がたくさん積み上げてあります。
 この世で、神保町にだけ、そうした中古専門書の需要があるんでしょうね。
 まさに、独特の世界を持った街でございます。

 てなわけで、今日はここまでです。
 明日は、神保町を実際に歩いていようかと思ってマス。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-28 13:16 | 読むラヂオ

今日はテディベアの日なので、テディベアのハナシ。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて本日、10月27日は、テディベアの日なんですね。
 なので、テディベアのおハナシなど。
 先ず、なんで本日が、テディベアの日なのかというおハナシから。
 時は、1902年 明治35年の秋のことでございます。
 当時の、アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトさんが、趣味のクマ狩りに出かけたんだそうです。
 ところが、獲物を仕留めることができない。
 そこで、同行していたハンターが、年老いたクマを追い詰めて、最後の一発を、大統領に撃つよう、頼んだんだそうです。
 けど大統領、「瀕死の熊を撃つのは、スポーツマン精神にもとる」と言って、撃たなかった。
 これを、一緒にいた新聞記者が、挿絵入りで、ワシントン・ポスト紙の記事にしたんですって。
 その頃、アメリカには、ドイツの、あの有名なシュタイフ社のが作った、クマのぬいぐるみが、たくさん輸入されてました。
 また、大統領のエピソードに触発されて、クマのぬいぐるみを作り始めた、アメリカのメーカーもあったとか。
 大統領のクマ撃たずのエピソードと、くまのぬいぐるみのブームが、重なっちゃったというか、にわかクマ人気状態になっちゃったんですね。
 そこで、セオドアさんの愛称・テディをとって、クマのぬいぐるみが、テディベアと呼ばれるようになったんだそうです。
 と、ここまで話して、最初の問いを忘れてた。
 このエピソードから、セオドア・ルーズベルトさんのバースデイである、10月27日が、テディベアの日となったのだそうであります。
 ってことは、なに、テディベアって、商標じゃないんだ。
 テディベアという言葉を最初に使ったのは、新聞記事だった。
 ほいで、そのエピソードから、みんながクマのぬいぐるみを、テディベアって呼ぶようになったんだ。
 ほよぉ〜っ。
 ってことは、クマのぬいぐるみなら、どれでもテディベアなんだ。
 決まったカタチとかなんとか、ないのでございますか。
 へ〜え、そうなんだ。
 じゃ、誰かが、超リアルな、あんまし可愛くないクマのぬいぐるみ作っても、テディベアなわけ?
 作った当人、ないしは持ち主が、テディベアだと言えば、それもテディベアなのか。
 う〜む。なんか納得でけん。
 けど、やっぱし今も、シュタイフ社の、あの愛らしいぬいぐるみが、テディベアの定番でございます。
 左耳にタッグがついてるのが、シュタイフ社のテディベアのしるしなんだよ。知ってた?
 可愛いです。愛らしいです。なでなでして、だきだきしたくなります。
 でもって、男子が持っても似合う、数少ないぬいぐるみであります。
 有名なとこでは、エルビス・プレスリーとか、ソムリエの田崎真也さんもマニアなんだとか。
 けど、飾っとくだけにしてくださいね。
 だきだきしてるとこは、あんまし見たくないような・・・。
 男子が似合うっていっても、本来、やっぱ、プレスクールどまりだよね。
 小学校も高学年の男子が、テディベア抱いてたりすると、なんか少女マンガのクセのある登場人物のような気がしてまいります。
 その点、女子はいいですよね。いくつになっても、ぬいぐるみだきだきしても、似合います。
 きゃりーぱみゅぱみゅがぬいぐるみ抱いてる図なんて、ジャストじゃございませんか。
 ざまみろ、男子。
 女子なら誰でも、お気に入りのぬいぐるみのひとつやふたつは持っているものでございます。
 おっきくなって、処分時になっても、鳴いて騒いで、処分から救出したぬいぐるみ、ありますよね。
 でもって、名前なんかつけちゃったりしてさ。
 けど、そんな中、誰もが同じ名前で呼んでいるのは、テディベアだけですもんね。
 なんか、あいつだけ特別待遇なんだな。
 そういえば、1926年 大正15年に発表された、AAミルンさんのあの名作「クマのプーさん」も、息子さんが持っていたテディベアから思いついたんですって。
 歴史の厚みってヤツか。
 もっとも、プーさんはプーさんで、ディズニー・キャラのひとつとして、ぬいぐるみも、テディベアとはしっかりはっきり区別された黄色い存在になってますケド。
 ま、そんなこんな、テディベア持ってるヒトは、今日がテディベアの日だってこと、覚えてね。
 え? 知ってた?
 こりゃ失礼いたしました。

