excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今年は混乱のほうだったハンガリーGP観戦記

 まいどっ、ちゃみでっす。
 ハンガリーって、順当に決まっちゃうか、波乱が起きるか、どっちかのレースになる気がする。
 てなわけで、いつものようにハンガリーGP観戦記でございます。
 そもそも、ハンガロリンクって、要するにミッキーマウス・サーキットですよ。
 あ、ミッキーマウス・サーキットって、ミッキーがレースするみたいなちっちゃいサーキットって意味に、あの○3つ重ねたミッキーのシルエットが、そういうサーキットのコース図を連想させるからなんだよね。
 うまいネーミングだと思います。
 遅い、んでもって、狭い。
 なので、パワー差とかは出にくいかわりに、しっかりダウンフォースのある、トラクションのいいマシンが前に出ちゃうと、もう誰も抜けない。
 なので、単調なレースになりがちで、実は、セイフティ・カーの出動率も低いサーキットなんだよね。
 ところが、ひとたび雨なんぞ降ると、そもそもマシン差が出にくくって、抜きにくいサーキット。たちまちのうちに大混乱に陥るのでございます。
 ほれ、第3期ホンダ、唯一の勝利も、雨の大混乱の中、するりと抜けだしたバトンによって、ここで上げたものでございました。
 でもって今年は、こっちのパターンでございましたですね。
 それも、雨そのものの混乱でなく、残った雨が引き起こしたアクシデントによるセイフティ・カーの出動。
 こいつによって、明暗が分かれちゃいました。
 セイフティ・カーのタイミングで、タイヤ交換を済ませるというのは、ロスタイム減らす意味では正しい選択なんでしょうけど、そもそものシナリオってゆうか、タイヤ・ローテーションを狂わせるわけでしょ。
 これで泣いたヒト、笑ったヒト、数々見てきたよね。
 でもって、今年のハンガロリンクも、そんなドラマっちゅうか、あれよあれよレースを見せてくれました。
 先ずはニコ。SC入ったとき、ピットレーン入り口、すぎたばっかで、ピットインがまるまる一週遅れちゃったみたいですね。
 そいでポジション落とした。
 けどさ、なんでベルヌーなんか抜くのに、あんな手間取ってんだよっ、とニコファンは思いましたよね。
 けど、あのときブレーキトラブル抱えてたみたいですね。
 だよねぇ。終盤のあの追い上げ考えたら、あそこでベルヌー抜けないのはおかしいもん。
 けどさ、聞いてみると、やっぱブレーキか。
 メルセデス、相変わらず、見えないところで、ブレーキの不安を抱えているようでございます。
 でもってハミルトン。
 なんか、苦労人の面影が出てきちゃいましたね。
 前戦、Q2で、ブレーキディスク割れて、タイム出せなかったのにつづいて、今度はQ1で炎上。タイムなし。
 なんか、ルイスの予選、悪くなる一方だよね。
 そいでも、前戦につづいての3位ポディウムは、そりゃ立派です。
 なんたってピットスタートからなんだぜ。しかも、オープニングラップでコースアウトしてて。
 ふつ〜なら、ポイント圏内に浮上しただけでも上出来のところ、ポディウムですよ。
 ぐぁんばった甲斐があったというものでございます。
 これでニコと11ポイント差。
 夏休み明けも、二人のチャンプ争いから目を離せそうにありません。
 でもって、リカルド。
 いかに、その時、いっちゃんいいタイヤ履いていたとはいえ、相手はハミルトンとアロンソだよ。チャンプ経験者だよ。
 そこを、ずばっといきましたね。ずばっと。
 速いドライバーと、勝てるドライバーは違う、てなハナシを以前にしたことがございましたですが、ひょっとして?
 まぁね、今年のレッドブルでのハナシだから、なんとも言えませんが、ひょっとして?
 なんか、勝てるドライバーに変身しつつあるような感じですよね、リカルド。
 だって、今シーズン、ずっと、っつうか、ほとんどベッテルさまの前を走ってるんですよ。
 これだけでもすごいこと。
 ひょっとして、オージーの魂が、乗り移った?
 今年はまぁそんなに勝てないでしょうけど、来年以降のリカルド、注目でございます。
 けど、7番手だか8番手だかを走りながら、「失うものはなにもないんだから」と、ステイを選択するベッテルさま、なんかちょっと悲しかったでございます。
 もっともっと、ベッテルさまのい〜とこ見たいっ!
 それにしても、おもしろかったっちゃ、おもしろかったんだけど、リタイヤも多かったね。
 それもアクシデント多くて。
 やっぱ、もっと長くて広くて、速いコースで、誰もが最後まで争いを繰り広げるレースのが、F1らしいんでないでしょか。
 もちろん、予選のラスト、ベッテルがトップに躍り出たあと、ニコのタイムを待つ瞬間とか、今年の予選の中では、ピカイチのどきどきでしたけどね。
 そしてもちろん、ラストの10ラップ弱の間? 今シーズン、これまたピカイチのどきはらレースではありましたが。
 でもね、なにか、見たいレースとは違うって気も、どこかで・・・。

 てなわけで、F1はサマーブレイクに入ります。
 次戦は8月24日のベルギー、スパ・フランコルシャン。でもって、そんつぎが、イタリア・モンツァ。
 ヨーロッパ・ラウンド・ラストの2戦は、熱き伝統のハイスピード・コースでございます。
 たっのしみぃ。
 そして、シンガポールからスズカへ、後半のフライアウェイに入るわけですが、そこだけで6戦もあるんかい。
 近ごろのF1シーズンって、ホント長いよね。
 と、本日はここまでです。
 蒼辰、サマータイム中で、今週も2、3回のupになるかもしれません。
 なので、明日または明後日のupです。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-07-28 18:51 | 読むラヂオ
<< 土用の丑の日なので、ウナギのハナシ。 パリのカフェでどんちゃん騒ぎ? >>