excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


明日はクリスマスイヴ!

d0287447_18214798.jpg

 初めて[知ってる?]っぽい記事をBlogに上げようと、蒼辰が言っております。
 どんな[知ってる?]なんですか?

 ん? クリスマス・イヴってなぁ〜に? ですか。
 んなもん、前夜祭でしょ。明日はX'mas。前の日からぱぁ〜っと盛り上がろうってことじゃないですか。

 日本のお祭りにもあるでしょ。宵宮って。
 前の晩からお祭り気分にひたりたいのは、万国共通なんですよ、きっと。

 え? 違うの?
 どこが違うんですか?

 古代・・(来たよ、歴史好き蒼辰)・・ヨーロッパの人々は、日の入りを一日の終わりとしていました。
 ほうほう。
 日没で一日が終わるんですね。んじゃ、夜は?
 翌日の始まりなんだ。
 ってことは?

 日が落ちて夜になると、もう翌日のX'masの日になっている。
 そこで、夜になると、X'mas eveとして祝うようになった。

 へ〜え、そうなんだ。
 ってことは、X'masって、前日の日没から、翌日の日没までってこと?
 あ、そうなんだ。

 eveは、eveningと同じで、夜っていう意味。
 即ち、X'mas eveは、前日の夜のことなんですね。
 朝から晩までeveじゃなかったんだ。

 ほんじゃ日本のお祭りの宵宮もいっしょ?
 ちょと違う。
 どう違うんですか?




 宵宮は、本来、神さまに引っ越ししてもらう儀式です。
 はぁ? どこに引っ越すの?
 お祭りする場所。ん?

 例えば、三社祭で、お神輿を各町会の神酒所に運ぶことを、宮出しっていうでしょ。
 反対に、お祭りが終わって、お宮に戻すことを宮入りと言います。

 どちらも、夜にやるんですね。
 どうも、日本の神さまというのは、夜、暗いときにやって来たり、去って行ったりするものらしい。

 そのため、お祭りのために、前夜、神さまをお迎えする大切な儀式が宵宮だったのです。
 決して、景気づけの前夜祭ではありません。
 失礼しました。

 けど、大晦日におせち料理食べる地方があるでしょ。
 ありますあります。ちゃみの友だちにも、田舎では大晦日におせち食べるってヒトいたわ。

 あれは、西洋古代といっしょなんだ。
 日が落ちると、その日は終わりで、夜はもう次の日が始まっている。

 だから、大晦日の日が暮れれば、もうお正月。
 歳神を迎え、祝うために、大晦日の夜におせちを食べるのか。
 ふぅ〜ん。

 しかし、時代を下って、江戸時代には、一日の始まりは朝でした。
 はん? ってことは、夜は?
 夜明けまでは、まだ前の日。
 ふぅ〜ん。

 すると、こんなことが起きちゃうのね。
 大晦日、掛け売りの店の手代は、掛け取りに忙しいです。
 ほら、昔は、米でも味噌でもお酒でも炭でも、み〜んな掛け売り、つまりツケで売ってたのね。
 で、その代金の回収日が、年末。

 そこで、代金を貰いに、お得意さん回りをするんだけど、中には、払えない、または払いたくないヒトもいるわけ。
 けど、取る方も、年内に取らなくちゃいけない。

 そこで、
「少しでいいから入れてくださいよ」
「ないものは、ないっ」
「んなこと言わないで」
 なんていう問答を、夜中過ぎてもやってる。

 渋い客にはしつこい手代。
 この攻防が夜っぴてつづくんだけど、やがて夜が明ける。
 夜が明ければ、次の日の始まり。つまり元旦。

 お目出度いお正月に、お金のやりとりはしません。
 明け六つの鐘が鳴ると、しつこい掛け取りも、すぅ〜っと引き上げたんだとか。
 さすが江戸っ子です。

 しかしさ、よく考えてみると、これは灯りの進歩ですね。
 つまり、近世以前、灯りが乏しかった時代は、日が暮れて夜になると、もう寝るっきゃない。
 だから、日没で一日が終わる。

 けど、近世になって、灯りが豊かになる。
 すると、大きな町ではだんだん宵っ張りになる。
 江戸も中期になると、朝まで営業する飲み屋があったっていいますからね。

 そうなると、朝が一日の始まりのが、フィットする。
 今でもそうだよね。終電過ぎたからもういいやって、そのまんま飲んでて、夜が明けちゃうと「あ〜、次の日になった」って思うものね。

 いえ、ちゃみはしませんよ、そんなこと。
 蒼辰の経験ですよ、蒼辰の。

 さて、これで分かりましたね。
 はぁ?
 つまり、朝を一日の始まりと感じる現代では、eveが前夜祭になっちゃうのも、しょうがないんですよ。

 って、そこが結論?
 ま〜さ〜、騒ぎたい季節ではあるけどさ。

 でも、クリスマスとお正月、一年のビッグイベントが2週連続するニッポン国。
 タマにはさ、ゲンシュクに過ごしてみるのも、悪くないかもよ。

 X'mas eveと大晦日。
 元々はどんな日だったかに思いをいたし・・ちゃったら、思いっきり楽しもうzey!
[PR]
by planetebleue | 2012-12-23 18:25 | 読むラヂオ
<< 電子書籍はタブレットで読めるか? とざいとぉざい こぉ〜じょ〜〜っ! >>