 はい、本日は、テディベアのおハナシでございました。
 ほいでね、今日から読書週間なんだよ。
 そんなわけで、明日からは、神保町のおハナシを、何回かつづける予定になっております。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-27 14:30 | 読むラヂオ

十月の歌舞伎座、昼夜とも見てきた。

 まいどっ。ちゃみでっす。
 今月の歌舞伎座は、17世勘三郎27回忌・18世勘三郎3回忌の追善興行でございます。
 18世勘三郎が、一昨年、57才の若さで亡くなった、みなさまもよくご存知の、勘三郎さん。
 17世は、そのお父さんで、戦後歌舞伎を支えた名優の一人であることも、みなさんきっとご存知ですよね。
 てなわけで、18世の息子たち、勘九郎・七之助兄弟を中心に、中村屋ゆかりの演目が並びました。
 しかも、その配役がすごい。
 昼からいきますよ。
 先ず、野崎村です。
 芝居のくわしい内容は、そのうち、歌舞伎にはどんなお芝居あるの? をシリーズ化するつもりなので、今回は省略。
 で、その主役である、百姓娘・お光を、七之助さんが初役で務めるのであります。
 元もと、17世も18世も、立ち役・女形、両方やるヒトだったわけですが、息子たちは、どうやら七之助の女形、勘九郎の立ち役という役割分担でいくようです。
 あ、でも、役によっては、勘九郎の女形もきっと見られるとは思うケド。
 そいで、七之助のお光。良かったでございますよぉ。
 ちょと驚きは、七之助が、父・勘三郎さんのお光とは、違う場所を目指しているように感じられたことでございます。
 女形として、なにか目指しているところがあるのかもしれません。
 ぜひぜひ、自分のお光を、創造してほしいものだと思います。
 でもって、所作ものがふたつあったあと、昼の最後は、伊勢音頭でございます。
 これまた、内容ちょと省かせてもらいます。
 こちらは、勘九郎さんが、主役の福岡貢。このヒトを、いわばハメてしまう意地悪な仲居・万野が、相手役なわけですが、これが、玉三郎さまでございます。
 ほいでね、貢の恋人・お紺に七之助、貢を助ける料理人・喜助に仁左衛門さんってゆう配役なんですよ、これが。
 本来、仁左衛門さん、貢をやるべき立場のヒトであります。こういう役者さんが脇に回ることを、歌舞伎通は[ごちそう]と呼びます。
 ほかにも、器量の悪い女郎・お鹿が橋之助さんなんですが、これなんかも、ごちそうだと思いますデス。
 蒼辰はなんと、かつて仁左衛門さんが孝夫を名乗ってたころに、ずばり孝夫・玉三郎で見てるんですって。
 で、この配役を見ていると、玉三郎さまが、七之助さんに、「ようく見とくんだよ」と言っているような配役でございます。
 その通り、っつうか、なんつうか、玉三郎さまの存在感は群を抜いておりました。
 もうホント、見られてよかったと実感できる万野でございましたデス。
 でもって幕切れ、真ん中に勘九郎さん、右に七之助さんを置いて、左に構えた仁左衛門さんのカタチの良さ。
 いいんですよねぇ、仁左衛門さん、なにをやっても。
 そして夜は、これまた大変。
 演目は、寺子屋でございます。
 またまた内容は省略しますが、[菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)]という、歌舞伎三大狂言にも上げられるお芝居の、中でももっともドラマティックな一幕であります。
 こちらが、主役の松王丸に仁左衛門さん、その女房・千代に玉三郎さま。寺子屋の主人・武部源蔵に勘九郎、その女房・戸浪に七之助。菅原道真の奥さまである園生の前が扇雀。いわば悪役の春藤玄蕃に亀蔵さんという、豪華配役でございます。
 でもって、その出来映えの、いやすんばらしいこと。
 見応えありました。
 そもそも勘九郎さんってマジメなので、自分の欲が前に出る役よりも、この源蔵さんみたいに、ぐっと耐える役のがいいのかもしれません。今のところは。
 それにしてもよかったですよぉ。
 幕切れ、仁左衛門・玉三郎+勘九郎・七之助・扇雀とそろった舞台は、贅沢そのもの。
 いや、すんばらしかったでございます。
 そして夜の最後は、三島由紀夫作の「鰯売恋曳網(いわしうりこいのひきあみ)」(ホントは正字なんだけど、ご勘弁を)という世話狂言です。
 お話は、おとぎ話みたいな内容でね、笑いもアリの、楽しいお芝居です。
 これが、上演記録を見ると、なんと、17世と18世、二人の勘三郎さんしか上演してないお芝居なのです。
 当然、主役の猿源氏を務めてます。
 で、その相手役の傾城・蛍火を、17世の相手は6世歌衛門・・戦後最高の女形として、大成駒と呼ばれた名優です・・だけが。そして18世には、玉三郎さましか務めていないという役です。
 いわば、勘三郎という役者が独占してきたお芝居。
 そんなお芝居に、勘九郎さんが猿源氏、七之助さんが蛍火という配役で挑むのであります。
 出来映えは・・・上々でしょ。
 ノリの軽い、面白いお芝居だったし、勘九郎さん、七之助さん、ともども、先ずは手堅いデキだったように思います。
 けど、このお芝居、まだまだいじれそうな気がする。
 勘九郎さん、もっともっと自分のモノに、自分の演出にしたら、さらに面白くなるのでは? と感じましたです。
 それにしても、勘九郎さんと七之助さん、お父上を思いがけず早くに亡くしたのは不幸だけれど、でも、恵まれてますよね。
 追善公演にも、仁左衛門さん、玉三郎さまをはじめ、弥十郎さんや獅童さん、などなど、いつも、中村屋の芝居に参加している手堅い脇に恵まれてるんですもの。
 これからも、中村屋さんのお芝居、目が離せません。
 あ、あとふたつ。
 伊勢音頭では、90才を越えた小山三さんが、万野ならぬ千野という意地悪な仲居役で登場してました。
 お元気です。
 鰯売りのほうでは、巳之助・新悟・児太郎・虎之助・鶴松の5人が、蛍火の妹分にあたる傾城で登場してました。
 みな二十代ですよ。虎之助なんて、まだ16かそんなもんですよ。
 新悟はともかく、巳之助の女形、珍しいですよ。
 そんなところ、大ベテランから、若手までそろっているのも、中村屋のお芝居の魅力なんですよね。
 あ〜〜、NYでやったんなら、こっちでもやってほしいっ、平成中村座っ!

