人気ブログランキング |
excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クリミアってどんなとこ? その1

 まいどっ、ちゃみでっす。
 さ、今日も[ちゃみと蒼辰の読むラヂオ]が始まるよっ。
 っとですね、桜、まだなんです。なので、昨日、予告したとおり、桜のお話しは来週まわしになりました。
 そして、本日からは緊急特集[クリミアってどんなとこ?]をテーマに、[知ってる?]っぽくやろうと思ってますです。
 クリミア、ここんとこ話題になってますよね。オリンピックのあったソチとは、東京と大阪よりやや近いくらいのとこなんですよね。
 なんでも、ウクライナだったとこを、ロシアが併合しちゃったとかいうんですよね。
[併合]とか聞くと、昔の、あの訳分かんなかった世界史の授業を思い出してしまいます。
 なんかさ、「どこそかを、どこそこが併合したことをきっかけに戦争が起こった」とか、そんなハナシ、ありませんでした? それも第一次大戦とかの前後らあたりで。しかも、クリミアとかとわりと近いとこで。
 はいはい。どうせ、ちゃみの世界史や世界地理に関しての知識なんてそんなもんなんですけどね。
 けどさ、そんなこんな思い出すと、[併合]ってコトバ、なにやらきな臭い匂いがしてくるのもジジツでございます。
 そこで、新聞とかの記事もまちっと理解できるように、[クリミアってどんなとこ?]なのでございます。

 先ずは場所、確認しましょうね。d0287447_13251686.jpg
 はい、地図です。黒海の真ん中に、ぼこんと飛び出してるのが、クリミア半島でございます。
 おっきさが、四国の半分くらい? ふうん。けっこ大きいというべきなのかな?
 南に黒海を控えているわけですが、黒海の南はトルコ、西はバルカン半島でございます。
 でもって、北に陸地でつながってるのが、ウクライナ。東側のロシアとは、狭い海峡で隔てられてます。つまり、ロシアとは陸続きじゃない。
 なんですけど、北のウクライナとも、ごく狭い陸地でつながってるだけなんですね。
 ペレコープ地峡というんだそうで、幅が、5キロから8キロしきゃないんだそうです。
 でもって、その東側、地図で見ると、海岸線がごちゃごちゃ入り組んでるとこは、ひろぉ〜い干潟のようなとこなんだそうです。
 ここの名前が、腐海。腐った海っすよ。
 なんで?
 とても浅くて、しかも底が泥みたいな堆積物がたまってて、そのために塩分濃度が高い。そうすると、夏、熱せられると、腐ったような悪臭を放つようになるんですって。
 そこで、腐海。
 やばいっすね。
 けど、この腐海があるために、大陸との自然国境の役割を果たしているんですって。
 なぁ〜るほど。
 ほんで、その東には、黒海とは別の、アゾフ海という海が広がってます。
 つまり、狭い地峡と、黒海とアゾフ海の通路になってる狭い海峡をのぞけば、四方海に囲まれてます。
 ってことは?
 ってことはさ、一旦、この半島占領しちゃえば、戦争はやりやすそうですよね。
 いえ、今どきの戦争じゃなくって、昔の戦争ですよ。ヒコーキどころか、自動車もエンジンで動く船もなかった時代のハナシね。
 だって守りやすそう、と思ったんですけどね。
 けど、実際にはそうでもなかったみたいです。ってゆうのは、まわり、けっこ大国ばっかですよね。
 それに、東から西へ、西から東への、通り道にもあたる。
 昔むかしは、間に別の国はさんだ、遠い国と直接やりとりや行き来をするには、船で行くしかありませんでした。
 ってことは? それこそ古代から、黒海は船でヒトが行き来しまくってる海だったのですね。
 そのまん真ん中にあって、途中で船を休めるには、ちょうどいい場所ですよね。
 だって、まるで黒海を見渡すような場所ですもの。
 しかも、南側って、温暖でおだやかな気候らしいです。
 ほら、ソチも保養地とか言ってたじゃないですか。そのソチと、同じように南に黒海を控えてて、距離、東京〜大阪よかちょっと近いくらいで、緯度もおなし。
 なるほど、保養地向きの気候なんだ。
 首都は、半島のまんなからへん、内陸にあるシンフェロポリという街です。
 けど、世界的に有名なのは、南にあるセバストポリかもしれません。
 ここ、湾が深く入りこんだ、いわゆる天然の良港なんですね。ロシア海軍の黒海艦隊の基地にもなってるとこです。
 もいっかしょ、有名なとこがあります。
 やっぱり、南のほう、黒海面したとこにある、ヤルタという小さな町です。
 ここも歴史の授業で出てきましたねぇ。ヤルタ会談でしょ。ほら、第二次大戦の戦後処理を決めたとこ。ソ連のスターリンとイギリスのチャーチルと、アメリカのルーズベルトが会談したんですよね。
 教科書にものってる写真見ると、首脳陣、ホテルの中庭みたいなとこで写ってます。
 そんなとこも、リゾートっぽい雰囲気でございます。
 のんびり暮らすにはよさそうなとこなんだな。

 てなわけで、クリミアがどんなとこにあるか、分かったところで、今日はここまでです。
 明日は、いよいよ・・なのかな? ま、ともかく、クリミア半島の歴史をざっとおさらいしたいと思ってます。
 ほいでわまた明日ッ。
 ちゃみでしたっ!
by planetebleue | 2014-03-25 13:25 | 読むラヂオ
<< クリミアってどんなとこ? その2 ご近所の花だより >>