excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


およよ、蓋を開けたら? 14F1プレビュー

 まいどっ、ちゃみでっす。
 今シーズンもいよいよ開幕でございます。
 熱狂的なF1マニアの蒼辰につられて、ちゃみも、ちかごろはいっぱしのF1ファンなのでございます。
 てなわけで、F1は当ブログの柱のひとつでございます。
 今年も、テレビ観戦とネット情報に頼りながら、F1関連の話題を取り上げてゆこうと思ってます。
 よろぴく。
 というわけで、フリー走行一回目の結果見たら。ありゃりゃ、およよ、でございます。
 こりゃまた、前評判と違うじゃないっすか。蒼辰が、下書き原稿あわてて書き直してますよ。
 しっかし、これ先に言っときますけど、これがF1なんですよね。テストは、テスト。実際の本番になると、違う結果が出てくるもんでございます。
 けど、いざサーキットの入ると、もはや大幅変更はできません。フリー走行の結果って、ある程度は状況が見えるんじゃないでしょうか。
 というわけで・・前置き長いぞ・・フリー走行1回目の結果見ながらの、2014F1プレビューでございます。
 まず、あっとびっくりは、あれだけ前評判の高かった、シーズン前半独走するんじゃないかとまで言われてた、メルセデスのつまづきでございます。
 ハミルトン、ノータイム?
 油圧アラームが点灯して、エンジンがシャットダウンしちゃったとか。
 ってことは、原因がめっかってないってこと?
 それにしても・・・。
 なんか、今季の新エンジン、噂によると、組み立てにや交換にえらく時間のかかるしろもんのようですね。
 もしかすると、そのへんが影響してるのかも。
 午後、走れるかどうか、注目です。
 でもって、チームメイトのニコが、6番手。それも、ウィリアムスが2台とも上にいますよ。
 エンジンをメルセデスに変更して、好調が伝えられていたウィリアムスですが、総合力ではやっぱりワークスのメルセデスのが上と見られてたのに、です。
 そもそも、今年はニコ、正念場ですよね。あれだけチームの前評判が高くて、早くもハミルトンがチャンプ候補に上げられてる中で、どれだけできるか。
 今季、ずっとハミルトンのリアを見つめてるようだと、世間の評価がぐぐぐっと下がっちゃうかも。
 ちゃみ、キホン、ニコファンなので、ぜひともがんばっていただきたいところです。
 でもって、もうね、あらかじめ用意してた内容、ほぼ使えないので、ハナシがあっちこっちぶっ飛びます。
 レッドブルですよ、レッドブル。
 もうなんせ、テスト、ほとんど走れなかったじゃないですか。中には、序盤数ヶ月で光明が見えなかったら、今季捨てて、来年にフォーカスするんじゃないか、とか、それくらい、悲観的な予想が多かった中でですよ。
 リカルド5番手、ベッテル7番手で、トップと1秒前後の差。
 これ、前評判からしたら、じょ〜できなんじゃないっすか。
 やっぱり、チャンピオン・チームというものは、きっちり合わせてくるものでございます。
 しかも、トップのアロンソが、2番手に0.5秒あけちゃったから、2番手バトンと比べれば、0.3から0.5くらいの差ですよ。
 これだと、ポイント、確実に狙えるし、あわよくばボディウムも不可能じゃない。
 つまり、シーズン序盤はそこそこついていって、中盤から勝負に出られる、そういうポジションにはとりあえずつけたって感じですものね。
 予選そして、レース。レッドブルがどんくらいできるか、逆境だからこそ、なんか楽しみになってきました。
 そして・・ハナシがずいぶんアトになりましたが、トップタイムはアロンソさまですよ。
 それも2番手に0.5秒の差。
 ちと速すぎかな。2番手以下がまだまだ状態ってこともあるかもしれない。
 キミが9番手で、アロンソより1秒あまり遅いんだけど、これはアテになんなによねぇ。なんせキミだもん。ホンキ出すのはまだまだ先でしょ。

 あ、今、午後のセッションの情報入ってきた。
 ありゃ、ハミルトンしっかりトップタイムではないですか。
 でもって、ニコが2番手、3番手、アロンソ。
 後ろの4番手、6番手にちゃんとベッテル、リカルドの名前もありますよ。
 う〜む。
 いろいろ話そうと思ってたんですけど、月曜にしましょう。
 レース終わってから、改めて、今シーズンを占ってみたいと思います。
 ただね、どうやらでゆうと、メルセデスやっぱり優勢。追うのが、フェラーリと、メルセデス・エンジンのマクラーレン、ウィリアムス。
 そして、レッドブルがどこまでからんで、前評判をくつがえせるか。
 ま、当たり前の結論になっちゃいましたけど、そんな構図のようでございますよ。
 これも、昔から当たり前のように言われ、そして、その通りになってきたことですけど、レギュレーションが大きく変わった年、とりわけその序盤は、大混戦がつきものでございます。
 混戦好きの蒼辰の影響受けて、波乱うきうき派のちゃみとしても、大いに楽しみたいと思います。
 可夢偉? 苦しいんじゃない? ケーターハムじゃ。

 てなわけで、今日はここまでです。
 月曜日は、オーストラリアGPの観戦記です。
 そのあと、なんか食べもののハナシで二三回やるつもりのようです。
 待っててね。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-03-14 15:57 | 読むラヂオ
<< わくわくどきどきの開幕戦だっ。 F1レジェンドその2・コーリン... >>