excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蓋碗で緑茶飲みます。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 え〜と、本日は、蓋碗でお茶を飲むそうです。
 蓋碗とゆうのわ、蓋がついてるお茶碗なので、蓋碗です。単純だ。あはは。
d0287447_12525721.jpg
 ああ、これね。
 これ、中国製の青磁です。ほの青いところが、とてもきれいです。
 でもって、もんのすごく薄いです。
 ぎゅっと握ったら、ぱりっといっちゃうんじゃないかとゆうくらい、薄いです。
 そこが、とっても上品な一品です。

 いわゆる、中国茶器の一種なんですが、中国の人が、み〜んなこんな茶器を使っているかというと、そんなことはないと思います。
 お茶そのものをゆっくり楽しもうとする、いわゆる趣味人だけじゃないでしょうか。

 じゃ、お茶注いでくださいな。
 え? 違うの? だって、お茶飲むお茶碗なんでしょ。
 そうなんだけど、蓋碗は、ここに茶葉を入れて、そいで直接飲むんだ。へ〜え。
d0287447_12533895.jpg
 じゃ先ず、茶葉入れます。
 茶葉は、西湖龍井です。
 西湖龍井は、中国緑茶の銘茶のひとつです。けど、そのわりに、香港の茶舗には、山と積んであります。
 それも一斤=600グラムの大きめのパックで、お値段は、まぁピンキリなんだけど、安い方は、明らかに庶民価格です。
 つまり、銘茶っていっても、結構、量の出ているお茶です。
d0287447_12535756.jpg
 そいでもって、お湯を注ぎます。
 分かりにくいけど、これ、ひたひたにお湯を入れた状態です。
 この状態で、蓋をして、しばし待ちます。
 いわゆる、葉が開くのを、待つわけですね。
 どんくらい? 緑茶の場合は、結構時間かけちゃってだいじょぶなんだ。
 ぬるめのお湯を入れて、2分とか3分待っててもだいじょぶ。へ〜え。

 蒼辰は、このお湯、捨ててます。
 これ、キホンの淹れ方のとこでも話したけど、一煎目のお湯を捨てるかどうかについては、諸説あります。
 とりわけ、緑茶の場合は、積極的に捨てる理由ありません。
 茶葉がひらいたら、さらにそこにお湯を注いでもだいじょぶです。
 なぜかとゆうと、緑茶って、かなりぬるいお湯のほうがいいからなんですね。
 香港の茶芸店の日本人女性のスタッフは、70度くらいでいいと言ってました。
 けど、70度って、かなりぬるいよね。
 保温ポットのお湯は使えないことになります。

 でもって、え? どうやって飲むんですか?
 ん? 茶葉が口に入らないように、蓋をずらして、そのスキマから飲むんですか。
d0287447_12541150.jpg
 はぁ、こんなふうにやるんだ。
 そのために蓋がついてるのか。なぁ〜る。
 けど、熱くないっすか? そりゃ、お湯の入ってる本体部分は熱いけど、ヘリや蓋の持つとこは熱くないんだ。
 あと、ぬるめのお湯だから。
 ふ〜ん。
 あちゃっ。けっこむつかしいよ、これ。
 なになに、そういうヒトは、両手で飲めばいい。あ、そうか。
 左手でもって、右手で蓋をずらして、お口に持ってきて、すするように・・・ん、でけた。
 あ〜、おいちいでわないですか。
 けど、ありゃ? 両手使ってたら、写真撮れませんでした。なので、両手のやり方は写真なしです。
 でも、分かるでしょ。左手で茶碗持って、右手で蓋をずらして、お口に持ってきて、茶葉が入らないように、すするように・・・ね、できたでしょ。

 余談ですが、中国の共産党大会みたいなののニュース見てると、偉いヒトの前には大きな蓋付きのお茶碗が置いてあります。
 噺家さんが、木の蓋のついた茶碗を置くのは、冷めないためですが、こちら共産党大会で使用するのは、お寿司屋さんっぽい大きな茶碗に揃いの陶器製蓋がついたやつです。
 あれも、お茶碗に茶葉が入ってて、蓋ずらして飲むんですね。
 多分、ああいう大きなヤツのほうが、中国の人が日常的に使ってる蓋碗なのだと思います。
 ちなみに、そういうヤツ、香港の中国系デパートのお土産品売り場に並んでます。
 蒼辰も以前、持ってたんですが、割っちゃったそうです。ありゃ残念。

 さて、緑茶を蓋碗とぬるめのお湯で飲むときの、ひとつのヒントを。
 あの、中国製の魔法瓶あるじゃないですか。500ccくらい入る大きさで、唐子とか桃とか、中国っぽい絵柄が入ってるやつ。
 あれ、性能悪いんだそうです。
 つまり、お湯がさめちゃう。
 実は、そこが緑茶にはちょうどいいんだそうなんです。
 そこで、保温ポットから、中国製魔法瓶にお湯を移して、最初は、まぁちょっと熱いけど、じきさめます。
 ちびちび飲んで、蓋碗の中が空になったら、魔法瓶からさめたお湯を足す。
 これが、のんびり緑茶を楽しむにはい〜んだとか。
 ま、本でも読みながら、の〜んびり楽しんでください。
d0287447_16591028.jpg
 ところで、お茶菓子、ないの?
 あ、わ〜い、パイナップルケーキだぁ。
 でわ、いっただっきま〜す。

 明日は、まったく未定です。
 来週からは、新しい[知ってる?]ネタが続き物で始まるらしいです。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-09-12 15:00 | 読むラヂオ
<< 月餅もらっちゃった。 写真見せちゃお。 >>