 てなわけで、本日はここまでです。
 え〜と、来週は読書週間というわけで、なんか神保町のハナシでもしようかと、蒼辰が言ってます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-24 13:40 | 読むラヂオ

席に着いてから、開演まで。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて今週は、歌舞伎のハナシしてます。
 おとつい、切符をゲットして、昨日、ようやく歌舞伎座の中に入りました。
 そして、開演5分前のブザーとともに、席に着いたとこでございます。
 席は、三階A席ってゆう設定ね。
 さて、席に着いたとこで、場内を見渡してみましょう。
 先ずは、どこがなに席か、確認ね。
 一階桟敷とか、二階の袖席とか、どこだか分かった?
 あと、振り向くと、上の方にあるのが、三階B席と、一幕見席だよ。
 新歌舞伎座になって、三階、以前より格段に見やすくなりました。
 とりわけB席のほうね。前の時は、薄暗いし、天上低いし、舞台もすんごく遠く感じられたんだ。
 けど今は、明るいし、座席も立派になったし、なにより、舞台をはるか遠くに感じることがなくなりました。もちろん、音響もよくなってて、台詞が聞こえないこともありません。
 そいで4000円ですからね。
 数見たいヒトには、三階B席、オススメかもしれません。
 実際、お一人様が多いんだ。d0287447_16354842.jpg

