excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


二十四節気ってなぁ〜んだ・その3

 まいどっ、ちゃみでっす。
 え〜、今週は、二十四節気のお話をしてきましたが、あ、今日でおしまいなんだ。
 んと、一昨日は、二十四節気は、太陽の高さで決まる。だから、旧暦や新暦とは関係なく、季節感をあらわしているのだ、というお話でした。
 そして昨日は、旧暦というモノが、どしても季節とずれてしまうので、二十四節気が必要となったと、おおよそ、そんなお話をしてまいりました。
 でね、二十四節気のいっこいっこについては、日にちの近いとこで、ピックアップしてくようにしますね。
 前ふりとか、そんなんで。
 だって、この寒い日に、大暑とは、とかやっても、いよいよピンと来ませんものね。
 あ、そうそう。二十四節気では、立春を一年のはじまりとしていたんでした。
 これ、農作業の準備とかをぼちぼち始めるからなんでしょ。
 そうなんだけど、別の方面、例えば、高島易断なんかでは、立春までの生まれのヒトは、前の年の干支になると説明に書いてあります。
 今年だと、立春から午年になるって考え方なのね。
 占い好きのヒト、気をつけてね。

 しっかし、二十四節気は、2300年から2800年前の、中国で生まれたものです。
 当時の学者さんが、少しっつ地検を積み重ねてきたものですから、どこで生まれた、ということは分かりません。
 けど、だいたい中原、黄河流域なのは間違いないですよね。
 大陸のまんなからへんで、日本列島よか、緯度、上です。つまり、総じて、ニホンより寒い地域で生まれたに違いありません。
 そこで、ニホンの季節感とは、ずれちゃいます。
 立秋なんかそうですよね。今年は8月の8日ですから、夏のまっつぁかりです。
 いくらなんでも、秋は立ってきません。
 いえ、日本気象協会のHP見てたら、専門家のヒトが、「私も若いころは季節感とずれていると感じていたが、還暦とともに感じかたが変わった。立春も、その前の小暑大暑に比べると、風が変わっている」というようなことをお書きになってました。
 けど、そこまでわずかな風の違い感じるって、やっぱり専門家の方だからなんじゃないでしょうか。
 蒼辰的には、ニホンよか北にあって、大陸の真ん中の、中国二十四節気生まれた地方では、その頃には秋が立っていた説をとりたいと言ってます。
 昔のヒトも似たようなこと感じてたんじゃないでしょうか。
 二十四節気、い〜んだけど、季節感、ちょっと違うときあるよなぁ。もっと違うモノサシないかなぁ、って。
 そこで生まれたものに、雑節があります。
 二十四節気じゃないけど、季節の目安になる、ちょっとした節季ね。

 たとえば、あ〜、節分もそうなんだ。
 これは、立春=一年のはじまり説に立つと、いわば大晦日ですからね。
 あと、なにがあるんでしょ。
 初午があります。
 二月に入って、最初の午の日を言います。これ、お稲荷さんのお祭りですよね。
 今年は、あ、節分と同じ日だ。
 これがなんの目安に?
 ん? 今の初午は、二月の最初の午の日を新暦にあてはめちゃってる。旧暦だと、3月のはじめごろになることが多いから、畑に出る目安になっていたんだ。
 なぁ〜るほど。
 おつぎは、八十八夜。
 あ、な〜つ〜もぉ〜ちぃ〜かずぅ〜くぅ〜、だ。
 茶摘みの季節ですよね。
 それもそうなんだけど、種まきにいい季節になる目安だった。ほ〜お。
 八十八夜は、立春から数えて、88日目にあたる日のことです。[八十八夜の別れ霜]といって、ここから先は、霜の害が少なくなるからなのですか。
 なぁ〜るほど。それ、大事。
 そいから、半夏生。はんげしょう、と読むのですね。なにか、俳諧したくなるような響きです。
 こちらは夏至から11日目で、別名、梅雨明け。
 ほうほう。そこも大事だわ。
 あと、二百十日。立春から数えて210日目です。
 こちらは、台風の季節で、厄日とされていたんですか。
 まだまだ他にもあるんですけど、昔のお百姓さんは、こうして、二十四節気や雑節を、農作業の目安にしていたんですね。

 こういうの聞いてると、昔のヒトが、いかに自然とともに暮らしていたか、よぉ〜く分かりますよね。
 なんかさ、風とか、空気の匂いとか、そういうのに、現代人よかぜんぜん敏感だったんだろうね。
 でもさ、今でも参考にできそうなのもあるよね。半夏生なんて、海水浴用品とか売るヒトには、かなり参考になりそうな気がするぞ。
 実際、衣類とか、季節で売れ筋商品が変わる品物を扱っているヒトの中には、二十四節気とか雑節とかを参考にしているヒトもいるのですか。
 ひょえっ。二十四節気に雑節、現代にも生きているのですね。

 というわけで、今週は、節分そして立春にちなんで、二十四節気のお話をしてまいりましたが、今日はここまでです。
 明日は、わりと雑談っぽくなる予定です。
 でもって来週は、バレンタイン・ウィークにちなんで、チョコレートのお話になる予定になっております。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-02-06 16:42 | 読むラヂオ
<< 一風堂のラーメン食べた。 二十四節気ってなぁ〜んだ?・その2 >>