excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初場所始まったので、相撲のハナシ・その2

 まいどっ、ちゃみでっす。
 え〜、昨日から、突然始まったお相撲のお話の第二回目でございます。
 昨日は、古代のヒトは野蛮だというお話と、大砂嵐がもし横綱になったら、明治神宮奉納横綱土俵入りはやっていいのか? というお話でございました。
 本日はなんですか?

 突然ですが、歌舞伎に「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」というお芝居がございます。
 その二段目、通称「相撲場」という場面で、確か放駒長吉の台詞だったと思うんですが、こんな一説があります。
「すまいとりの暮らしと申しますものは・・・」
 あ、スモウトリじゃなくて、スマイトリ、なの?
 その昔は、スマイと言ってたんですね。
 あ、今、分かりました。スマイで変換すると、候補にちゃんと[相撲]あります。ATOK偉い。
 スマイが、スモフと動詞形になり、さらにスモウになったと、これが、相撲の語源でございました。

 と、そんなことからなんですけど、今日はこっちの話にしようよ。こっちのが面白そうだよ。
 みなさま、[初っ切り]って、知ってました?
 これ、幕下とかの若いお相撲さんがやるんだけど、二人で、相撲の禁じ手とかを説明するんですけど、これがもう、まるっきりコント仕立てなんだよ。
 たとえば、蹴り技って、相撲じゃ禁止なわけですけど、これ説明するためにプロレスの真似しちゃったりするの。
 ときには金だらいで相手引っぱたいちゃったり、行司を巻きこんじゃったり、もうホントにコントとしか言いようがないんだ。
 ちゃみ、いっかいだけ見たことあるんだけど、お腹かかえて笑っちゃった。

 それから、相撲甚句って聞いたことあります?
 お相撲さんや呼び出しさんが歌う、相撲界独特の節回しの歌なんだけど、歌詞は七、七、七、五で、都々逸とかと一緒なんだけど、この七、七、七、五の歌詞が、甚句形式とゆうのだそうです。
 でもって、歌詞は即興で、例えばご当地の名物をおりこんだり、花づくしとか、山づくしとか、ちょっと気のきいた、粋な文句なのね。
 でもって、合いの手にお相撲さんたちが「はぁ〜どすこい、どすこいっ」って声を合わせるわけ。
 これもね、江戸情緒たっぷりで、いいモノなんですよ。

 けどさ、初っ切りも相撲甚句も、本場所じゃやらないよね。
 じゃ、どこでやるの?
 え? 巡業?
 巡業って?
 巡業というのは、本場所の合間に、稽古を兼ねて、旅興行をすることなんだ。へ〜え。
 あ、日本相撲協会の公式HPに、巡業の一日ってページがありますね。ほうほう。すんごいお相撲に近づけるんだ。
 朝からね、会場やその近くの公園とかで、下のほうのお相撲さんが稽古を始めるんだって。
 で、朝の8時にはもう太鼓が鳴って、会場で、十両や幕内ののヒトや、上位のヒトがだんだん稽古に来るのね。
 それが11時くらいまでつづいたあとは、地元ちびっことのふれあいですって。
 まわし付けてもらった子どもが、お相撲さんを数人がかりで押したり、最後はまわしつかまれて振り回されちゃたりするアレね。
 でも、楽しそう。
 でもって、お昼前からは、その日の取り組みが始まります。
 本場所と違うのは、その合間に、初っ切りや甚句や呼び出しさんの櫓太鼓の打ち分けとかがはさまるわけですよ。
 これ、本場所より、お相撲さんを近くで見られるかも。
 それに、初っ切りや甚句も。
 一度、行ってみたぁ〜い。

 だって、本場所行ったって、桟敷か椅子席に座って、取り組み見てるだけでしょ。
 下のほうからずっと見てると疲れちゃうから、3時ぐらいから、6時ぐらいまで? そんだけじゃねぇ・・と思ったら、おや、案外お楽しみがいろいろあるでわないですか。
 先ずはなんたって食べものっ。
 国技館って、地下にヤキトリ工場があるんだよね。ヤキトリが名物なのだ。
 ほかにも、力士弁当とかあるんだ。それぞれの力士にちなんだ、好物や出身地の具材が入ってるんですって。
 あと、相撲部屋特製ちゃんこが、一杯250円だって。これ、おやつにいいかも。
 でもって、食堂もあるんだ。鶏ちゃんこ定食だって。おいしそ。
 石窯土俵ピザとか売ってるとこもあるんだ。ひょえっ。
 あと、売店か。ボランティア売店では、親方がチャリティーグッズ売ってたりするんだね。
 でね、外には入り待ち出待ちできるスペースもあるの。
 サインとかねだったりはできないんだけど、場所入りする関取が間近に見られるというわけ。
 でも、大関・横綱は見られません。なぜなら、大関・横綱だけは、地下車寄せまでクルマを入れることができるのです。
 さすが、番付社会。
 ほかにも、優勝杯や優勝旗が飾ってあったり、そうだ、相撲博物館もあるしね。
 う〜む。これならお昼前から出かけても、一日中楽しめそうだぞ。

 さらに、面白いプラン発見。
 その一、朝稽古見学つきチケット。
 相撲部屋で朝稽古を見学したあと、枡席で本場所が見られるの。しかも、関取と記念写真撮ったり、サイン色紙のプレゼントもあるんだよ。
 その二、枡席での観戦と相撲部屋でちゃんこ。
 こちらは、本場所がはねたあと、相撲部屋に行って、部屋を見学してから、部屋のちゃんこが食べられるんだよ。
 しかも食べ放題だって。
 で、こちらも、親方との記念写真やサイン色紙がつくんだよ。
 これで一万五千円から一万八千円くらいだから、相撲体験としてはいいんじゃないかな。
 詳しく知りたいヒトは、日本相撲協会の公式HPへ!
 ねえ、蒼辰、これ、仲間募って、ちゃみたちも行こうか。
 いっかいくらいいいよね、大相撲あじやうのも。

 てなわけで、なんか大相撲観戦案内みたくなっちゃいましたが、本日はここまでです。
 明日は、もっかい相撲のハナシ、する?
 まぁ、ネタは用意してあるんだけど、明日決めましょ、明日。
 そんないいかげんさが[読むラヂオ]でございます。
 てなことで、ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-01-15 18:57 | 読むラヂオ
<< 初場所始まったので、相撲のハナ... 初場所始まったので、相撲の話。 >>