 そいでも、やっぱし三階で見るときは、オペラグラスか、ちっちゃい双眼鏡、必須かもしれません。
 実は、三階の売店でも買えるので、その写真、のせときますね。
 さて、場内のことはこんなもんにして、舞台を眺めてみましょうか。
 舞台も、ふつうの劇場と、歌舞伎座とじゃ、違うとこ、いろいろありますね。
 先ず目に入るのは、誰でも知ってる歌舞伎の柄した幕でございますね。
 これ、定式幕といいます。
 上手側から、黒・柿色・萌葱の三色の縦縞になってますね。
 歌舞伎なんとか的なお菓子とかのパッケージにも、たいてい、この三色があしらわれてますよね。
 今日では、歌舞伎そのものを示す三色の縦縞になっちゃいました。
 でもね、江戸時代は、芝居小屋ごとに、違う色の三色縦縞の幕を使ってたんですよ。
 現在の歌舞伎座のものは、江戸・森田座の定式幕の色でございます。
 これ、明治の初めの森田座の座頭が、歌舞伎座が出来るときに、いろいろ取り仕切った名残らしいですね。
 ちなみに、国立劇場と大阪・新歌舞伎座は、黒・萌葱・柿色、の順番になる、江戸・市村座の柄になっております。
 でもって、三階からは見にくいんですが、舞台上手よりから、一階の後ろのほうに向かって、通路みたいに伸びてる舞台がありますね。
 はい、花道でございます。
 花道がある。これ、歌舞伎舞台の最大の特徴でございますね。
 もとは、お能の橋がかりをマネしたとも言われてます。
 お能の橋がかりは、舞台という異界への通路ですが、歌舞伎では文字通り、花道。
 登場や退場の際に、座席に近いところで、たっぷり役者を見せるための装置でございます。
 そういう意味じゃ、アイドルのライヴで使うエプロン・ステージと気持ちは似てるかもしれない。
 とか言ってると、ちょ〜んと柝の音が聞こえてまいりました。
 柝は、要するに拍子木のことですね。
 お相撲や、あと火の用心とかでも使う、あの拍子木です。
 けど、心なしか、歌舞伎座の柝の音が、いっちゃん、澄んだ、よく通る音をしているような気がいたします。
 ちょ〜ん。開幕数分前から、間を置いて聞こえてきてますね。
 これ、もともと、江戸時代の芝居小屋で、もうすぐ開演だぞ、準備はいいか、と、各部署に知らせる合図だったんだそうですね。
 打っているのは、狂言作者でございます。
 昔の本書くヒトは、柝も打てなきゃいけなかったんですね。
 今でも、キホン黒衣姿の、この柝を打つヒトのことを、狂言作者と呼んでおります。
 ケド、今日では芝居の台本を書くわけじゃない。ま、舞台監督的な立場のヒトでございます。
 やがて、ちょんちょ〜んと、ふたつ、柝がなります。
 柝頭といって、いよいよ開演しますよという合図です。
 これを合図に、下座が演奏をはじめます。
 いよいよ開演ムードは最高潮。
 やがて柝が、ちょ〜んちょんちょんちょんちょん・・と、間隔を短くしながら連打されると、それと同時に、上手から下手へ、幕が引かれます。
 そうそう。幕を上げるんじゃなくって、横へ引くのもまた、歌舞伎独特でございます。
 さて、いよいよ幕が開きました。
 と、今回の歌舞伎のおハナシは、ここまでです。
 次回は、11月中のどっかを予定してます。
 どんなお芝居があるの? というおハナシになると思います。
 これ、きっと長いから、何回かに分けようね。

 てなわけで、本日はここまでです。
 明日は、今月の歌舞伎座の観劇記でございます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-23 13:35 | 読むラヂオ

では、歌舞伎座に入りましょう。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さぁて、今週の歌舞伎のハナシの2回目でございます。
 昨日、チケットをゲットしましたからね、本日はいよいよ、歌舞伎座に行こうっ! で、ございます。d0287447_1653813.jpg

