excitemusic

16年春リニューアルしました! 蒼辰が書くおハナシを随時アップしております。ちゃみのMCともども、読んでやって下さいまし。
by planetebleue
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


先ずは江戸時代のお正月のハナシから。

 まいどっ、ちゃみでっす。
 新年最初のupでございますですよ。
 なんのおハナシしましょうかね。
 やっぱ、あれだ、お正月のハナシ。それも、江戸のお正月なんてとこでいかがでしょう。
 それはそうと、お正月っていうと、新春とか、迎春とか、初春、なんてのが決まり文句でございますですね。
 けど、これ、ちゃみ的に、ずっと疑問だったんですよ。
 だって、春じゃないじゃん。これから寒さも厳しくなるころでございます。
 なのに、なんで、春?
 と思ったら、これ、簡単に疑問が解けました。
 旧暦なんですよね、江戸時代のお正月は。
 なので、おおよそ、1月中・下旬くらいから、2月中下旬くらいの間にやってくるのでございます。お正月が。
 今年のばやいでゆうと、1月の31日なんですね、旧正月。
 はは〜ん。そうすっと、かなり春っぽいですわな。
 なんせ、立春が、2月の3日でございますから。
 立春たって、暦の上でしょ。まぁ〜だ寒いじゃない、というアナタ。
 立春はね、春になることを指すんじゃございません。春の気配が立ってくる頃をゆうのであります。
 立春のころ、あたりをよっく見回してみましょう。ほら、春の気配が、あちこちに感じられますよ。
 小さな秋探すより、よっぽどうれしいと思うんですけどね。いかがなもんでしょ。
 ってゆうか、それだけ、昔のヒトにとっては、春が待ち遠しかったんでしょうね。
 なにしろ、電気も、ろくな暖房もない時代のが長かったんですから。ジンルイにとって。
 じっと縮こまってた冬がやがて終われば、両手を広げられる春でございます。
 どんなちっちゃな春の気配にも、季節がちゃんと移ろってゆく、その喜びを感じていたのではないでしょうか。
 それはそれとして、江戸のお正月、とっても静かでした。
 なんせ、お店とか、一切やってませんからね。
 あ、でも、これ、最近までそうか。コンビニが登場するまで、三が日はなにも買えない、というのが当たり前でしたものね。
 それが今では、元旦からデパートやってて、福袋の行列だもんね。
 どっちがいいか。ま、ヒトそれぞれでしょうケド。
 そんな中でも、物売りがやってくるのが、また江戸でございます。
 先ずは凧売り。
 凧揚げ、江戸時代から、男子のお正月遊びの定番だったそうですね。
 けど、なんでお正月限定なんですかね、凧揚げ。
 ほかの季節より風が安定して吹くのかな。
 確かに、春風や木枯らしじゃやりにくそうだし、真夏だと、見上げた途端に、アタマくらくらしそうではあります。
 アト、宝引きというものが辻つじに出たそうです。
 これ、売り手が、何十本モノ麻紐持ってるんですよ。で、銭払って、その一本を引くと、先に景品がついているというものなんだそうです。
 ん? 今どきの屋台にも、似たようなの出ますよね。
 アレの原型、江戸時代だったのか。
 ふぅ〜ん。
 そして、二日限定なのが、宝船売り。要するに、宝船の絵を売って歩くんですね。
 二日の夜、これを枕の下に置いておくと、縁起のいい夢が見られるのだとか。
 一富士二鷹三茄子でございますね。
 しっかし、なすの夢みて、縁起がいいというのが、どうもよく分からないことではございますが。
 賑やかなほうでゆうと、門付けの三河万歳なんぞがやってきます。
 これ、二人組で、一人がめでたい歌詞の歌をうたって、もひとりが、それをはやして、なんかおもろいこと言ったりやったりするんですよね。
 あと、獅子舞なんかも来たのかな。
 昭和30年代くらいまでは、三河万歳も獅子舞も、東京の住宅地にはやってきていた、と蒼辰が証言してます。
 いいですよね、そういうの。
 ま、それも、街が静かだから、あの賑やかさがはえるのかもしれませんけど。
 そんな静かな江戸のお正月でも、大きな神社は初詣のヒトで賑わい・・と思うでしょ。
 ありませんでした。
 江戸時代は、近くの氏神さまにお詣りしておしまいです。
 電車乗って、各地の有名神社に出かけるのって、ぬあんと、明治後半から大正にかけて、近郊に鉄道が延びてからおおハナシなのです。
 鉄道の会社が、お正月も利用客増やそうというので、キャンペーン張ったみたいですよ。
 京成なら成田山、京急なら川崎大師、ってな具合にね。
 あと、お年玉もありませんでした。
 いわゆる、コドモが親戚のヒトやらなにやらから、現金をもらうという形式が当たり前になったのは、かなりアト。
 確かな資料がないんですが、ひょっとすっと、戦後くらいまできちゃう、新しい習慣のようです。
 もひとつ。意外なことに、カルタ取りも、江戸時代、習慣としてはありませんでした。
 これまた、明治の後半のことらしいです。
 なんでも、その前に、盆踊りが、風紀を乱すという理由で禁止されちゃった。
 それで、男女が近しく集う手段として、お正月のカルタ取りが流行るようになったんですって。
 これ、意外。
 もちろん、カルタ取りったって、百人一首ですよ。
 いろはかるたや、ガンダムかるたではありません。
 ってゆうか、昔のお正月って、ヒトが集まる機会だったんですね。
 そして、オトナともなると、お年始の習慣が、盛んに行われておりました。

 てなわけで、本日はここまでです。
 明日は、そのお年始についてのおハナシでございます。
 ほいでわまたっ。
 ちゃみでしたっ!
[PR]
by planetebleue | 2015-01-06 15:24 | 読むラヂオ
<< お年始にこめた昔のヒトのココロ。 あけおめっ! >>