excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


4Kエクスペディアはヒットするか?

 まいどっ、ちゃみでっす。
 二月も本日でおしまいでございますよ。
 最近の出来事っつうと、雪と、でもって、オリンピックでございましょうか。
 雪、久しぶりだったので、楽しかった反面、やっぱ大変でしたよね。まぁ、週末だからよかったようなものの。
 なんですか、まだ孤立している住宅もあるとか。難儀をしているみなさまに、こころからお見舞い申し上げます。
 そしてオリンピック。
 いや、もう、寝不足でたまんないっすよね。
 最初のうち、取れそうな選手がメダルに届かなくって、はらはらいたしましたが、終わってみれば、海外での冬季五輪最多のメダルなんだそうで、先ずはめでたしめでたしでございます。
 けど、なんかさ、期待を背負ったヒトより、夢を追いかけたヒトが、メダルに届いたような、そんな感じでしたね。
 夢を追い続ける。大事です。
 ちゃみも見習わなくては。

 さて、そんな中、数日前ですか、4Kエクスペディアが発表になりましたですね。
 iPhone派としては、関係ないっちゃ関係ないんですが、ちょと違和感もったので、本日はそんなお話しをしたいと思います。
 あれ、4K画質で動画が撮れて、4Kテレビに接続して見られるとかいうんでしょ。すごいですよね、技術は。
 けど、誰がそんなもん必要とするんでしょ。
 そこ、ちゃみが感じた違和感なのでございます。
 だってさ、4Kテレビだって、まだまだ状態なのに、その画質を求めるヒトが、どれだけいるんでしょうか。
 まして、スマホですよ。動画撮るったって、せいぜい数分。たいていは数十秒から一分ですよ。
 でもって、トモダチに、ほらほらって見せて、そいで終わりじゃない?
 なんか、過剰な感じがいたしますです。
 以前に、ひとつの製品が完成すると、その価値が変わってゆくのかも、ってお話しをしました。
 よく引き合いに出すのが、炊飯器です。
 その昔、電気で炊けるだけでもすごかった。そのうち、保温できるようになったら、もっと便利になった。味が変わるのも、改善された。あと、お粥まで作れるようになった。
 でも、もう、炊飯器に付け足す機能、ありません。
 それでも店頭にゆくと、なんとか炊きとか、厚釜なんとかとか、いろんなウリ文句が書いてあります。
 けど、買うヒト、もうそこ、見てないですよね。
 自分に必要な機能がそろってれば、あとはお値段です。
 クルマもそうです。フィットがヒットしたとき、多くのヒトが、「クルマってあれで十分かも」って思ったんじゃないか。そんなお話しを、いつだったかいたしました。
 つまり、もっといろいろ出来たらいいなと、みんなが思ってる間は、技術の進歩がそのまま製品の魅力になってました。
 けど、製品がほぼ完成しちゃうと、技術はもうウリにならないんじゃないでしょうか。
 技術が、必要を追い越してっちゃう感じって、前からありますよね。
 ビデオレコーダーは、見逃したテレビ番組が見られるから、画期的でした。
 でも、家庭用ビデオカメラは? 使っても、いいとこ子育て期だけなんじゃないのかな。
 もうなんか、あんまり買うヒトもいなくなっちゃいましたよね。
 だって、毎日使うモノじゃなし、なくてもどうにかなるモノだし。
 作る側は、最新の技術もりこみたいのは分かります。けど、それが、使い手に訴えるモノでないなら、意味ないんじゃないっすかね。
 なのに、メーカーさんは相変わらず、高い技術を生かした、高機能・多機能な、高付加価値な製品を作りたがってるように見えます。
 けどさ、高付加価値な製品って、早い話、利益率のいい製品ってことでしょ。
 つまりはメーカー側の論理。使い手には関係ないんですよね。
 どうもね、高付加価値製品をって、バブルのころに覚えた呪文を、未だに唱えてるような感じがしてしょうがないんですけどね。
 最近、ヒットした商品に、T-falのケトルありますよね。
 水入れると、短時間でお湯わかしてくれる、あれです。保温機能もない、単純な製品です。
 昔むかし、団塊の世代が貧乏学生だったころ、保温ポット買えないから、しょうがなしに使ってた電気湯沸かし器の21世紀版です。
 すぐお湯わく。デザイン、かっこいい。お値段、手頃。取り柄、それだけです。
 でも、「あ、これでちょうどいい」って、多くのヒトが買い求めたんですよね。
 メーカーさんの、技術をウリにした高付加価値製品で、高い利益率を確保しようという発想は、もう買い手の気持ちとかけ離れちゃってるんじゃないでしょうか。
 今、求められてるのは、[ちょうどいい]と感じられる品物なのかも。
 それを、当ブログでは[ちょうどいいの思想]と名付けて、これをキーワードに、ちょと未来について考えてみようなどと思ってるわけですが。
 ま、それはともかく、スマホも、製品として、完成に近づいてる感があります。
 もう、あれもこれも出来ます、じゃなくって、キホンを押さえて、使いやすくしました、なんじゃないのかな。
 あと、簡単にカスタマイズできます。あなただけの、必要な機能にしぼったスマホにしてください。
 ってゆうほうが、魅力的に思えるのは、ちゃみだけ?

 なんとか景気をよくしようと、オトナの皆さまはがんばってるようです。
 でも、[ちょうどいいの思想]で、生き方、暮らし方、考えたら、案外、好景気にならなくっても、幸せに生きていけるのかもよ。
 てなわけで、これからも、多分金曜日に、[ちょうどいいの思想]をキーワードにしたお話しをしてゆくつもりですので、よろぴくね。
 最後に、スティーヴ・ジョブスのこんなエピソード、付け加えておきます。
 iPodをプレゼンされたとき、ジョブスがプレゼンターにした質問はたったひとつでした。
「それで。それはココロに刺さるのかい?」
 うふっ。カッコイイですよね。
 てなことで、本日はここまでです。
 来週は、あ、週明けがひな祭りだ。じゃ、その日は、ひな祭りにまつわるお話しね。
 あとは・・あは、例によって、未定です。
 でも、待っててね。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!

ps
 姉妹ブログ「ちゃみの今日も元気で朝礼でっす!」もよろしく。
 ここでっす。
 http://sohshings.exblog.jp
[PR]
by planetebleue | 2014-02-28 13:30 | 読むラヂオ
<< わ〜い、ひな祭りだっ! 蕎麦は信濃からやってきた。 >>