 歌舞伎座の最寄り駅は、日比谷線・都営浅草線の東銀座でございます。
 でも、銀座から歩いても、大したことないですよ。
 ちょうど三越のとこにある銀座線に近い出口からなら、徒歩数分。地下通路からも行けます。
 あと、大江戸線の築地市場駅の、朝日新聞に近い出口からでも、徒歩5分強程度です。
 ってか、銀座って、歩ける街なんだよね。
 端から端まで歩いても、不思議と、新宿ほど疲れません。
 そんなこたどうでもいいや。
 かぶきざかぶきざ。
 新歌舞伎座になって、いろいろと変化がありました。
 そのひとつで、大きな変化と言ってもいいのが、日比谷線から上がった改札の目の前に、木挽き広場の入り口があることでございます。
 なんせね、改札出て、目の前の、広くて明るい、ほんの10メートルばかりの通路を抜けると、そこがもう歌舞伎座地下の木挽き広場なのでございます。
 通路も、両側、歌舞伎関係のポスターだったりと、もう、改札出ると、すぐ歌舞伎気分。
 これ、よいです。
 おっと失礼、[木挽き広場]ではなく、[木挽町広場]でした。お詫びして、訂正します。
 ここ、昨日もちょっと触れましたが、歌舞伎関連グッズのお店などが並んでいる、誰でも入れるスペースです。
 でも、もう、歌舞伎座の一部っていってもいいですよね。
 前の歌舞伎座の時はね、場内1階にお土産コーナーみたいなスペースがあったんだけど、それが、切符がなくても入れる、フリースペースとなりました。
 もちろん、以前よりうんと広いです。
 あ、ちなみに、木挽町広場という名前は、歌舞伎座があった場所の、元の地名に由来しております。
 ここ、木挽町だったんですね。
 江戸城の大工事のとき、木挽き、すなわち、材木を切り出すヒトたちが多く住んでいたことからついた町名です。
 江戸時代の町名って、ゆかしい感じがしますよね。
 でもって、木挽町広場には、お弁当やさんもあります。セブンイレブンもあります。タリーズもあります。
 なので、入場する直前に、ここでお茶やお弁当を買うこともできます。
 あ、長くなってきた。入ってすぐ右手のエスカレーターに乗って、地上に出ましょう。
 そこはもう劇場前の広場です。
 ここにも、新歌舞伎座になって、変わったことがあります。
 お外に、ちっちゃなテントとテーブル出して、イヤホン・ガイドの貸し出しを行っているのです。
 つまり、場内に入る前に、イヤホン・ガイド、ゲットできるのです。
 まぁね、開演前のロビー、混雑するからね。
 イヤホン・ガイドは、台詞がちゃんと聞けて、合間に、解説が入るというものです。
 なるほど。歌舞伎理解の助けになります。
 でも蒼辰は、最初のころころ、イヤホン・ガイドなしで見て欲しいと言ってます。
 説明も解説もナシで、見たまま、感じたままの歌舞伎を楽しんでほしいからなんだって。
 それで、面白い、もっと知りたいと思ってからでもいいんじゃないか、と。
 ナルホド。それもひとつの考えだね。
 ほいでわ、場内に入りましょう。
 正面玄関から、ふつうに切符、もぎってもらって、入ります。
 開場のころ、テレビやなんかで、絨毯も豪華みたいなリポートやってましたが、たいてい、混雑してて、そんなもん味わう空間はありません。
 で、入ってすぐの左右に、筋書き売り場があります。
 イヤホン・ガイドをすすめなかった分、筋書きは買いましょう。
 上のほうの写真が、筋書きです。
 要するに、プログラムというか、ガイドブックというか、そういうモノです。
 歌舞伎では、筋書きと呼びます。
 けっこう分厚いんだ、これが。
 で、その月の上演演目の解説やあらすじ、配役。さらに、演目関連のエッセイや、役者さんのちょっとしたインタビューなどもあります。
 これ、役立ちますよ。
 とくに最初のうち、あらかじめあらすじを読んでから、お芝居を観る、というのもひとつの方法かもしれません。
 一階には、ほかにイヤホン・ガイドと、字幕ガイドというものの貸し出しコーナーもあります。
 字幕ガイドってね、前の席の背中にひっかけて、液晶画面の台詞や解説が読めるというものです。
 これまた新歌舞伎座の目玉だったんだけど、どうも、人気、イマイチのようです。
 だって、使ってるヒト、滅多にみたいもん。
 気になるヒトは、一度、試してみてください。
 ちゃみも蒼辰も、使ったことないので、それ以上はよく分かりません。
 あとね、食堂で食べたいヒトは、一階に予約コーナーありますから、そこで必ず予約入れてください。
 休憩時間には、テーブルにあなたの名前の札が立ってて、すぐ食べられるように支度されているはずです。
 さて、本日は三階席なので、エスカレーターで三階に上がりましょう。
 エスカレーターも、新歌舞伎座になってから。お年寄りには大助かりの設備です。
 三階に上がると、ここにも売店、あります。
 新歌舞伎座になってから、めで鯛焼きという鯛焼きが名物として売られているのですよ。
 これ、三階だけ。一階席ばかりのヒトは、知らないかもしれない名物です。
 いちおう、弁当も売られてるし、飲み物も、アルコール類含めて売ってます。自販機もあります。
 なので、手ぶらで入っても、飢えたり、水分不足になったりすることはありません。
 ただし、食べモノは、高いよ。
 あと、女子トイレが、入り口と出口が別の、一方通行方式になりました。
 どしても、女性客多いから、女子にとって、トイレは問題のひとつなわけですが、かなりスムーズになったと思います。
 あと三階には、下手側袖席への出入り口近くの通路壁に、戦後亡くなった名優たちの写真パネルが飾られています。
 オールドファン的にはね、どこまで見たことあるヒトか、なんて数えるのも一興でございます。
 そして、左から古い順に並んでいるその顔写真の、いっちゃん右に、18世勘三郎と12世團十郎の写真があることは、歌舞伎ファンの一人として、さみしく、そして、口惜しく感じられるのでございます。
 おや、場内にブザーがなりました。
 いわゆる予鈴、開演5分前を告げるブザーです。
「開演、5分前でございます。お早くお席に着くようお願い申し上げます」と、アナウンスの声もせかしています。
 では、席に着くといたしましょうか。

