excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ピレッリさん、やりすぎじゃね?

 F1ウィーク明けの月曜日でございます。
 見ました?

 近頃のF1って、むつかしいです。
 TV見てても、かなり集中力いるし、頭使います。
 理解できました? 昨日のレース。

 というわけで、F1第3戦中国GPの観戦記でっす。

 すべては、ピレッリさんですよね。
 開幕戦のとき、レースを演出するピレッリと公平性を重視したブリヂストン。考え方の違いが面白いけど、ピレッリ流もあり、と書きました。
 ええ、書きましたとも。

 けど、上海・上の字サーキットの予選・決勝見てると、ちょとやりすぎじゃね? って感じがしちゃいました。
 問題は、あのソフトタイヤってことになるのかな?
 おいしいのは2ラップくらいで、4ラップぐらいからミディアムより遅くなるって、どお?

 その結果、各チームともタイヤの温存に走り、Q1の前半半分と、Q3の残り5分以外では、だ〜れも走ってないという状況になっちゃいました。
 これ、どお?

 お金払って見に来てる観客は、限界まで攻める予選アタックが見たいわけでしょ。
 あんなにみんなが様子見して走らない予選なら、TVで見ててもどころか、タイミングシート眺めてたって同じじゃない。

 こういうこと、タイヤとサーキットと天気の兼ね合いで、ときどき起こるんだけど、今回の場合は、兼ね合いじゃなくって、やぱピレッリのせいでしょ。
 ちょと考えてもらいたいものだと思います。

 そしてレースも。
 ソフト・スタートとミディアム・スタートで戦略が違うもんだから、実質どういう順位なのか、すぐ分かんなくなっちゃいました。
 ホント、見てる方も頭使うレースでございましたですね。

 解説の河井ちゃんの手元には計算機があるんだろうか。ホント、河井ちゃんで良かったと思ったオールドファンは多いはず。それとも、混乱見越しての起用なら、フジTVヒット。

 でも、はっきり分かったことがひとつ。
 最初のピットインまでで自分のレースにしちゃったアロンソの、レースメイクのうまさでございますですね。

 アロンソのオーバーテイクは、しゃにむに無理やり前に出ようとしてるわけじゃない。今、ここで、こいつを片づけると、片づけないと、レースがどうなるか、ちゃ〜んと分かってやってる感じが、見ているほうにもびしばし伝わってくるのでございます。
 はい。はっきり言って、アロンソふぁんにはたまらないレースでございました。

 そして、ハッキネン・ハミルトンと、実力者がポディウムに並び、しっかりポイントを稼ぎました。
 ベッテルも4位。失うモノを最小限にとどめました。
 それぞれ、さすがでしたね。

 混乱したときほど、実力者が生き残るものなんでしょうね。
 そして、今シーズンがもし、去年並、あるいはそれ以上の混戦になると、失いそうなレースで5位とか6位でねばって得たポイントが、チャンピンを左右するかもよ。

 もっとも、混戦シーズンになるかどうかは、まだちょと分からないけどね。
 だってさ、ベッテル、けっこう順調に来てると思うよ。ヨーロッパ・ラウンドに入って、うまくかみ合ったら、手がつけられないかもよ。

 次戦は、再来週、バーレーンでございますね。
 楽しみでっす。
[PR]
by planetebleue | 2013-04-15 11:03 | 読むラヂオ
<< 箸の話・その2 iな話二題・その2 >>