excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フード・マイレージって知ってる?

 まいどっ、ちゃみでっす。
 今日は、食べもののおハナシです。d0287447_13203458.jpg

 えっとね、最近の新聞のニュースによりますと、鰻の稚魚が、豊漁なんだそうですね。なので、価格も三分の一くらいに下がっているらしい。
 鰻って、養殖っていっても、完全養殖じゃないんですよね。稚魚、つまり赤ちゃん鰻は、天然のモノを漁でとってきます。それを、養殖業の方が、食べられる大きさまで育てるんですね。
 なので、稚魚豊漁は結構なことでございます。
 高かったですからね、去年なんか。五割増しから倍くらいまで上がっちゃいましたよね、鰻重のお値段。
 しかし、値段が落ち着くのは結構なことなんですが、鰻の稚魚、ホントに回復したんでしょうか。
 鰻って、ナゾが多くて、そこんところが分からないのは、やっぱり不安ですよね。
 去年あたりは、絶滅危惧種に指定され、やがて食べられなくなるのでは? なんて言われてたんですからね。
 そもそも、取りすぎなわけでしょ。取りすぎるってことは、食べ過ぎってことでもあるんじゃないのかな。
 鰻って、そもそも高い食べ物です。でも今は、スーパー行くと、冷凍や真空パックの蒲焼きが、お手頃な値段で売ってます。夏になると、吉野屋さんとか、牛丼やさんもそこそこのお値段でうな丼、提供してます。
 けど、「鰻食ったぁ」ってゆう満足感、あります?
 なにもそこまでして、鰻らしきもの食べなくたって、と思ってしまうわけですよ。
[鰻はおいしいけれど、高いモノだから、ときどき、鰻屋さんで食べるだけにする]
 そこまで、後退してみません?
 そうすっと、鰻の消費量だいぶ減って、稚魚取りすぎることもなくなり、資源が守られ、価格も安定します。
 なにより、国産だけで間に合います。輸入しなくて済みそうだと思いません?
 この、輸入って、もちろん、外国産のが安いから買うわけですけど、お値段と別に、もいっこの問題があります。
 運んでこなくちゃいけないってことなんですよ。
 え? なに当たり前のこと言ってるんだ、って? そうなんだけど、ちょと聞いて。
 外国から運ぶには、船とか飛行機使います。船や飛行機は、燃料使います。つまり、石油を燃やして、そのエネルギーで運んでるわけですよね。
 そうすっと、貴重な石油を消費し、ついでにCO2を排出することにもなります。
 この部分をとらえて、その食べ物が、食卓にやってくるまで、どのくらいエネルギーを使ったか。そこんとこを考えるために、フード・マイレージという考え方があります。
 フード・マイレージを問題にしたくなる典型的な食べ物が、まぐろです。
 まぐろって、ほとんど遠洋漁業でとってくるじゃないですか。
 インド洋やはるか大西洋・地中海まで、日本の漁船が出かけていって、まぐろ、とってきます。
 しかも、とって帰るときには冷凍にするから、船の冷凍庫の電気も必要なんです。
 それだけ、食卓にやってくるまでのフード・マイレージが高い食べ物なんですね。
 でも今や、お刺身といえば、まぐろないとハナシになんない的考え方、あるいは感じ方がふつうになっちゃってますよね。d0287447_13205961.jpg

 連休前のスーパーなんか行くと、ふだんスーパーなんか来ないおじさんたちが、いっしょけんめい、まぐろ、見比べてます。
 お刺身食べるのはいいですよ。休日、お母さんも楽できるし。
 けどさ、そこまでまぐろにこだわる必要、ある?
 逆に、こんなことがありました。
 いつだったか、お魚やさん行ったら、ボラの刺身がうんと安く売ってたんですよ。
 ボラって、あんまお刺身じゃ食べませんよね。でも、刺身で売ってるってことは、新鮮なのかなと思って、買ってみました。
 すると、おいしいじゃありませんか。お値段、まぐろの半分くらいなのにね。
 お刺身って、やっぱ鮮度なんですね。
 その時きっと、ボラが大量だったんでしょうね。そいで、私たちの口にも入った。
 そういえば、サカナくんが、こんなハナシしてました。
 日本の沿岸では、数百種類の魚介がとれるんですって。でも、一般に流通してるのは、数十種類だけなんですって。
 なぜか? 名前が知られていないからなんですって。
 名前も知らない魚だと、誰も買わない。だから、浜ではそうした魚を、捨ててしまっているんだそうです。
 サカナくん、そういう捨てらている魚を持ってきて、お料理屋さんで調理してもらって、みんなに食べさせてました。
 もちろん、おいしく食べられるんですよね。
 日本の沿岸には、新鮮でおいしい魚がたくさんあるのに、フード・マイレージの高いまぐろにこだわる理由、あるのかな?
 まぐろも鰻同様、[まぐろはおいしいけど、ホントにおいしいまぐろはお寿司やさんじゃないと食べられないから、ときどき、お寿司やさんで食べるだけにする]ってとこまで、後退してはどうでしょうか。
 その分、近くの海でとれた、名もないお魚を食べてみる。
 もちろん、お刺身にはならない魚もあるでしょう。でも、お魚の調理法はたぁ〜っくさんあります。きっとおいしい食べ方が見つかりますよ。
 てなわけで、フード・マイレージという考え方で、食べ物を眺めると、見方がちょと変わるかもよ。
 名前やイメージや先入観にこだわらず、フード・マイレージ的な見方も加えて、食材を選んでみてはいかがでしょうか。

 てなわけで、今日はここまでです。
 また来週っ!
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-03-07 13:21 | 読むラヂオ
<< 気仙沼の想い出。 Rock魂はどこに行った? >>