 ふぁい、本日はここまでです。
 明日は、いよいよ場内に入って、開演前の舞台や場内のようすを眺めてみることにいたしましょう。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-22 16:05 | 読むラヂオ

歌舞伎のハナシ・チケットを取ろう。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて今週は、歌舞伎座に行こう! で、ございます。
 最寄りの駅は東銀座だよね。そうすっと、都営浅草線か日比谷線だから、どこで乗り換えて・・って、電車乗るのわ、まだはや~いっ。
 劇場行く前に、チケット取らなきゃダメじゃないっすか。
 そりゃ当日券もあるけど、近ごろはごく少なくなってます。なので、いい席を取るのはむつかしいです。
 ただし、当日に直接行くしかない席もあるのですが、それについては、またあとで。d0287447_1136618.jpg
 というわけで、本日は、先ず、チケットを買おう、でございます。
 チケット、席によって何種類かあります。
 先ず、一等席。たいてい、18000円です。ちょとお高いです。
 一階のほとんどと、2階のほとんどが、一等席です。
 つぎが、2等席。14000円です。
 一階の後ろのほうと、二階の後ろ、ほんの数列ばかなんだよね。
 この4000円の差、微妙です。
 どうせなら、一等のがいいかな。
 そして三階に行くと、三階A席と、後方の三階B席がございます。
 A席が6000円、B席が4000円です。
 かなりリーズナブルでしょ。
 ただし、デメリット、あります。
 花道が見えないんです。
 それでも、新歌舞伎座になってから、俗に七三って呼ぶ、花道上の、よく演技する場所は、見えるようになりました。
 それでも、勧進帳の飛び六法の引っ込みとか、助六や髪結い新三の出のとこなんかは、見えません。
 演舞場とか、明治座とかは、近ごろ、袖席のいっちゃん奥に、花道モニターあるんですけどね。
 歌舞伎座には、ありません。
 どうしてなんでしょね。
 ケド、このリーズナブルな三階席は、通の席、と呼ばれております。
 通は、三階で見るもの、と歌舞伎ファンの間では言われております。
 あの、「おたぁやっ」とか、声をかける大向こうも、三階B席に陣取っております。
 前はね、ホントに通っぽいヒトが多くって、気軽に話しかけてくれたり、観劇の仕方の参考になったりしたものなのだそうです。
 新歌舞伎座になって、ちょとそういう空気は薄まったようでございますが、それでも、通の席。
 おもろいのわ、三階B席の、いわゆる角席、通路に面した席は、ほぼお一人様が占拠してます。
 分かる?
 お一人様にとっては、出入りがしやすい角席のがい~のです。
 あと、ふつうの劇場とちょと違うのわ、両サイドの、ふつうは壁になってるとこにも、席があることです。
 ここ、一階は桟敷席といいます。
 お値段、20000円です。お高いです。
 その分、前にはテーブルがあります。お茶が出ます。さらに、特製弁当も、注文すれば持ってきてくれます。
 座席でお弁当を食べることの多い歌舞伎座で、席にテーブルがあるというのわ、ゆっくり食べられるということです。
 これは、とても気持ちよいです。
 しかし、舞台を横から見ることになります。
 見にくいじゃないか。そんな席が、なぜ高いんだ、と思った?
 ここにも、歌舞伎の伝統があります。
 江戸時代から、この横手の壁にあたる場所には桟敷席があり、そこが一番お値段の高い席だったのですね。
