excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


土用の丑の日なので鰻の話っ!

 まいどぉ、ちゃみでっす。

 どようのうし?
 なんっすか。週明けから、ウィークエンドにステーキでも食おうって話っすか。
 え? 違う?

 あ〜あ〜、土用の丑。
 そういや、あちこち幟だのポスターだのありましたっけね。d0287447_16142268.jpg
 そんなことなんで、鰻の話にしようと蒼辰が言ってます。
 ちゃみ的には、話より食うほうがいいに決まってます。
 え? 考えとく?
 わいっ。

 え〜、土用の丑に鰻を食べるという習慣には、平賀源内さんがからんでいるというのは、わりと有名な話ですね。
 夏になると、江戸っ子が脂っこいものを避けるので、鰻が売れなくなる。
 どうしたものかと相談された源内さんが、[本日土用丑日]と貼り紙することをすすめ、その通りにしたら、鰻やさん、大層繁盛したというんですね。

 これだけだと分かりにくいけど、なんでも、昔は土用の丑の日に[う]のつく食べ物を食べると、夏負けしないという習俗があって、そこにひっかけたらしいです。

 実際、鰻は夏バテに効果があります。ビタミンA・B群が豊富に含まれているんだそうです。
 んでもって、ビタミンの存在なんか知らなかった昔の人も、ちゃんと鰻の夏バテ効果知ってたんですね。

 万葉集に、こんな一首があるそうです。

 石麻呂に吾もの申す夏やせによしといふ物そむなぎ取り食せ

 作者は、奈良時代の歌人・大伴家持さんです。
 石麻呂さんてヒト、痩せてたらしいですね。でもって、それ以上夏やせするといけないから、うなぎを食えと、そんなんで和歌できちゃうんだ。

 それはともかく、夏バテにいいと知ってはいたけど、江戸っ子は、夏に脂っこい物を嫌った。
 そこで、土用丑の日の[う]の字習俗に引っかけた。
 さすが源内さん。頭いいです。

 けど、鰻の旬って、秋から初冬なんですってね。
 冬越しのために脂がのるからなんだそうです。春物に比べても、夏の鰻は味が落ちるのだとか。

 そうなのか。
 なんだか鰻やさんと源内さんにしてやられた感じがしないでもありません。

 そういえば、クリスマスごろに鰻やでのんびり鰻食うのって、うまいっすよね。
 先ず肝焼きで熱燗をちょっと・・・。
 ひひっ。

 あ、ところでさ、土用の丑の日って、なんだか知ってた?
 そもそもなんの日だ、というわけで、調べて参りましたよ。

 中国の昔の自然哲学に、五行説というものがございます。
 万物は、木・火・土・金・水の5つの元素からなるという説でございます。

 そこで、季節にもこの元素を割り振りました。
 春が木、夏が火、秋が金、冬が水です。
 あり? 土は?
 残った土は、季節の変わり目に割り当てることにして、立夏・立秋・立冬・立春の直前18日づつを、土用と呼ぶことになったそうです。

 なんか、ちょっと、適当っぽいけどね。

 でもって、旧暦では、日々に十二支が割り振ってあります。
 はい、わかりましたですね。
 土用期間中の丑の日が、土用の丑でございます。

 だから、暦の上では、ほかの季節にも土用の丑の日はあるわけだ。
 けど、立秋前の、この夏の時期のヤツが、鰻と結びついて、あまりにも有名になっちゃったと、こういうことなんですね。

 どっちゃみちゃ、イベントとか、それに伴う食い物とかない限り、旧暦の[かのえみの日]とかいうの、どぉ〜でもいいっすけどねぇ〜。

 あ、失礼しました。
 え、さて、そんな土用の丑の日でございますが、鰻食べっときって、今、だいたい鰻重っすよね。
 あんまほかの食べ方しない。

 あの鰻重って、蒼辰もちゃみも大好きな、お芝居、歌舞伎に関係してるんですよ。
 文化文政期ごろ、1800年またぎくらいの時代です。
 資料によると、人形町のさる鰻やさんが、丼に鰻をのせて、タレの染みたご飯とともに売り出し、芝居町で評判になった、というんですが・・・。

 異説?
 ごめんなさい、ちょと資料なくて、誰か分からないんですが、当時の売れっ子役者さんが、楽屋で食べるのに、鰻が冷めないようご飯の上に乗せて、持ってこさせた、というお話が残ってます。

 蒼辰は、正しいかどうか別にして、こっちを信じてるらしいです。
 役者が先ずアイディアを出し、鰻やが売り出した、と。
 エピソードとしては、そっちのが愛着はわくのかも。

 だって、鰻重食べるたんびに、昔の歌舞伎役者の、楽屋の食事気分をちょっとだけ味わえるんだぜ。

 さ、んじゃ鰻食いに行こうよ、鰻。
 え? さんまの蒲焼きでガマンしろって?
 けぇ〜ちくせぇ〜っ。

 明日は、そうめんの話らしいっす。
 んでばまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-07-22 16:15 | 読むラヂオ
<< 夏なのでそうめんの話。 中国三大悪女の話・その3 >>