excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


抜くのがたいへん、練馬の大根。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さて本日は、昨日から始まった、練馬大根のお話しの第2回目でございます。d0287447_18402287.jpg
 おっと、いちおー大根の写真がくっつきました。
 しかし、練馬でも、めっきり少なくなった畑で、今日作られているのは、キャベツです。
 大根、ほとんど作ってません。でも、練馬といえば大根。区のキャラクター[ねり丸]くんも、大根がモティーフです。
 ねぇ、ホントに練馬で大根、作ってたの?
 あ、作ってたんだ。ふぅ〜ん。

 資料によりますと、1683年 天和3年に出版された本に[練馬大根、岩附牛蒡、笠井菜、千住ねぎ]とあるのが、文献に練馬大根の名前が出てくるもっとも古い記録なのだそうです。
 けど、それ、いつごろ?
 んと、元禄のちょっと前で、将軍・綱吉の時代ですか。ほうほう。わんちゃんが大事にされてたのね。
 これ、名産を並べたんですよね。
 練馬大根はまんまだし、千住ねぎも分かるけど、岩附とか、笠井って、どこ?
 え? 昔の地名から漢字だけ変わったところがけっこうあるんだ。江戸時代は宛て字が多かったせいなの?
 例えば、春日部は、江戸時代の地図では、粕壁となっている。へ〜え。
 ってことは? あ、岩附は、岩槻か、人形の町の。で、笠井は? ひょっとして、葛西? そういえば、小松菜って、小松川ですもんね。近くだ。
 ねぎは、今だと深谷が有名だけど、江戸時代は千住だったんですね。高崎線で引っ越したんでしょうか。
 けどさ、けっこ昔っから、練馬大根って、有名だったんだ。元禄よか前に、もう特産品だったんだもんね。

 どうして練馬で大根の栽培が盛んになったの?
 それはですね、え〜と、大根の栽培が盛んだったのは、今の練馬区でゆうと、北側の一体です。
 地名言って分かるかな?
 東は北町・氷川台のあたりから、光が丘をはさんで、西の大泉へ連なるあたり。
 分からなかったヒト、気にしないでください。
 そのあたりは、関東ローム層の高台になっておりまして、水はけがいい。そのため、水田には向かないんだ。
 あ、そっか。お水がたまんないんだ。
 ほんだら、なに作るべぇ・・と、いろいろ探していたら、ぴったりだったのが大根だったというわけなのですね。
 それに、岩槻や葛西、千住といっしょで、大消費地の江戸に近くて、舟で運ぶのに便利な川もありました。
 なるほど。お米は遠くからでも運べるけど、お野菜はそうはいきませんものね。しかも、舟なら、荷車より便利。

 だがしかし、練馬大根は、今、ふつうにスーパーに並んでいる大根とは、種類が違ってました。
 おや、そうなんだ。
 今、ふつうになった大根は、青首でしたが、練馬大根は、青ではなく、白首でした。d0287447_18404327.jpg
 あ、ホント、大根の首が青いや。けどこれ、さっきの全身写真と同じ大根さんでしょ。
 ま、い〜か。
 でもって、白首の特徴は、地面にふかぁ〜く根をはり、首と下のほうが細くて、真ん中が太いのです。
 はぁはぁ。
 それに対し青首は、地上にのびる性質が強くて、太さが同じ、ずんどうのカタチをしています。いえ、ちゃみには似ていません。
 あ、けど、見たことあるわ。肩までにょきっと地面の上に出ている大根さん。あれが、地上にのびる性質なのね。
 するとどうなるか。
 いざ収穫というときに、青首はすぽっと楽に抜けるけど、白首はよっこらしょと力を入れて引き抜かなくちゃいけない。
 この、収穫するときの重労働のために、のちの時代、白首が嫌われ、青首が主流になった理由なのですか。
 そらそうですよね。
 大根抜くのに、いちいちお婆さんや、孫娘や、犬や、猫まで呼んでくるんじゃ大変ですよね。
 え? それはカブ?
 しちゅれいしやした。

 そんな練馬大根ですが、ある時期から、加工品として出荷されるほうが多くなります。
 さて、なんでしょう。
 大根の加工品か。
 大根おろし。
 んなもん、出荷できねえだろっ。
 しちゅれいしやした。
 せ〜かいは、タクワンでした。
 ほれ、あの、黄色いヤツ。

 というわけで、練馬は、タクワンでも有名な土地だったのであります。
 そういえば、ニッポンを代表するお漬け物のひとつですよね。タクワン。
 行動食におにぎりを二個用意すれば、横に添えるのは、やっぱりタクワンです。お弁当も、安いのほどタクワンだよね。あと、お蕎麦やさんで、丼ものとかにも。
 そうゆうときのタクワンは、二切れが決まり?
 なん話し?
 おそば屋さんで丼ものにそえるときは、タクワンはふた切れがお決まりで、しかも、江戸時代にできた風習なんですか。ふえ〜っ。
 けど、なんで?
 江戸時代も後半になると、下っ端のお侍さんは、町人にまじっておそば屋さんでお蕎麦や丼ものを食べることも多くなります。
 けど、そこはお侍。縁起担ぐんです。
 どんな?
 つまり、一切れだと[人斬れ]に通じ、三切れだと[身斬れ]つまり切腹に通じるから。
 だから二切れなんですか。
 ま、蓋斬れ、なら、たしかに縁起悪くはなさそうですもんね。
 それにしても、昔の人って、いろんな縁起担ぎするんですね。

 というわけで、今日はここまでなんです。
 明日は、いよいよ・・いよいよ? ま、い〜か、ともかく、大根の加工品・タクワンのお話しです。
 タクワンは、明日から沢庵と漢字になるそうです。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2013-12-05 18:41 | 読むラヂオ
<< ならば沢庵と呼ぶがよい。 ネリマックといえば、これっ。 >>