 なんでかってゆうと、桟敷ひとつひとつに仕切りがあって、独立性があるからなんです。
 知らないヒトと、至近距離にならずに見られる。
 なので、武家とか、大店のお嬢さまとかは、桟敷で見るものだったのですね。
 今でも、一階桟敷の下手、花道に近いところは、いわば[見られ席]です。
 ほら、オペラ座とかにもあるでしょ。社交界の方々が、着飾って席に着くような席。
 なので、気張って一階桟敷を取ったときには、やはりお着物で出かけたいものだと思います。
 その上の二階席にも、桟敷風の座席があります。
 ただし、二階から上は、桟敷じゃなくって、袖席と呼ぶのが、ふつうのようです。
 新歌舞伎座は、二階の袖席が、二列になりました。
 前の列は、一等席のお値段ですが、ここもテーブルあるし、お弁当は食べやすそうです。
 後ろの席は、二等席と同じお値段で、テーブルありません。
 さらに、三階の袖席は、三階Aと同じお値段です。
 三階袖席の上手側、つまり舞台に向かって右側、歌舞伎では東の袖と呼びますが、ここは、三階でそこだけ、花道が見えます。
 なので、11月、染五郎が初役で勧進帳の弁慶を務める夜の部は、東の袖から売れてました。
 みなさん、よく知ってます。
 場内見てるとね、二階桟敷、以外と穴場かもよ。
 なんかのときに、二階桟敷の切符、取ってねっ、蒼辰。
 さて、席の概要が分かったら、つぎ、どやって買うか、でございます。
 歌舞伎座の地下、今、木挽き広場という、歌舞伎関連グッズのお店がたくさん並んだ賑やかなスペースになってます。
 ここの隅っこに、前売り券売り場がございます。
 当日券も、ここで買えます。
 けど、切符買うのだけに、歌舞伎座までゆくのも・・というアナタ、電話予約も可能です。
 さらに、近ごろはちゃんと、ネットからでも予約できます。
 蒼辰は、ほとんどネット利用です。
 だって、座席表に空席が表示されて、そこから選べるし、チケットも郵送してもらえるのです。
 便利です。
 うん、切符の取り方についてはこんなもんかな・・と思ったら、もうひとつありました。
 これ、歌舞伎座だけなんですが、一幕見席というものがございます。
 席は、三階B席のさらに後ろ。まさに天井桟敷です。
 ほいでね、だいたい三本立ての歌舞伎興行の、そのうち一幕だけしか、見られないのです。
 なので、一幕見席。
 通はたいてい[まくみ]と呼んでますケド。
 ここは、常に当日券のみ。それも、入場前に売り出します。
 なので、その日に行って、少し前から並ぶしか、ここで見る方法はありません。
 ね、ちょと通っぽいでしょ。
 お値段は、上演時間によって変わるようです。
 おおよそ、千数百円から二千円前後だと思うよ。
 その幕だけ、どしても見たいときには、手間のが大変そうな、お安い値段で歌舞伎が見られます。
 一度、トライしてみたら。
 あ、チケットのお値段ね、だいたい、紹介したお値段なんですが、ときどき、高くなったり、安くなったりします。
 高くなるのは、誰かの襲名披露とか、特別なときね。
 安くなるのは、8月の三部興行のときなどです。
 前売り買う前に、確認してね。
 さ、切符を取ったら、いよいよ劇場にまいりましょう。
 てなわけで、明日は、歌舞伎座に入ったら、でございます。

 はい、今日はここまでです。
 今週はこんな調子でやっつけます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-21 11:36 | 読むラヂオ

