excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初場所始まったので、相撲の話。

 どもでっす。
 三連休明けのちゃみでっす。
 大学ラグビーは、赤い彗星がガンダムに勝っちゃいましたね。でも、まぁ、決勝らしい好ゲームだったので、よしとしましょうか。
 そして、一昨日からは大相撲初場所が始まりましたです。
 けど、横綱・日馬富士が休場と、ちとさみしい初場所となってしまいました。その分、注目はなんといっても稀勢の里の綱取りでございます・・と思って見てんだから、初日に負けんなよ、もう、でございますですね。
 というわけで、本日は相撲の話です。[読むラヂオ]らしく、お相撲にまつわる雑学ネタをピックアップしたいと思います。

 とくれば、[はじまり]でしょ。なんせ、はじまり好き、元もと好き、ルーツ好きな蒼辰でございますから。
 で、お相撲のはじまりは、どうなってるんですか?
 ん? これ、知ってるヒトは知ってるわりと有名なお話だと言ってます。
 だからさ、知ってるヒトしきゃ知らないんでしょ。多いんですよ、そういうこと、近頃わ。
 なになに。日本書紀に、垂仁天皇7年即ち紀元前23年の7月7日のこと、野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)がお相撲をとったとあるのが、相撲の始まりである、と。
 い~んだけどさ、昔のヒトの名前って、ヘンだよね。ノミノスクネ? タイマノケハヤ? なんか、ちっこい虫とか、雑草とかの学名ってゆうの? あれみたい。
 で、どっちが勝ったんですか?
 野見宿禰が、蹴り技で当麻蹴速の肋骨を折って、倒れたところにさらに蹴り技入れて、腰骨砕いて、殺しちゃった。
 ぎょえっ。なんちゅう残酷な。
 そもそも、蹴り技って、どうよ。相撲って、殴る蹴る禁じ手じゃなかったっけ? K1グランプリじゃあるまいし。
 それにさ、当麻さん、名前が蹴速なのに、野見さんの蹴りにやられちゃったわけ?
 それにしても、殺しちゃうって・・・。
 だが、当時っつうか、古代では、蹴りや打撃中心の格闘技で、相手を殺すこともままあったらしい・・んだ。
 さりげに言わないでくださいよ、そんなこと。
 これで分かりました。古代は、野蛮です。

 まぁね、つおそうな男同士を、素手で戦わせるってゆうのわ、大昔には、まぁ娯楽みたいなもんだっつうのは、分かりますけどね。
 ローマ時代のグラディエーターだっけ? あれもそうだったんでしょ。
 ま、ともかく、こうして始まった純和式の格闘技は、時の権力者や有力者を喜ばせながら、今日までつづいてきたのであります。
 しかし、レスリングとかボクシングみたいな、あるいは柔道があるか、そういう近代スポーツには、相撲はなりませんでした。
 いろいろ、世界に広めよう、いつかはオリンピックに、みたいな運動もあるみたいですけどね。
 けど、いわゆる大相撲が、近代スポーツ化することはないだろうと、蒼辰が言ってます。
 どうして?
 相撲は、神事でもあるから。
 神事?
 シンジって、神さま系の、祝詞とか、柏手とか、そ~ゆ~のと関係あるわけ?
 そう。お祭りのときに、豊作や豊漁を願って、お相撲を奉納する神社も、各地にあるんですか。
 それから、お相撲さんが四股を踏む・・あ~、あの片足上げて、どすんっておろすヤツね・・あれは、土中の邪気を払うため。
 土俵入りのときに柏手を打つのも、横綱が注連縄を巻くのも、それが神事だからなんですか。
 はぁ~あ。

 そういえば、天照大神が、天の岩戸に隠れちゃったときに、誰だっけ、女性ダンサーが踊り踊って、男たちが、わぁ~きゃ~になって、その騒ぎで、どしたの? って出てきちゃうんだよね。
 そうそう。そういうふうに、ワガクニには、神さまに、いろんな芸とか見せて、喜ばせる神事がいろいろあった。
 でもって、それを民もともに楽しむわけか。
 あ~、もしかして、お正月のときやった神人共食の娯楽版? あれは、神さまにお酒とかお餅とか捧げて、ヒトが同じもの食べることで、神さまにあやかろうてゆうアレだよね。
 はぁ~。精神としては同じようなことなのか。
 なぁ~るほど。だから、相撲、まして大相撲が、近代スポーツになることはない、とこういうわけなんだ。
 そらま、ニホンの神さまに奉納する相撲を、ヨソの神さま信じてるヒトがやるって、ねぇ・・え? あれ?
 あのさぁ、大砂嵐、あのエジプト人初の関取、あの人、ムスリムじゃん。そのへん、どうなのよ。
 そうだよねぇ。
 朝青龍が、左手で手刀切っただけで、古来の伝統に反するって、文句付けたヒトいたもんねえ。しかも、あの朝青龍が、それには「気をつけます」って、殊勝に答えてたもんねぇ。
 そりゃ、外国人だろうと、お相撲取る以上は、ニホンの伝統を大切にしてもらわなくては困ります。
 けど、つきつめてくと、外国人力士の宗教と反することって、出てきそうだよね。
 相撲は近代スポーツになれるのか。その頂点であるプロ競技としての大相撲もまた、近代スポーツに生まれ変われるのか。
 その時、相撲の神事としての性格はどうなっちゃうのか。
 これ、お相撲のこれからの、けっこ大事な課題なのかもね。

 てなわけで、それだけでかなり長くなってきちゃったよ。
 乗って来ちゃったから、今週ずっとこれやろうか。
 なんかちゃみ、相撲の話、面白くなってきた。
 というわけで、明日もお相撲の話がつづきます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-01-14 11:37 | 読むラヂオ
<< 初場所始まったので、相撲のハナ... しあさっては成人式。 >>