excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今日は七草粥の日です。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 本日は、七草粥の日でございますね。なので、七草粥のお話でございます。
 七草粥って、春の七草を入れたお粥のことですよね。なんかさ、お正月のご馳走ぜめで疲れた胃腸を休めるのだとか。
 他になんか、謂われがあるのですか?
 え? もっと大切な謂われがある?
 なんなんっすか?

 そもそも、1月7日は、人日の節句でございます。
 節句? 桃の節句とか、端午の節句とかの、節句?
 へ〜え、そうなんだ。
 節句というのは、季節の節目のこと。平安時代、宮廷では、節句の日には節会という宴会が開かれていました。
 ほうほう。
 でもって、年間に10くらいあったんだ。
 そのたんび、宴会してたのね。
 なんか、宴会やる口実のような気がしないでもありませぬ。
 でもって、江戸時代、幕府が、そのうちの5つを、公式行事として定めました。
 江戸時代の祝日なんだ。
 それが、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽でございます。
 そういえば、桃の節句も端午の節句も、家庭で祝うようになったのは江戸時代ごろって、そういう理由だったのか。
 つまり、七草粥は、この人日の節句を祝うお料理だったのですか。
 ほほ〜ん。なかなかユイショただしげでございます。

 では、なんで1月7日を人日というかとゆうと、これ、中国の昔の風習にならったものなのね、例によって。
 昔むかしの中国では、1月の1日が鶏の日、2日が狗の日、3日が猪(豚)の日、4日が羊、5日が牛、6日が馬の日で、それぞれの日には、それぞれの動物を殺さないようにしていた。
 でもって、7日は人の日で、その日は、処刑など行わないことになっていたのだそうです。
 あ、そいで人日。まさにヒトの日だったんだ。
 そして、その日には、7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があって、これが日本にやってきて七草粥になったと、こういうわけなのですね。
 だから、胃腸を休めるというより、冬場、不足しがちな野菜を取るためだったんじゃないか、と。

 そういえば、宴会の節会って、お正月のおせち料理の語源になったとかいうよね。
 あ、平安時代は元旦も節句で、節会してたんだ。
 おせち料理は、やっぱし節会の名残だったのか。
 で、その7日後には、朝こそお粥食べたけど、夜はまた節会・宴会やってたのか。
 平安貴族め。

 ところで、間違えちゃいけないのは、小正月ではないということです。
 なんか、7日=小正月=七草みたく思ってるヒトいるけど、それ、間違いだそうですよ。
 小正月は、1月15日です。
 元旦を大正月というのに対して、小正月っていったんだ。
 けど、なんで15日なの?
 旧暦は、新月から月が始まるから、15日は満月になる。そのことと関係があるのですか。ふぅ〜ん。
 そして、この日に成人の儀式である元服の儀を執り行う習慣があったことから、成人の日が15日になったのですか。
 今は、ハッピーマンデーだけどね。

 でもって、昔は15日までが松の内だったんだ。
 7日になったのは、江戸時代、幕府が、正月飾りは7日までというお触れを出したせいで、関東からだんだん広まっていった。
 ふぅ〜ん。
 なんかさ、お正月関連の行事って、いろんなもんがまじってたり、由来がべっこべっこだったり、分かりにくいよね。
 え? 祝うとこだけちゃんと祝って、由来はべっこべっこだと思うしかない。
 あ、そういうもんですか。

 でもって、小正月に食べるのは、小豆粥です。
 お祝い膳ですから、お餅入れます。
 あ、お汁粉じゃん。
 そっか、小正月って、お汁粉で祝うのか。なんか、女正月に相応しい感じではありますわな。
 でも、七草粥にも、お餅入れるの?
 あ、入れるんだ。こちらも、節句の祝いなので、願いがかなうようにお餅いれるんだ。
 古くは、粥に入れるお餅のことを、粥柱といったのですか。はは〜ん。きっとそこに神さま下りてくるんだな。

 ところで、春の七草、言える?
 せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・春の七草、ですよ。
 これちゃんと五七五七七になってるのね。
 どうりで覚えやすいと思った。
 けどさ、ちゃみ、前から疑問だったんだけど、1月の7日くらいに、草、生えてるの?
 なになに。平安時代には、雪の間に芽を出した草を摘む、若菜摘みというものがさかんに行われた。
 マジ?
 そう、旧暦でしょ。旧暦なのは知ってるけど、それにしたって、今でゆうと1月の下旬から2月の下旬でわないですか。
 そんな時期に、ホントに食える草が生えてるのぉ〜っ。
 だって、今、八百屋さんで売ってるのは、どうせハウス栽培でしょ。
 平安の昔に、春の七草が、自然の大地からほんとうに摘んでこられたのか。

 この疑問については、七草ひとつひとつのお話とともに、明日、お話しするそうです。
 あ、そうですか。
 てなわけで、本日はここまで。
 それでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-01-07 13:30 | 読むラヂオ
<< 若菜摘みって、ホントにできたの? お正月どしてた? >>