excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第三京浜とアクアラインからはじまるムダバナシ。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 え〜っと・・あのね、明日明後日、道路の開通記念日がつづくんですよ。
 明日18日が、1997年 平成9年に、東京湾アクアラインが開通したひでございます。
 でもって、明後日19日は、1964年 昭和39年に、第三京浜道路が開通した日なのでございます。
 33年の隔たりがあるんですね。その間に、ニホンの自動車保有台数と、首都圏を走り回るクルマの数が、飛躍的に増えたのでございます。
 だからなんだ、って言われると困るんですけどね。
 近いとこ、アクアラインから見てきましょうか。
 開通したころ、高かったですよね。なんか、5000円くらいしてたんでしょ。
 そのせいで、利用するクルマがほとんどなかった。ガッラガラで、だもんで、ムダな建設だったんじゃないかと、さんざ批判されたものでございます。
 その後、森田健作知事が公約を実現させて、ETCを利用すると、一気に800円にまで下がりました。
 これでやっと、交通量、増えてきたんだそうですね。
 今では、朝夕のラッシュ時とか、日曜日とか、両端ではそれなりに渋滞も起きてるようでございます。
 800円になったのは結構なコトなんですけど、これ、千葉県が補助金出してるんだそうですね。
 県のお金で、わしら800円で通行できるわけ。
 なので、どっちみちゃ、赤字の道路なのであります。
 そりゃ、ねえ、あんだけの海の底にトンネル掘ったんですから、建設費が天文学的数字なのは、誰が考えたってわかります。
 でもって、通行料でそれを償還しなくちゃいけないのに、ここ使うクルマ、800円で増えたといっても、まだまだ黒字にはほど遠いのだそうです。
 しかもさ、そのわりに、便利になったって実感、ないよねぇ。
 そりゃ、千葉のヒトは便利になったかもしんないし、木更津のアウトレットはお客が入ってるのかもしれないけど。
 そもそも、千葉のあそこらへんに用のある首都圏人が、どれだけいるんじゃい、ですよね。
 そいじゃ、首都圏の他の高速が空いてきたかってゆうと、それもイマイチなんだよね。
 いっぱいお金かけて、すんごい道路作ったわりには、なんかイマイチなのであります。
 さて、そんじゃ、33年前の、第三京浜のほうはどうだったのか。
 ここ、飛ばせる道路の最右翼ですよね。
 なんせ、片側三車線の自動車専用道路というのは、ニホンでも初めてだったんだそうですよ。
 蒼辰ですら子どもだった昔ですから、おぼろげなハナシではあるんですが、当時のオトナが、横浜まで15分で行けると、目を丸くしていたんだそうです。
 もっとも、今では、首都高があって、湾岸線があって、東名も利用できます。
 そのせいか、こちら、開業当時から渋滞知らずらしいですね。
 そういやそうだ。よっぽど事故とかない限り、ここが渋滞してるって、ほとんどありません。
 そういう意味では利便性の高い道路なのかもね。
 ケド、中途半端感は、なんかあるよね。
 今でこそ、横浜側では、横浜新道・首都高・横浜バイパスに連結してるけど、東京側は、相変わらず、環八までは下道で、入り口にたどりつかなくちゃいけません。
 だよねぇ。目黒通りとか、駒沢通り近辺のヒトには超便利だけど、それ以外からだと、わりと面倒。
 それだったら、手近なとこから首都高乗っちゃったほうがいいもんね。
 てなわけで、どうも全体計画の見えない道路ではあるのです。
 そんな第三京浜ですが、開通した日は、けっこうな騒ぎだったみたいね。
 もう、前日の夜から、一番乗り目指すクルマが行列作っちゃったりして。
 そういえば、昔は高速が開通するたんびに、そんな騒ぎがあったらしいですね。
 今は、高速開通っていっても、式典とかあるだけで、先を争うことはなくなりました。
 ケド、当時は違った。なんせ、第三京浜のばやい、ほとんど初の自動車専用道路です。楽しみにしているクルマ好きがけっこういたみたいですね。
 でもって、開通と同時に、ぶっ飛ばした。
 もんのすごい勢いでぶっ飛ばしたらしいです。
 中には、「開通の日は速度制限、ないんでしょ」なんて言うヒトもいたのだとか。
 まぁ、気持ちよかっただろうとは思いますケドね。
 片や、アクアラインのほうは、確かさ、記念に一回こっきりのマラソン大会があったんじゃなかったっけ。
 確かじゃありませんが、そんな記憶がございます。
 走りやがぶっ飛ばした第三京浜と、マラソン大会で人間が走ったアクアラインと。
 なんか、30年あまりの時の移ろいを感じてしまいます。
 ってゆうかさ、昔のほうが、刺激的なことが多かったような気がしてきた。
 なんで?
 モノゴトが、まだまだ未開発だったから。
 あ、そうか、つぎつぎ、新しいものがお目見えしてたわけね。
 高速道路も、新幹線も、ジェット旅客機も、すべて、初体験のヒトばっかだった。
 そら興奮するわな。
 ケド、今では、そういう意味で興奮するもの、あんましないよね。
 自動車だって、ふつうの人間にとって必要なスピードは、誰にでも簡単に手に入るし、新幹線だって、別に今さら珍しかないもんね。
 すべてが、必要な機能を手に入れちゃうと、刺激的な要素がなくなってくる。
 ま、当然っちゃ、当然だけどね。
 そうは言っても、今なら例えばスマホとか、IT関連とか、どんどこ新しくなってるじゃないか、というヒトもいるかとわ思います。
 けど、刺激的?
 第三京浜をぶっ飛ばすことに比べると、便利なモノではあっても、刺激的とはいえないかも。
 でもって、あとはゲームで刺激を得るのか。
 それも、なんかなぁ。
 まぁ、経済的な停滞ってことが背景にあるわけだけど、もいっこ、テクノロジーの発展も、ひととおり、手に入れちゃったから的なとこはあるよね。
 あとは、なに? ロボットとか?
 それも、目的が介護だったりすると、なんかね。そりゃ便利だけど、刺激的とはちゃうよな。
 と、こうして考えてみると、世の中を進歩させる動力って、快楽を追求するココロなのかもしれないね。
 もっと刺激を、もっとシゲキを。
 この気持ちがないと、世の中、前に進むチカラが弱くなるみたいな気がする。
 そうなんだよ。世の中ぜんたいが、なぁ〜んか草食化してるのかもね。
 来年あたり、ちょいとばかしシゲキテキに、肉食系でいこうzey。

 てなわけで、今日はほぼ無駄話で終わりました。
 明日は、まったく未定です。ひょっとすっと、upすらないんじゃないかって気もしてます。
 来週は、いちおー、今年を振り返る的なことやる予定になってます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2014-12-17 18:26 | 読むラヂオ
<< 今年を顧みる・その1は、でっか... 明日から羽子板市なので、そのハナシ。 >>