リンゴもらったので、リンゴのハナシ。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて本日は、リンゴもらったので、リンゴのハナシです。d0287447_1342668.jpg
 これ、産地から送ってもらったのを、分けてもらったものなので、とっても新鮮です。
 食べたけど、とっても爽やかで、おいしいリンゴでした。
 それもその筈、今が旬なんですよね。
 リンゴって、あまりに当たり前で、あんまり季節感って感じないけど、この時期のものなんですね。
 なんで?
 長期保存の技術が発達したから。
 あ、なるほど。
 リンゴと言えば、長野と青森です。ほとんど、っつうか、すべて、国産の食べてます。
 んじゃ、元もとニホンにあったのか、って改めて言われると、ありゃ? って、なりません?
 昔っから、あることはあったみたいです。
 平安時代の書物にも、リンゴ、出てくるんですって。
 ただ、当時のリンゴは、ちっちゃくって、主に、仏前の供え物だったみたいですね。
 なにしろ、大きさ3〜4センチってゆうんですから、姫リンゴみたいなもんか。
 供え物にしたあとは、食べてもいたみたいですけど、昔のヒトがリンゴ食べてるってイメージ、あんまりないよね。
 今みたいなリンゴが栽培されるようになったのは、案の定、明治以降のことでした。
 なんでも、明治のはじめに、アメリカから苗木を持ってきたのが始まりだとか。
 その後、ニホン国内でさまざま品種改良され、今では100種類近いリンゴが作られているそうです。
 中で代表的なのが[ふじ]でございます。
 青森生まれのこのリンゴ、なんと、現在、世界でもっとも多く生産されているリンゴの品種なんだそうですよ。
 すごい。
 ニホンのリンゴ、外国で人気あるみたいですもんね。
 ニホンの農家は、おいしい果物を作るのが、とっても上手なのであります。
 ただし、本格的な栽培が明治以降のせいか、昔ばなしとか伝説とか、そういうとこにはあまり登場しませんね。
 そっち系は、やっぱり外国、それも西洋が多いです。
 ほれ、なんたって、アダムとイヴが楽園を追放されるきっかけは、知恵の実=リンゴを食べることがきっかけではありませんか。
 ギリシア神話では、黄金のリンゴをめぐる争いが、ついにはトロイア戦争につながってしまうのです。
 あと、白雪姫の毒リンゴか。
 こうしてみると、リンゴ、西洋ではずいぶん昔から食べられてたみたいですね。
 なんでも、トルコでは、紀元前6000年の炭化したリンゴが発見されてるんですって。
 そしてスイスでは、紀元前2000年のリンゴの化石がめっかてるそうです。
 ひょえっ、すんごい昔だ。
 ってことは、人類文明のはじめごろから栽培されていた果物のひとつなんですね、リンゴ。
 う〜む、すると、原始時代の、狩猟採集してたころにも、野生のリンゴ食べてたのかな? かなり可能性高いな。
 そう思うと、リンゴ食べながら、ジンルイ数万年の歴史に思いを馳せてみたくなります。
 って、ちょと大げさか。
 ま、でも、スイカと並んで、世界中で食べられている果物のひとつですよね。
 アメリカでは、グリーン・アップルというと、青春を意味するんだそうです。
 爽やかな甘酸っぱさが、青春を連想させるんですね。このあたりの感受性は、世界共通のようでございます。
 あと、ロシアの昔ばなしには、砂糖漬けのリンゴが出てきたような記憶があります。
 ロシア、冬寒いから、果物は砂糖漬けにするんだよね。
 もっと煮こんじゃえば、ジャムですが、まちっと、カタチが残っているのだと思います。
 現代ですと、ビートルズのアップル・レコードと、ジョブスがビートルズ・ファンだったアップル・コンピュータが、リンゴ・モティーフの代表格?
 アップルのリンゴは、ひとくちかじられてます。
 あれ、噛むのbiteと、記憶素数のbyteをかけてあるんだそうですね。
 ジョブスって、シャレっけもあったのか。
 そんなわけで、世界中で食べられているリンゴですが、暑さに弱いんです。
 なので、熱帯の国々には、ない。
 あっても、輸入品なので、高いです。
 シンガポールのスーパー行くと、分かります。
 けど、シンガポールのスーパーで、ふじ買って食べるってのも、どうよ、ですけどね。
 タビビトは、やっぱその土地のもの、たとえばドリアンとか食べてください。

 てなわけで、本日はごくまとまりのないリンゴのハナシでした。
 明日からは、歌舞伎のハナシ、3回くらいすることになってます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-10-20 13:04 | 読むラヂオ